2021年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「ライブラリ」と「フレームワーク」の違いとは?ライブラリとフレームワークを使い分ける【前編】

ライブラリとフレームワークは、どちらもアプリケーション開発を支援するプログラミング部品だ。両者の違いとは何か。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

 新しいアプリケーションの開発に取り掛かる際は、特定機能を実現するプログラム部品として、どの「ライブラリ」や「フレームワーク」を使うのかを決める。そこで突き当たるのが、ライブラリとフレームワークはどう違うのかという疑問だ。

 ライブラリもフレームワークもアプリケーション開発を支援する。主な違いは、それぞれの権限が及ぶ範囲と、ソースコードを書く開発者の負担をどのような形で軽減するかにある。

 ライブラリは、特定の機能を実行するためのメソッド(データに対する操作)やクラス(データとメソッドの集合)といったコンポーネントを提供する。フレームワークは、普遍的な機能や特定用途向けの機能を実装するためのプログラム部品を提供する。両者の違いを詳しく見ていこう。

ライブラリとフレームワークの違い

 関連性のあるコンポーネントの組み合わせがライブラリだ。開発者はライブラリを利用することで、特定の機能を実現しやすくなる。一般的なライブラリが実現を支援する機能には、データ整形やネットワーク接続の確立などがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...