「R」だけじゃない、使えるオープンソースのデータ可視化ツールデータサイエンティストが太鼓判

オープンソースのデータ可視化技術が成熟化し、ユーザーは、「現在入手可能なツールは多様な可視化ワークロードに対応できる」と歓迎している。

2015年10月05日 15時00分 公開
[Ed BurnsITmedia]
代表的なオープンソース分析ツール「R」を提供するRプロジェクトのWebサイト(出典:The R Foundation)《クリックで拡大》

 データ可視化ソフトウェア市場では現在、商用製品が主流だが、データ管理およびアナリティクスにおける他分野と同様に、オープンソースのツールが支持され始めている。こうしたツールには、可視化ライブラリ「D3.js」やマッピングライブラリ「Leaflet」に加え、インタラクティブ可視化機能で強化されており、広く使われている統計分析用プログラミング言語「R」などがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。