建築資材メーカーはコロナ禍で加速した「Eコマース」にどう救われたのかB2BにおけるEコマースの革新【前編】

新型コロナウイルス感染症によって、B2B企業は新たな販路を開拓せざるを得ない状況に追い込まれた。今、事業継続への鍵になるのが「Eコマース」への移行だ。市場動向と建築資材メーカーの取り組みを紹介する。

2021年04月09日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

B2B | データ分析 | Webサイト


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)が引き起こしたロックダウン(都市封鎖)と小売店舗の閉鎖によって対面での接触が断絶された。その結果、企業・一般消費者間取引(B2C)のEコマースは新たな高みを目指すことになった。だが企業間取引(B2B)のEコマースでは状況が少し異なる。

B2BであれB2Cであれ起きていることは同じ

 調査会社IDCでアナリストを務めるジョーダン・ジュエル氏によると、B2BはB2Cと比べてEコマースへの移行が遅れており、緊急性も若干低い。ただしB2Bの世界で起こっている現象はB2Cと大きく変わらない。B2B企業も売り上げの減少や物理販売チャネルの閉鎖に直面し、B2C企業と同様の痛手を負っている。「異なるのは、B2CほどEコマースが救世主と見なされないことだろう」(ジュエル氏)

 B2BのEコマースも成長している。IDCが予測する2024年までの成長率で言えば、B2BのEコマースはB2Cのそれを上回るほどだ。実際、B2CのEコマース企業の大成功にあやかろうとEコマース関連技術に対して大きな投資をしているB2B企業も存在する。

 中にはパンデミック発生以前に業務のデジタル面を見直し、収益源の副プロジェクトではなく、業務の主要部分に位置付けたB2B企業もある。こうした企業は、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に関する規則が設けられた際に、その見直しの恩恵を受けた。

「Eコマース」で危機を商機に変えた建築資材メーカー

 パンデミックの兆しが見え始めたばかりのころ、マイホーム所有者が旅行などのレジャーに使えなくなったお金を住環境に回したことによって、リフォームの市場が大きく拡大した。建築資材メーカーのFormicaも恩恵を受けた一社だ。同社の積層プラスチックは調理台に使われる資材として有名で、家庭用のイスやテーブルなど、さまざまな家具の表面素材としても使われている。同社は純然たるB2B企業であり、製品を一般消費者に直接販売していない。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...