2020年11月12日 05時00分 公開
特集/連載

「UC認定」「Microsoft認定」の違いとは? UCデバイスの2大認定制度コミュニケーション用デバイスの選定基準

ヘッドセットなどのUC用デバイスを選ぶときに、「UC認定」や「Microsoft認定」といった表記があるかどうかが選択基準の一つとなる。この2種類の認定は、それぞれ何を意味し、どう違うのか。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 ヘッドセットや電話機など、ユニファイドコミュニケーション(UC)システムの周辺機器を探しているIT担当者は、候補となるデバイスの紹介資料に「UC認定」や「Microsoft認定」といった表記を見掛けることがある。

 こうしたデバイスの認定制度は何を意味するのか。認定によって、ベンダーはユーザー企業に何を伝えようとしているのか。本稿は、UC認定とMicrosoft認定の2つの認定制度を解説する。

UC認定とは

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...