新型コロナで「RPA」導入が加速する理由 逆境の旅行業界の“救世主”にAIとRPAの今後【前編】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、企業は従業員の解雇やオフィスの一時閉鎖を余儀なくされている。一方で存在感を高めているのが「RPA」をはじめとする業務自動化技術だ。それはなぜか。

2020年05月28日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

機械学習


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、かなりの数の従業員が解雇または自宅待機となっている。いまだに事業を続けている企業は無数の在宅勤務従業員を抱えている。こうした現実がある中で、企業にとってAI(人工知能)技術とRPA(ロボティックプロセスオートメーション)は、急速に不可欠なものになっている。

業務自動化が旅行業界を救う

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...