失敗を防ぎ最大限の成果を得るには
企業が「クラウド」導入に成功できない4つの理由
クラウドサービスを導入する際には、十分な体制を整えておくことが必要だ。企業が導入プロジェクトを遂行する上で見落としがちな4つの注意点を説明する。(2021/11/23)

「Java 17」注目機能5選【後編】
「Java 17」の「NullPointerException例外処理分析」に役立つ機能は?
「Java 17」で利用可能な機能の中には、アプリケーション開発を支援するさまざまな機能がある。例外処理、switch文、継承に関する機能を解説する。(2021/11/16)

「Java 17」注目機能5選【前編】
「Java 17」のうれしい機能「Recordクラス」「テキストブロック」は何が便利?
JavaのLTS(長期サポート版)「Java 17」には、どのような機能があるのか。注目すべき機能のうち「Recordクラス」「テキストブロック」を取り上げる。(2021/11/9)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度上半期)
「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由は? 「API」「SDK」「RPA」の違いは?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度上半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/10/31)

Javaが愛され続ける5つの理由【後編】
「Java」はなぜ、今も昔も開発者に愛されるのか
「Java」はさまざまなアプリケーション開発に活用できるプログラミング言語だ。Javaが開発者からの支持を得続けている理由を説明する。(2021/10/28)

Java用エコシステムを拡張
AtomicJar、Testcontainersで誰でも使える統合テスト環境を提供
Testcontainersの開発者によって創設されたAtomicJarは、Java用の統合テスト環境の構築を目指している。(2021/10/25)

Javaが愛され続ける5つの理由【前編】
「Java」を学びたくなるシンプルな理由
「Java」はモバイルアプリケーションからサーバサイドアプリケーションまで、さまざまな開発に利用できるプログラミング言語だ。開発者が支持する理由を解説する。(2021/10/21)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【後編】
macOSを“安全なOS”にする仕組み “安全神話”こそが最大の脅威?
“安全神話”もあった「macOS」は、どのような仕組みでセキュリティを確保しているのか。セキュリティのネックとは何か。3層で構成されるmacOSセキュリティの仕組みと、その弱点を考える。(2021/9/17)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第2回】
採用面接で「仮想化技術の経験」や「仮想化製品の知識」を問われたときの“最適解”とは
採用面接は仮想化エンジニアの求職者にとって、仮想化の全般的な知識と実力をアピールするチャンスだ。採用面接で頻出する初歩的な質問と、回答時のポイントを説明する。(2021/9/14)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【中編】
Windowsを危険なOSにしない仕組み 面倒な“あの作業”こそ最大の武器?
広く使われるOSだからこそ、Microsoftは「Windows」を安全なOSにすべく努力し、工夫してきた。Windowsにはセキュリティを支えるさまざまな仕組みがある。それを有効なものにするには、ユーザーの協力も欠かせない。(2021/9/10)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【前編】
「『Mac』は『Windows』より安全」説はこうして生まれた
「Windows」搭載PCよりも「Mac」の方が安全だという“Mac安全神話”は、なぜ生まれたのか。両者の歴史を振り返りながら、その誕生の背景を探る。(2021/9/3)

大規模プロジェクトでのコード品質を確保する
「Javaで脱COBOL」に挑む損保ジャパン 成功のために選んだ手段とは
損保ジャパンの基幹システム刷新は、複数ベンダーが携わる大規模な開発プロジェクトだ。開発者の技術レベルが異なり、プログラミング言語が「COBOL」から「Java」へと変わる中、ソースコードの品質をどうやって確保したのか。(2021/8/31)

データ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【後編】
無料で使える、「LAMP」「Jenkins」「WildFly」がすぐ使える仮想アプライアンス
Webアプリケーションの開発に役立つ仮想アプライアンスには、どのようなものがあるのか。「LAMP」「Jenkins」「WildFly」を利用可能な無料の仮想アプライアンスと、無料であることによる注意点を説明する。(2021/8/26)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【後編】
「ライブラリ」と「フレームワーク」を見分ける有力な方法
ライブラリとフレームワークは、アプリケーション開発における役割や設計思想が異なる。開発者の視点から、それらを見分ける方法を解説する。(2021/8/20)

Javaで従うべき命名規則【後編】
Javaで「ケバブケース」はなぜ駄目? 「参照型変数」「パッケージ」の命名規則
Javaで扱う参照型変数やパッケージの命名時に従う標準的な命名規則とは、どのようなものか。Javaでの命名規則に「ケバブケース」を使うべきではない理由と併せて解説する。(2021/8/14)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【前編】
いまさら聞けない「ライブラリ」と「フレームワーク」の違いとは?
ライブラリとフレームワークは、どちらもアプリケーション開発を支援するプログラミング部品だ。両者の違いとは何か。(2021/8/13)

Javaで従うべき命名規則【前編】
Javaの「変数」「メソッド」「定数」名の“ひんしゅくを買わない”付け方
「Java」のソースコードを書く上で、標準的な命名規則に従うことは重要だ。変数、メソッド、定数を定義する際に従うべき命名規則をまとめた。(2021/8/7)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

Googleに聞く「Professional Cloud Architect」に合格するこつ【中編】
Google資格が認定する「クラウドアーキテクト」は「エンジニア」と何が違うのか
Googleの認定資格「Professional Cloud Architect」が定義するクラウドアーキテクトとエンジニアの違いとは何か。クラウドアーキテクトに必要な心構えとは。同社の担当者に聞いた。(2021/7/2)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【後編】
“アラート疲れ”を解消する方法とは? ネットワーク運用のプロに聞く
企業は、さまざまなログの収集と分析に追われている。ログ収集・分析作業を効率化するヒントや注意すべき点とはどのようなものか。(2021/7/1)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
サーバ停止時の謝り方からJavaプロが「COBOL」を学ぶ訳まで 新規会員の注目は
「経営とIT」や「システム開発」「データ分析」などに関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【中編】
プログラミング言語「Go」は熱心な開発者ほど学習しにくい? その理由とは
エンジニアがプログラミング言語「Go」を学ぶ上での難しさとは何か。Goを用いたログ取得、分析の課題とは。専門家に聞いた。(2021/6/25)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【後編】
いまさら聞けない「インタープリタ言語」の基礎 コンパイル言語との違いは?
「インタープリタ言語」はどのようなプログラミング言語なのか。「コンパイル言語」と比較した場合の特徴は何か。そもそもプログラミング言語をこの2種類に分類することに意義はあるのか。(2021/6/10)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【前編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? 判明した問題は
「Python」ソースコードを実行可能ファイルに変換する開発ツール「PyInstaller」が、サイバー犯罪者のマルウェア開発を容易にする可能性があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。(2021/6/6)

幾つ使い分けられる?
その変数は「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」のどれなのか? 命名規則の違い
開発者は変数の基本的な命名規則を知っておく必要がある。主要な命名規則である「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」の違いを理解しよう。(2021/6/5)

「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【前編】
いまさら聞けない「コンパイル言語」の基礎 メリットとデメリットは?
プログラミング言語を「コンパイル言語」「インタープリタ言語」に分けて整理することがある。両者は何が違うのか。まずはコンパイル言語の特徴やメリット、デメリットを説明する。(2021/6/3)

「Visual Studio Marketplace」があるのに「Open VSX Registry」が必要な訳
無料の人気エディタ「Visual Studio Code」の拡張機能が抱える“厄介な問題”
「Visual Studio Code」用拡張機能を提供するマーケットプレース「Visual Studio Marketplace」。オープンソースの「Open VSX Registry」はその代替を目指すという。Visual Studio Marketplaceだけでは駄目なのか。(2021/5/31)

「Pepper」だった可能性も
「Java」は昔、「Oak」だった――改名の理由と“幻の改名候補”
「Java」は登場当初から「Java」だったわけではない。元の名前は別であり、ある理由で改名を余儀なくされた。なぜ改名が必要だったのか。Java以外にはどのような候補があったのか。(2021/5/30)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年5月)
GPUとCPUの違いから「SSD」の間違った使い方まで 新規会員が気になった話題は
さまざまな話題を紹介するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年5月に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/5/29)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

製品や技術を世に広める
“陽キャ”なプロ開発者「デベロッパーアドボケート」とは? 転身できる4条件
コーディングが好きで、ITに関する知識を誰かに伝えたいと思っている人は「デベロッパーアドボケート」の適正がある。どのような役割を持ち、どのような人が向いているのか。(2021/5/22)

「API」に著作権はあるのか【中編】
「API流用」は全て合法なのか? Google対OracleのJava訴訟判決で残る謎
Googleによる「Java」のAPIソースコード引用について、米最高裁は判決で合法との判断を示した。開発者にとっては朗報との見方がある一方、「判決には疑問の余地がある」と考える専門家がいる。どういうことなのか。(2021/5/17)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【後編】
COBOLも使える無料エディタ「Visual Studio Code」 M1搭載Macでも利用可能に
Microsoftが無償提供するオープンソースのソースコードエディタ「Visual Studio Code」は、利用可能なプログラミング言語や動作可能なデバイスを拡充させている。現状を整理しよう。(2021/5/16)

「Power Fx」についてMicrosoftに聞く【後編】
「ノーコード/ローコード開発」がプログラミングの民主化を実現する?
「ノーコード/ローコード開発」は、プログラミングをより身近な存在にすることができるのか。Microsoftのノーコード/ローコード開発用プログラミング言語「Microsoft Power Fx」の担当者に聞いた。(2021/5/13)

「API」に著作権はあるのか【前編】
JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?
「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。(2021/5/11)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【中編】
無料エディタ「Visual Studio Code」がMicrosoftファンを増やす“納得の理由”
ソースコードエディタ「Visual Studio Code」が開発者に好まれる理由はさまざまだ。機能面の理由だけではなく、MicrosoftがVisual Studio Codeの開発で示した姿勢も重要な理由になっているとみられる。それは何か。(2021/5/9)

具体例を交えて紹介
プログラミング初心者が迷う「パスカルケース」「キャメルケース」の違いとは?
プログラミングの学習を始めたばかりの人にとって、重要かつ難解なのが変数の命名規則だ。混同しがちな2つの命名規則「パスカルケース」「キャメルケース」の違いを、具体例を交えながら分かりやすく説明する。(2021/5/8)

「Power Fx」についてMicrosoftに聞く【中編】
Power Fxは「Excel」と何が違うのか? Microsoftのノーコード/ローコード言語
「Microsoft Power Fx」はMicrosoftが新しく開発したノーコード/ローコード開発用のプログラミング言語だ。その機能と仕組みには「Microsoft Excel」との共通点があるという。何が同じで、何が違うのか。(2021/5/6)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【前編】
無料エディタ「Visual Studio Code」大人気の理由 “新世代のEmacs”か
月間1400万ユーザーを誇るソースコードエディタ「Visual Studio Code」。なぜ人気なのか。ユーザーの声を基に、その理由を探る。(2021/5/2)

「Power Fx」についてMicrosoftに聞く【前編】
「ノーコード/ローコード開発が主流になる」は本当か? Power Fx担当者に聞く
Microsoftが開発したノーコード/ローコード開発用プログラミング言語「Microsoft Power Fx」とはどのようなものか。ノーコード/ローコード開発を取り巻く環境と併せて同社の担当者が解説する。(2021/4/30)

「データサイエンス向き」の根拠は
Java使いでも「R」「Python」を学びたくなる“納得の理由”
Javaエンジニアがデータサイエンスに取り組むなら、別のプログラミング言語を検討することも視野に入る。有力な候補となるのが「R」「Python」だ。それはなぜなのか。R、Pythonそれぞれの基本的な特徴を見ていこう。(2021/4/24)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

クラウドが変える学位と資格の評価【第5回】
クラウドエンジニアが「コンピュータサイエンス学位」にこだわらない納得の理由
クラウドサービス関連の業務に携わるエンジニアが大学でコンピュータサイエンスの学位の取得を目指しても、自身に必要なスキルを得られない恐れがある。その理由とは。(2021/3/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由
「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。(2021/3/25)

幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載
JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能
「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。(2021/3/9)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【前編】
「Java」はなぜ人気言語になったのか? 成功の歴史を振り返る
新しいプログラミング言語が生まれ続ける中、いまだに広く使われているのが「Java」だ。Javaはどのようにして人気を集めるようになったのか。登場から現在までの変化を整理する。(2021/3/7)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【後編】
「シェルスクリプト」「SQL」をセキュリティ担当者が学ぶ意味と学習方法
セキュリティ担当者がコーディングを学ぶことは業務にさまざまなメリットをもたらす。本稿は「シェルスクリプト」「SQL」を学ぶ利点と学習方法を説明する。(2021/3/6)