Keynoteを超えた? iPad用プレゼンアプリの新標準「ロイロノート」EdTechフロントランナー【LoiLo編】

LoiLoが開発・販売するiPad用プレゼンテーションアプリ「ロイロノート」。発売から1年足らずで幅広い教育機関の支持を集めた理由は何か。LoiLo取締役へのインタビューで明らかにする。

2014年03月24日 08時00分 公開
[野本竜哉]

 「iPadのプレゼンテーションアプリケーションの定番は?」という質問に対して、恐らく多くの人が米Appleの「Keynote」を挙げるだろう。だが学校などの教育分野では最近、違った答えが返ってくることが多いのをご存じだろうか。そのiPad用プレゼンアプリが、LoiLoが提供する「ロイロノート」だ。

 ロイロノートは既に、筆者が確認しているだけで国内20校以上の学校が導入し、活用している。しかも、利用している教育機関が幼稚園から大学までと非常に幅広い。同一製品でここまで幅広く支持されるプレゼンアプリは、非常に珍しいといえる。このロイロノートについて、開発元であるLoiLoの取締役、杉山 竜太郎氏に話を聞いた。

ロイロノートとは:「多機能なのにシンプル」を極めたプレゼンアプリ

 「簡単であり、シンプルである」。杉山氏は、ロイロノートの特徴をこのように説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。