2021年09月13日 05時00分 公開
特集/連載

難しくても「Rust」を学びたくなってしまう理由「Rust」のメリットとデメリット【後編】

クラウドネイティブなアプリケーション開発でプログラミング言語「Rust」を採用する開発者は、何をメリットと捉えているのか。デメリットと共に解説する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 プログラミング言語「Rust」は、特に高速な動作速度や高い安全性が求められるアプリケーションを開発する際にメリットが際立つ。その半面、開発者の学習曲線は険しいという見方がある。

 仕組みが大きく異なる他のプログラミング言語からRustに移行すると、開発者の生産性が悪くなる恐れもある。例えばプログラミング言語「Go」は、自動でメモリ領域を解放するメモリ管理技術「ガベージコレクション」を採用しているため、開発者はメモリ管理の負担を軽減できる。Rustの場合は開発者が意図的にメモリを操作しなければならない。これが原因で全体的な開発スピードが低下することもある。

 それでもさまざまな企業が、こうしたトレードオフを受け入れてRustを採用してきた。それはなぜか。Microsoftのシニアソフトウェアエンジニアであるテイラー・トーマス氏は、「Rustの自在性や安全性は、厳密なルールに従わなければならない不便さをしのぐ」と語る。

どんなに難しくても「Rust」を学びたくなる理由

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。