2021年04月11日 10時30分 公開
特集/連載

「Teams」を“使えない”と嘆く前に確認したい4つのポイント無料で使えるテストツールも紹介

Web会議やビジネスチャットなど幅広い機能を持つ「Microsoft Teams」。その快適な利用を実現するためには何をすればよいのか。UX向上に不可欠な、主要な4つのポイントを紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftのユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」のユーザー企業は、従業員にTeamsを使ってもらうだけでは成功を収めたとは言えない。今後何カ月もテレワークが続くことを想定すると、企業はTeamsがもたらすユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を最大限に高める必要がある。TeamsのUXを向上させるために、IT部門が確認すべき主なポイントを紹介する。

 IT部門は以下の各ポイントを監視して調整すれば、音声や映像の乱れといったTeamsの問題を解消する役に立つ。従業員がTeamsにアクセスする手段が、PCにインストールするクライアントアプリケーションでも、Webブラウザで利用するWebアプリケーションでも、モバイルデバイスにインストールするモバイルアプリケーションでも同様だ。

ポイント1.無料のテストツールを利用する

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...