2021年09月13日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「拡張VLAN」とは? なぜVLANを拡張するのかブロガーが語るネットワークの3つの問題【前編】

ネットワークエンジニアでブロガーのある人物は、ネットワークエンジニアは「拡張VLAN」について考えるべきだという。その根拠や拡張VLANの必要性を考える。

[Deanna Darah,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 本連載はネットワークエンジニアでありブロガーでもある3人の意見をまとめ、初級ネットワークエンジニアにも上級ネットワークエンジニアにも共通する下記の関心事を紹介する。

  • 仮想LAN(VLAN)の拡張
  • 「5G」(第5世代移動通信システム)とMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)
  • 初級ネットワークエンジニアと上級ネットワークエンジニアのスキル

 本稿はまず、論理的なLANであるVLANの拡張に関する意見を紹介する。

 ネットワークエンジニアのイワン・ペペルニャク氏は、「拡張VLAN」についての考察は「解決すべき問題を認識すること」から始まると指摘する。拡張VLANとは、物理的に異なるデータセンターにまたがるVLANを意味する。

「拡張VLAN」は何の役に立つのか

 ペペルニャク氏によると、ネットワークエンジニアが拡張VLANを必要とするのは次のような場合だ。

  • より多くの物理的なスペースが必要
  • 障害時のバックアップ拠点が必要
  • データ保護のために冗長化の構成が必要

 こうしたことを目的にしてネットワークエンジニアが2カ所目のビルを必要とするのであれば、拡張VLANは適しているという。拡張VLANは2つの拠点間を十分な帯域幅(回線容量)のあるネットワークでつなぎ、仮想的に1つのデータセンターとして機能させることができる。

 2カ所目のデータセンター設置を考えるのは、ほとんどの場合は回復力(レジリエンス)や冗長性が目的だとペペルニャク氏は説明する。データの保護手段として拡張VLANを検討する場合、ネットワークエンジニアは災害復旧(DR)計画についても同時に検討し、何を保護する必要があるのか具体的な問題を認識しなければならない。

 1拠点でVLANを構成するだけでは大規模な障害からデータを十分に保護することは難しい。「1つのエンドポイントで問題が生じると、VLAN全体がダウンする恐れがある」とペペルニャク氏は指摘する。とはいえ複数拠点にまたがる拡張VLANでも注意点はある。ネットワークのどこかで障害が発生すると、1拠点だけではなく全ての拠点がダウンする可能性がある問題だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。