2015年10月05日 15時00分 公開
特集/連載

「R」だけじゃない、使えるオープンソースのデータ可視化ツールデータサイエンティストが太鼓判

オープンソースのデータ可視化技術が成熟化し、ユーザーは、「現在入手可能なツールは多様な可視化ワークロードに対応できる」と歓迎している。

[Ed Burns,ITmedia]
代表的なオープンソース分析ツール「R」を提供するRプロジェクトのWebサイト(出典:The R Foundation)《クリックで拡大》

 データ可視化ソフトウェア市場では現在、商用製品が主流だが、データ管理およびアナリティクスにおける他分野と同様に、オープンソースのツールが支持され始めている。こうしたツールには、可視化ライブラリ「D3.js」やマッピングライブラリ「Leaflet」に加え、インタラクティブ可視化機能で強化されており、広く使われている統計分析用プログラミング言語「R」などがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...