2021年01月26日 05時00分 公開
特集/連載

ITリーダーは「コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ」にどう応えればよいのか?ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【前編】

新型コロナウイルス感染症の問題が続く中で、顧客ニーズが大きく変化している。こうした中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のITリーダーが直面する課題とその解決策は。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 デジタル時代に適応するためにビジネスや企業風土を変革する「DX」(デジタルトランスフォーメーション)は、企業のCIO(最高情報責任者)をはじめとするITリーダーにとって引き続き最優先事項だ。ITリーダーは、経営幹部と協力しながらさまざまなDXの取り組みを進めている。DXの取り組みは

  • デジタル技術を活用した新製品の開発
  • 従業員エクスペリエンスの改善
  • ワークフローの自動化
  • データドリブンな習慣の導入
  • AI(人工知能)エンジンやIoT(モノのインターネット)デバイス、ブロックチェーンの試験運用

など多岐にわたる。

 DXの道のりは長い。ITリーダーはその年々の計画と実施に関するさまざまな課題に直面する。DXに取り組み始めたばかりのITリーダーにとっては、IT戦略や優先事項、資金について経営幹部と意思決定者の賛同を得ることが最大課題になりやすい。新しい技術の開発と導入を成し遂げたITリーダーにとっては、新しいシステムの機能を全社に浸透させてレガシーな業務プロセスを廃止する、変革のプロセスをどう進めるかが課題となるだろう。

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、テレワークや安全衛生管理を優先させる必要が生じ、企業のリーダーはDX戦略の急激な転換を迫られた。2021年もCOVID-19が拡大する中、働き方の変化に引き続き適応していかなければならない。ただしワクチンの接種が広まれば、別の新しい日常を手に入れられる可能性もある。

 ITリーダーの課題は「変わり続ける社会環境で、どの取り組みを優先し、どの技術を選び、どのように従業員を関与させるべきか」だ。2021年に企業が直面するであろうDXの課題と、それぞれの解決策を探る。

課題1.パンデミックが生み出した新たなニーズにどう応えるか

 B2B(法人向け取引)企業もB2C(コンシューマー向け取引)企業もCOVID-19の影響を受けており、それによってさまざまな新しいニーズとビジネスの機会が生まれている。この変化は小売業で特に顕著だ。米国国勢調査局が定期的に発表しているデータでは小売業の総売上高のうちオンライン売上高が占める割合は2020年第2四半期に16.1%に達し、同年第1四半期の11.8%より4.3ポイント増加。2019年第2四半期の10.8%と比較しても大きく伸びた。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。