過去記事一覧 (2020 年)

12 月

/tt/news/2012/01/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

AIによるセキュリティの自動化がもたらす次の課題

ITセキュリティとハッカー界との戦いは、常にいたちごっこの状況だった。だがその戦いの自動化が進展している。

/tt/news/2012/01/news12.jpg
「汎用人工知能」(AGI)への道【前編】

正真正銘のAI「汎用人工知能」(AGI)とは何なのか

現在「AI」と呼ばれている技術は、概して特定の限られた用途に使われている。これらのAI技術が進化を続ければ、人の知能を再現した真のAI、「汎用人工知能」(AGI)が登場する可能性がある。

11 月

/tt/news/2011/30/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

AIを生かしたインテリジェントなセキュリティ対策

セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。

/tt/news/2011/30/news10.jpg
「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】

「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?

世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。

/tt/news/2011/27/news01.jpg
「League of Legends」を支えるデータマネジメント【後編】

Riot Gamesは「データスチュワードシップ」への社内の抵抗をどう抑えたのか

データの適切な定義や利用を推進する「データスチュワードシップ」に取り組もうとしていたRiot Gamesは、業務増加を懸念する社内からの抵抗に直面した。どう対処したのか。同社データマネジメント責任者が明かす。

/tt/news/2011/26/news02.jpg
ストレージ分析【後編】

ストレージのAIOpsを実現するツール

ストレージの自動管理が現実的になってきた。現時点で入手・利用可能なツールを幾つか紹介する。

/tt/news/2011/24/news08.jpg
「セルフサービス分析」市場は今【後編】

Power BI、Tableau、Qlik、Spotfire以外の“使える”セルフサービス分析ツールは?

「セルフサービス分析」市場の成長とツールの進化をけん引するのは、Microsoft、Tableau、Qlik、TIBCOだけではない。その他の主要ベンダーと、各社の取り組みを紹介する。

/tt/news/2011/19/news02.jpg
「自然な文章」の真実

用途を広げる自然言語処理AI「GPT-3」の、既に見えた限界と課題

人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。

/tt/news/2011/18/news02.jpg
今作っているのは冷凍庫

IBMが百万超の量子ビットプロセッサ実現のロードマップを公開

現在の量子コンピュータは64量子ビットにすぎない。IBMはこれを百万超の量子ビットにスケールアップする計画だ。そのためにIBMは現在どのような取り組みをしているのだろうか。

/tt/news/2011/18/news07.jpg
「セルフサービス分析」市場は今【中編】

「セルフサービス分析」ツールは機能で選ぶと失敗する?

「セルフサービス分析」ツールを選定する際に「機能だけで選ぶと失敗する」という専門家の声がある。どういうことなのか。何を基準に選べばよいのか。

/tt/news/2011/18/news01.jpg
コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【後編】

学校間の「データマネジメント」「データ分析」のレベルがコロナ禍で拡大?

オンライン教育の普及は、教育機関の間で「データマネジメント」や「データ分析」に関する取り組みの差を拡大させている。教育機関が直面する課題と、取り組むべき対策とは。

/tt/news/2011/17/news01.jpg
臨床医療の意思決定支援とAI技術【後編】

コロナ禍で分かった、臨床で「AI」が役立つ用途、役に立たない用途

臨床時の意思決定支援にAI技術を活用する動きは、コロナ禍で急速に広がったわけではない。ただし幾つかの取り組みは進み、臨床医療にAI技術を使う可能性と難しさが少しずつ浮き彫りになってきた。

/tt/news/2011/16/news01.jpg
AIによるソフトウェア開発【後編】

AIによるプログラミングの限界と想定される危険性

GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。

/tt/news/2011/13/news01.jpg
英国と欧州にとっての大惨事?

NVIDIAによるArm買収は業界およびNVIDIAにとって吉か凶か

NVIDIAがArmを買収するというニュースはさまざまな臆測を呼んでいる。この買収は業界にとってプラスとなるのか。NVIDIAにどのようなメリットがあるのか。アナリストの見解はかなり否定的だ。

/tt/news/2011/10/news05.jpg
「セルフサービス分析」市場は今【前編】

「拡張分析」とは? セルフサービス分析を変える新たな技術

全社的なデータ分析の浸透に重要な役割を果たす「セルフサービス分析」は、着実に進化している。最近の注目技術である「拡張分析」は、セルフサービス分析にどのような影響をもたらすのか。専門家に聞いた。

/tt/news/2011/06/news12.jpg
「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【後編】

放送局は「人格を備えたチャットbot」の倫理問題をどう解消したのか

人格を加えたチャットbotには倫理的な問題があるとの声がある。一方で先行事例の中には、少しずつ成功事例も現れ始めた。スポーツ専門チャンネル「Sky Sports」の事例を紹介しよう。

/tt/news/2011/05/news11.jpg
マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【後編】

“マック離れ”防止で売上アップ マクドナルドが生かす分析手段とは?

McDonald'sは消費者のニーズや行動を理解するために、さまざまな分析手段を使用する。何を利用しているのか。

/tt/news/2011/04/news05.jpg
臨床医療の意思決定支援とAI技術【前編】

病院がコロナ禍の「AI」活用を数百万ドルの診療報酬につなげられた理由

臨床医療におけるAI技術の利用にはさまざまな困難が伴う。ニューヨークプレスビテリアン病院は、まず定量的な効果を図りやすくリスクの少ない用途を模索したという。どのような取り組みを進めたのか。

/tt/news/2011/02/news27.jpg
「League of Legends」を支えるデータマネジメント【前編】

「リーグ・オブ・レジェンド」のデータはどのように管理されているのか?

「League of Legends」で知られるRiot Gamesは、同社が提供するゲームの多様化に伴い、データの所有者や目的が不明瞭になる課題を抱えていた。どのように解決したのか。同社のデータマネジメント責任者に聞いた。

10 月

/tt/news/2010/31/news02.jpg
「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【前編】

“不気味の谷”よりも深刻な「人格を備えたチャットbot」が引き起こす問題

チャットbotに人格を加えると“不気味の谷”現象を引き起こすだけではなく、倫理上の疑問が持ち上がる恐れもある。こうした障害を避けながら、チャットbotの魅力を高めるためにはどうすれがよいのだろうか。

/tt/news/2010/30/news15.jpg
技術は差別を助長するか【後編】

「マスター」「スレーブ」は“死語”に 技術による偏見への向き合い方

顔認識技術を使った既存システムは、特定の人種や性別を差別的に扱う傾向があることが明らかになった。技術による差別と向き合う中で、大手ベンダーの中には一部の技術や用語の利用を避ける動きがある。

/tt/news/2010/28/news08.jpg
コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【前編】

オンライン教育が生む「データ」は学校をどう助け、どう苦しめるのか

新型コロナウイルス感染症の影響で、教育機関はオンライン教育を強いられることになり、データを扱う機会が広がった。これは教育機関にメリットと課題の双方をもたらすと専門家は指摘する。どういうことなのか。

/tt/news/2010/27/news13.jpg
コロナ禍での業務効率化にも貢献

運輸会社が次世代RPA「IPA」で業務自動化 通関担当が20人から3人以下へ

「RPA」にAI技術を組み合わせた「IPA」により、運輸会社のPolaris Transportation Groupは従業員の作業負荷を軽減し、従業員をドキュメント処理からカスタマーサービスにシフトさせている。同社の取り組みを追う。

/tt/news/2010/26/news03.jpg
AIによるソフトウェア開発【前編】

GPT-3の登場で見えてきた「AIによるコード生成」の可能性

OpenAIの「GPT-3」は自然言語処理分野に大きな驚きをもたらした。GPT-3が持つ文章生成能力は、プログラムのコーディングにも応用できるのではないか。そう考えた人々による取り組みも始まっている。

/tt/news/2010/23/news10.jpg
マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【前編】

マクドナルドに「GCPでスマホアプリ開発」を促した“マスマーケの限界”

McDonald'sは「Google Cloud Platform」(GCP)を利用して開発したスマートフォンアプリケーションをマーケティングに生かしている。マスマーケティング以外の手段を模索する背景には何があるのか。

/tt/news/2010/23/news08.jpg
技術は差別を助長するか【前編】

「顔認識技術」が人種差別を助長しかねない深刻な理由

人類に分け隔てなくメリットをもたらすはずの技術が、人種差別を助長する可能性がある。顔認識技術といった人物認識技術に、特定の人種を差別的に扱う傾向があることが明らかになってきたのだ。何が起きているのか。

/tt/news/2010/22/news02.jpg
医療機関はデータ品質を高められるのか【後編】

医療機関が「データ品質」問題を放置してはいけない深刻な理由

医療機関にとってデータ品質の問題は、患者の生命に関わる問題に発展するリスクがある。医療業界に特有の課題について、データ分析の専門家は何を問題視しているのか。

/tt/news/2010/19/news05.jpg
パンデミックで大打撃の小売業者をAIが救う

コロナ不況から「AI」で脱却するには? AT&TやeBayの事例に学ぶ

新型コロナウイルス感染症拡大で経済的影響を受けた小売業者を、AI技術とアナリティクス技術はどのように支援したのか。「Ai4 2020」における専門家のパネルディスカッションを紹介する。

/tt/news/2010/16/news07.jpg
管理プロセスを容易に

「税務×AI」の可能性 煩わしい納税作業がなくなる?

納税者と徴税人は税金の支払いと徴収プロセスをより簡単にしたいと考えている。データ量が多く複雑な徴税プロセスの効率化は、AI技術の格好の用途だ。AI技術は税務をどう変えるのか。

/tt/news/2010/14/news01.jpg
インテリジェントなセキュリティ対策【後編】

セキュリティ対策にAIを生かす効果的な利用法

AIは万能ではない。弱点もあるし、全てのケースに適用できるわけでもない。だがAIの限界と適正を理解して用いればセキュリティの強化に役立てることができる。

/tt/news/2010/14/news07.jpg
医療機関はデータ品質を高められるのか【前編】

医療機関を困らせる「データ品質の低下」はこうして起こる

医療現場において、データの品質は患者の生命に関わる要素だ。だがデータ品質維持に課題を抱える医療機関は少なくない。背景には何があるのか。

/tt/news/2010/13/news04.jpg
RDBMSの運用を容易にするクラウドデータベース

AWSのRDBMSサービス「Amazon RDS」「Aurora Serverless」の基本的な違い

「Amazon RDS」と「Amazon Aurora Serverless」は、どちらもAWSが提供するRDBMSサービスだ。両サービスの機能と制約を整理した上で、自社に適したサービスを選ぶための判断基準を説明する。

/tt/news/2010/12/news02.jpg
充実した開発者サポートが魅力

AWSが提供する量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」

やや旧聞になるが、AWSの量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」を紹介する。さまざまな量子コンピュータへのアクセスや支援ツールに注目だ。

/tt/news/2010/08/news01.jpg
医療におけるAutoMLの可能性【後編】

医療機関がAutoMLツール「DataRobot」に感じた魅力と不満とは?

米国の医療機関Symphony Care Networkは、AutoML(自動機械学習)ツール「DataRobot」をさまざまな用途に生かしている。DataRobotの何が魅力であり、何が課題なのか。

/tt/news/2010/05/news04.jpg
Neo4jの導入事例

「グラフデータベース」を新型コロナの接触追跡に活用 医療機関が挑戦

複数のデータの関連性を示すグラフ構造を持つ「グラフデータベース」は、新型コロナウイルス感染症の研究に役立つ可能性がある。ドイツの医療機関における事例を紹介する。

/tt/news/2010/02/news07.jpg
コンテンツ制作におけるAI活用【後編】

AmazonやFacebookなどに学ぶ「売れないコンテンツ」を生まないAI活用法

コンテンツ制作にAI(人工知能)がもたらす効果は幅広い。音声コンテンツの制作や多言語翻訳まで、AI技術の用途と効果をまとめた。

/tt/news/2010/01/news09.jpg
事例で学ぶデータ活用成功の鍵【後編】

急成長のエネルギー企業が「データ品質」を何よりも重視する納得の理由

質の高いデータ分析は、どうすれば実現できるのか。そのために重要なことは「データ品質」の維持だと、データ分析を成長に生かすエネルギー企業のEmber Resourcesは指摘する。それはどういうことなのか。

9 月

/tt/news/2009/30/news01.jpg
インテリジェントなセキュリティ対策【前編】

SIEMの活用にはAIOpsが必要な理由

セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。

/tt/news/2009/29/news03.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【後編】

Tableauが“世の不条理”を映し出す――非営利団体がデータ視覚化で得た効果

産科瘻孔の問題を減らすことを目的とする非営利団体Operation Fistulaは、さまざまなデータを「Tableau」で視覚化し、プロジェクトで活用している。同団体がデータの視覚化を活用して成し遂げたこととは。

/tt/news/2009/25/news03.jpg
クラウドデータベースの選び方【第4回】

レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法

オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。

/tt/news/2009/24/news08.jpg
コンテンツ制作におけるAI活用【前編】

“AI記者”を実現する「NLG」(自然言語生成)の実力とは?

AI(人工知能)技術を利用してテキストコンテンツ制作を支援する「NLG」(自然言語生成)。その効果とは、どのようなものなのか。

/tt/news/2009/23/news02.jpg
「AIOps」とは何か【第4回】

「MLOps」ツールの機能とは? 使える機械学習モデルを生み出す

「AIOps」に似た言葉として「MLOps」がある。機械学習モデルの開発における課題を解消することがその目的だ。MLOpsツールが持つ役割を紹介する。

/tt/news/2009/18/news02.jpg
クラウドデータベースの選び方【第3回】

オンプレミスDBMSをやめて「クラウドデータベース」に移るべき企業の特徴

データベース管理システムの機能をクラウドサービスとして利用できる「クラウドデータベース」への移行が適している企業は、どのような企業なのか。その条件を説明する。

/tt/news/2009/17/news02.jpg
プロビジョニングや運用はもう要らない

データベース絡みの悩みから解放するDBaaS(DataBase as a Service)

IT技術者はデータベースに関連する多くの要素に悩まされてきた。これらはDBaaSによって解決するという。DBaaSは本当に有用なのだろうか。

/tt/news/2009/17/news08.jpg
医療におけるAutoMLの可能性【前編】

“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで

「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。

/tt/news/2009/16/news08.jpg
データが支える映画製作の意思決定【後編】

「アナリティクス」が変えた映画ビジネス 見えた成果と“根深い問題”

アナリティクスが映画にもたらした果実とは何か。そして映画製作のあらゆる工程の意思決定にデータを活用する上で、どのような問題があるのか。

/tt/news/2009/16/news04.jpg
「AIOps」とは何か【第3回】

「MLOps」とは? 機械学習モデル開発にDevOpsを生かす

DevOpsの考え方を取り入れた機械学習モデルの開発手法が「MLOps」だ。従来の開発手法と何が違うのか。機械学習の要件を踏まえて登場したMLOpsの基礎を解説する。

/tt/news/2009/15/news06.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【中編】

医療問題に取り組む非営利団体は「データウェアハウス」(DWH)をどう選んだのか

世界各国で産科瘻孔の問題に取り組むOperation Fistulaは、データ分析の要としてデータウェアハウスの「Exasol」を重視している。同団体がExasolを採用したいきさつとは。

/tt/news/2009/15/news04.jpg
事例で学ぶデータ活用成功の鍵【前編】

「コロナ禍でもやることは同じ」と言い切るエネルギー企業のデータ活用術

データマネジメントやデータ分析を長年続けているエネルギー企業のEmber Resourcesは、新型コロナウイルス感染症流行下においても、特別なことをせずにビジネスを維持できているという。その裏側とは。

/tt/news/2009/11/news02.jpg
今すぐ始めるべし

AI型サイバー攻撃に対抗する方法

AIを使ったサイバー攻撃は主流ではないが、いずれ犯罪者が活用するようになることは明白だ。こうした攻撃に対抗する方法とは何か。今すぐ始められることは何か。

/tt/news/2009/11/news08.jpg
クラウドデータベースの選び方【第2回】

「クラウドデータベース」選びで見落としてはいけない5大ポイント

クラウドベンダーはさまざまな種類の「クラウドデータベース」を提供している。自社にあったクラウドデータベースを選定するには、どのような基準で評価すればよいのか。

/tt/news/2009/09/news01.jpg
AIが自動診断とアドバイス、視覚化を提供

Apache Cassandraの運用負荷を低減するAIOpsサービス登場

「DataStax Vector」は、OSSのデータベース「Apache Cassandra」の運用をサポートするAIOpsサービスだ。このサービスによって何が実現するのか。

/tt/news/2009/09/news06.jpg
「AIOps」とは何か【第2回】

「AIOps」ツールを使ってみたくなる5つの用途

AI技術を運用管理に使用する「AIOps」ツールは、システム運用のさまざまな業務に活用することが可能だ。どのような使い方ができるのか。主要な用途を紹介する。

/tt/news/2009/08/news08.jpg
「DWH」を賢く選ぶ【後編】

「DWH」選びに失敗しないための14大チェックリスト

自社のデータに適した「DWH」(データウェアハウス)を選択するのは大変な作業だ。選択に当たって考慮すべき重要な評価ポイントを紹介する。

/tt/news/2009/07/news02.jpg
オンライン教育をより良くするデータ分析【後編】

学校は新型コロナ終息後の教育に「データ分析」をどう生かすべきか?

教育機関は、新型コロナウイルス感染症の脅威が過去のものになったときに備えて、データ分析をどのように進めるべきなのか。データ分析を実践する教育機関の取り組みから探る。

/tt/news/2009/04/news03.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【前編】

お産時の損傷「産科瘻孔」をデータ分析で防ぐ 非営利団体が選んだ製品は

非営利団体Operation Fistulaは、世界各国の特定地域で生じている産科瘻孔の問題に終止符を打つための取り組みで、データ分析を積極的に活用している。同団体の活動内容と、データ分析の要となっているツールとは。

/tt/news/2009/02/news09.jpg
調査で判明

コロナ禍で「アナリティクス」はどのように使われているのか

新型コロナウイルス感染症の拡大前と比較して、企業の「アナリティクス」への依存性が高くなっていることが、BIベンダーSisenseの調査で明らかになった。アナリティクスはどのような企業に、どう使われているのか。

/tt/news/2009/02/news08.jpg
主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】

AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する

「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。

/tt/news/2009/01/news07.jpg
クラウドデータベースの選び方【第1回】

「クラウドデータベース」が売れる理由 DBMS市場の7割超えへ

大手クラウドベンダーはさまざまな「クラウドデータベース」を提供するようになった。Gartnerの調査結果を基に、クラウドデータベース市場が拡大する理由を探る。

8 月

/tt/news/2008/28/news01.jpg
Azure Quantumの活用事例も公開

Microsoftの量子コンピューティング環境「Azure Quantum」登場

Azure Quantumは、Microsoftが提供する量子コンピューティング環境だ。開発キット(QDK)と開発言語(Q#)も提供されている。

/tt/news/2008/26/news01.jpg
今の機械学習開発スタイルは時代遅れ

MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル

機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。

/tt/news/2008/26/news10.jpg
オンライン教育をより良くするデータ分析【中編】

学校がオンライン教育中の成績評価に「データ分析」を活用 評価方法は?

初等中等教育機関にとっても新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン教育が急務となる中、その成果をどう評価し、改善につなげるべきか。データ分析でこれらの課題解決に挑む米学区の取り組みを紹介する。

/tt/news/2008/26/news09.jpg
データが支える映画製作の意思決定【前編】

「映画はもうからない」の常識をアナリティクスが変える

脚本が出来上がってから作品が公開されるまで、映画製作のありとあらゆる意思決定にアナリティクスが役立つ。制作会社はアナリティクスをどう活用し、どのような効果を得ているのか。

/tt/news/2008/20/news08.jpg
コンテンツ処理を自動化

AIによる「自動要約」「自動分類」が医療、マーケティング、法務を変える

AI技術によるコンテンツの自動要約や自動分類は、ビジネスに優れた力を発揮することが分かってきた。どのように役立つのか。医療、マーケティング、法務分野を例に、具体的な用途を探る。

/tt/news/2008/17/news07.jpg
オンライン教育をより良くするデータ分析【前編】

学生数2万人の大学が「データ分析」でオンライン教育を評価 その中身とは?

新型コロナウイルス感染症の影響で教育機関はオンライン教育を実施せざるを得なくなった。オンライン教育を推進し、その成果を判断するためにマイアミ大学が目を付けたのがデータ分析だ。具体的に何をしたのか。

/tt/news/2008/11/news04.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第4回】

医療機関が新型コロナ感染者数予測で実現した「データドリブン医療」とは?

新型コロナウイルス感染症の感染者数を予測するデータモデルを開発した、米国の学術医療センターCleveland Clinic。同施設がデータモデルに基づいて構築した医療体制とはどのようなものなのか。その成果は。

/tt/news/2008/06/news07.jpg
「DWH」を賢く選ぶ【前編】

「DWH」(データウェアハウス)はなぜ生まれたのか? なぜ必要なのか?

「DWH」(データウェアハウス)はどのように生まれたのか。なぜDWHが必要なのか。歴史を振り返りながら、DWHの存在意義を探る。

/tt/news/2008/04/news02.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第3回】

医療機関がデータで導き出した新型コロナ「最悪のシナリオ」と対処法とは?

新型コロナウイルス感染症患者数を予測するデータモデルを開発した米国の学術医療センターCleveland Clinicは、「最悪のシナリオ」を基に病院の運営計画を立てたという。その内容とは。

7 月

/tt/news/2007/29/news02.jpg
使えなくなるAIアプリも?

COVID-19で変革を強いられるAIシステムのアーキテクチャ

AIシステムにもCOVID-19の影響が及ぶだろう。COVID-19によってあらゆるものが変わり、以前に学習したモデルは適用できなくなるかもしれない。この変化に対応できるAIシステムのアーキテクチャとは?

/tt/news/2007/28/news04.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第2回】

医療機関が新型コロナ予測モデルを開発 感染者データ不足にどう対処したか

Cleveland Clinicは、新型コロナウイルス感染症の問題に対処すべくデータモデルの開発に着手したが、感染者数のデータが足りないという問題に直面した。どのように解決したのか。

/tt/news/2007/21/news03.jpg
医療のデータ分析が難しい理由【後編】

新型コロナ対策に「BI」などのデータ分析ツールはどのように役立つか

新型コロナウイルス感染症の終息を目指すさまざまな活動に、ビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ分析ツールが役立つ可能性がある。SAS Instituteの取り組みを紹介する。

/tt/news/2007/17/news05.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第1回】

医療機関がコロナ対策でデータ活用 「患者数の把握」より重要な効果とは?

米国の学術医療センターCleveland Clinicは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の急増に備え、SAS Instituteとデータモデルを共同開発した。その経緯とデータ活用の効果を探る。

/tt/news/2007/16/news06.jpg
テレワークの生産性を高める

在宅勤務を楽にする2大「音声認識技術」とは?

最新の「音声認識」技術は、以前のものよりもはるかに洗練されている。在宅勤務などのテレワークの生産性を高める2つの音声認識技術を紹介する。

/tt/news/2007/13/news03.jpg
医療のデータ分析が難しい理由【前編】

コロナ禍で浮かび上がる「医療機関がデータを生かせない理由」

新型コロナウイルス感染症の危機に伴うサプライチェーンの崩壊によって、医療業界は物資不足に苦しんでいる。データ分析によって問題を解決できる可能性があるが、ハードルは小さくない。

/tt/news/2007/09/news01.jpg
サプライチェーン管理を変えるデータ活用【後編】

医療用品メーカーがデータ活用システム構築で直面した「変化への恐怖」とは?

医療用品メーカーPaul Hartmannは、サプライチェーン管理を効率化し需要予測の精度を高めるために、データを活用した予測システムを構築した。新システムを取り入れる際に、同社が直面した課題とは。

/tt/news/2007/07/news01.jpg
新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【後編】

マーケティング予算削減の危機 「MarTech」でどう乗り越える?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング予算が削られれば、MarTechへの新規投資は難しくなる。難局を乗り切る現実的な策とは。

/tt/news/2007/06/news03.jpg
手話のテキスト化から始まる可能性

AWSが機械学習で障害者とのコミュニケーションを支援

AWSは今、機械学習を応用して障害者とのコミュニケーションを支援する取り組みを行っている。

/tt/news/2007/03/news06.jpg
エネルギー分野での活用が広がるAI【後編】

エクソンモービル、シェブロンや新興エネルギー企業は「AI」をどう使う?

エネルギー業界におけるAI技術導入が加速している。老舗の大手企業が導入に本腰を入れ始めただけではなく、新しい技術を武器に異業種の企業が急速に存在感を高めている。

/tt/news/2007/02/news13.jpg
プライバシー課題を克服

「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化

患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。

6 月

/tt/news/2006/30/news11.jpg
急成長するHPC市場とAIの関係

Microsoft、HPE、IBMが注力 「スパコン」などのHPC市場が盛り上がる理由

Microsoftが新しいスーパーコンピュータ(スパコン)を発表するなど、HPC市場の動きが活発化している。ベンダー各社がHPC市場に注力する理由は何か。Microsoftのスパコンの情報と併せて解説する。

/tt/news/2006/30/news03.jpg
新型コロナを大学はどう乗り切っているか【後編】

「頻繁な絵文字通知は煩わしい」 コロナ禍のチャットbot導入校に学生が本音

流行の拡大を防ぐため、新型コロナウイルス感染症対策として大学の学生は自宅待機を要求された。対面でコミュニケーションが取れない状況で学生の状態を把握するためにはさまざまな課題がある。

/tt/news/2006/26/news05.jpg
エネルギー分野での活用が広がるAI【前編】

スマートグリッドを「AI」で強化 データで資源を有効活用

エネルギー分野でのAI(人工知能)技術の活用が広がりつつある。AI技術は既存の技術をどう変え、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2006/25/news01.jpg
「真の自律型企業」の姿とは【後編】

次世代RPA「IPA」に期待し過ぎてはいけない“納得の理由”

「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)に期待を寄せ、市場発展の可能性を見出すアナリストは少なくない。ただし「導入直後に成果を発揮する万能薬のようなものではない」との声もある。それはなぜか。

/tt/news/2006/24/news01.jpg
銀行による量子コンピューティング検証

量子コンピュータによる暗号解読リスクへの対抗策は量子コンピュータ

複数の銀行が量子コンピュータの可能性を検証している。従来型コンピュータと量子コンピュータのハイブリッドモデルや量子コンピュータによる暗号解読への対抗策を紹介する。

/tt/news/2006/24/news07.jpg
サプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】

医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したか

医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。

/tt/news/2006/23/news05.jpg
Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】

GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説

Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2006/22/news09.jpg
JPMorganやBank of America、Citibankなどの事例を紹介

世界の大手銀行は「AI」をもうここまで活用している

世界の銀行業界でAI(人工知能)技術の普及が進んでいる。銀行はAI技術をどう活用し、どのようなメリットを得ているのか。欧米の大手銀行の事例から探る。

/tt/news/2006/16/news07.jpg
新型コロナを大学はどう乗り切っているか【前編】

新型コロナは大学生の行動をどう変えたか? データで学生の変化を探る大学

新型コロナウイルス感染症の流行の影響を受けている大学は、自宅に待機している学生の状況を把握し、それに対処するという課題を突き付けられている。それを乗り切るための技術とは。

/tt/news/2006/10/news06.jpg
「真の自律型企業」の姿とは【前編】

医薬品企業が次世代RPA「IPA」を導入 その理由と効果とは?

ドイツの化学・医薬品企業Merckの医薬営業部門は、ビジネスプロセスの自動化を実現するために「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)を導入した。IPAがもたらす価値は何か。

/tt/news/2006/09/news06.jpg
新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【前編】

マーケターの雇用危機対策 マッチングサイトで急場をしのぐ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング業界も打撃を受けている。予算が削られ、人員削減も始まっている。こうした中、窮地に陥ったマーケターに救いの手を差し伸べる動きが出てきた。

/tt/news/2006/04/news02.jpg
量子コンピュータ時代に備えよう

量子コンピュータプログラミングの入門方法

この数年間で量子コンピュータ分野は大きく進み、研究者でなくても触れられる可能性が拡大した。来る量子コンピュータ時代に備えてプログラミングを学ぶ方法とは。

/tt/news/2006/04/news07.jpg
AIとRPAの今後【後編】

コロナ禍で「AI」「RPA」による自動化は何を実現するのか

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)の拡大で経済活動が制限される一方で負荷の増大を余儀なくされている業務もある。課題解決の切り札として期待されるのが「AI」と「RPA」だ。

/tt/news/2006/04/news06.jpg
Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【中編】

「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」の違い

Googleは複数の「クラウドデータベ―ス」を提供している。その中からNoSQLの「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」を紹介する。それぞれ何がどう違うのか。

/tt/news/2006/03/news03.jpg
新型コロナとデータ分析【後編】

「新型コロナでのデータ分析ツール無料化は無意味」と考える専門家の言い分

世界的な被害をもたらしている新型コロナウイルス感染症に対抗するため、さまざまなデータ分析ツールベンダーが分析に役立つツールやデータを提供している。こうした取り組みに懐疑的な専門家もいる。それはなぜか。

/tt/news/2006/02/news06.jpg
鉱物の埋蔵量の自動測定も

「機械学習」で衛星画像から新鉱床を発見? 鉱山業界で始まったAI活用

これまでAI技術にあまりなじみのなかった鉱山業界で、AI技術の活用が進み始めた。AI技術が鉱山業界に果たす重要性とは。金鉱会社Newmontやデータサイエンス専門企業Kespry、Descartes Labsに話を聞いた。

5 月

/tt/news/2005/29/news12.jpg
必要だからこそ自動化技術に取り組む好機

コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?

新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。

/tt/news/2005/28/news05.jpg
AIとRPAの今後【前編】

新型コロナで「RPA」導入が加速する理由 逆境の旅行業界の“救世主”に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、企業は従業員の解雇やオフィスの一時閉鎖を余儀なくされている。一方で存在感を高めているのが「RPA」をはじめとする業務自動化技術だ。それはなぜか。

/tt/news/2005/27/news08.jpg
新型コロナとデータ分析【前編】

新型コロナでTableau、SAS、Qlikが無料提供したデータ分析ツールとは?

データ分析ツールの提供を通じ、新型コロナウイルス感染症の大規模流行に対抗する企業を支援するベンダーが複数存在する。Tableau Software、SAS Institute、Qlik Technologiesの取り組みを紹介しよう。

/tt/news/2005/21/news04.jpg
ストレージでデータ処理

CPUを搭載する「コンピュテーショナルストレージ」のユースケースと主要製品

CPU(やASIC、FPGA、GPU)を搭載し、ストレージで直接データを処理する「コンピュテーショナルストレージ」が注目されている。どのようなメリットがあり、どのような用途に使われているのか。

/tt/news/2005/21/news02.jpg
AIでコンテナを管理する【後編】

コンテナ管理を「AI」で楽にするために必要な手段とは?

コンテナ監視を省力化するために、AI技術を応用することは効果的だ。その際に必要な手段を紹介する。

/tt/news/2005/20/news07.jpg
テネシー州ノックスビル市が実践

工業都市が新型コロナ対策に「チャットbot」活用 何を実現したのか

米国テネシー州ノックスビルは住民に対する新型コロナウイルス感染症の情報提供に、チャットbotを生かしている。なぜ導入し、どのようなメリットを得ているのか。

/tt/news/2005/15/news10.jpg
パーソナライズを実現

三井住友海上は「自動機械学習」(AutoML)で最適なCXをどう実現したか

三井住友海上火災保険はAutoML(自動機械学習)ベンダーdotDataの製品を使用して、パーソナライズしたCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)を提供する「MS1 Brain」を構築した。構築の背景を追う。

/tt/news/2005/13/news02.jpg
「データカタログ」とは何か【後編】

「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介

データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。

/tt/news/2005/08/news06.jpg
自動コンテンツキュレーションの課題に対処

YouTubeやTwitterは有害コンテンツ排除に「AI」をどう活用しているのか

新型コロナウイルスが労働者を混乱の渦に巻き込んでいる。そんな中、機械学習を使用して有害なコンテンツを自動的に検出、削除する動きがソーシャルメディア企業の間で広がっている。実例を見ていこう。

4 月

/tt/news/2004/30/news06.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

“宅電”が滅びない納得の理由から脱メールまで 新規会員が気になった話題は

「データ分析」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/30/news04.jpg
AIでコンテナを管理する【前編】

「本物のAIツール」と「偽物のAIツール」の違いとは?

「AI」という言葉がさまざまな意味や意図で使われ過ぎた結果、一般的なITツールと「AIツール」との区別が付きにくくなっている。両者はどう違うのか。

/tt/news/2004/27/news04.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【後編】

「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較

「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。

/tt/news/2004/24/news06.jpg
「データカタログ」とは何か【前編】

「データカタログ」とは? 欲しいデータをすぐに取得できる仕組み

データ分析担当者が、必要に応じて欲しいデータを収集、整理できる手段が「データカタログ」だ。その仕組みや有効な場面を紹介する。

/tt/news/2004/22/news07.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【前編】

普通のチャットbotと「AIチャットbot」の違いとは?

「チャットbot」は長い間、事前に準備した回答を出力するだけのプログラムだった。AI技術を組み込むことにより、用途が急速に多様化している。

/tt/news/2004/16/news07.jpg
「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏

広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は

独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。

/tt/news/2004/15/news06.jpg
チリで実用化

「IoTセンサー」と「自動機械学習」(AutoML)が森林火災検知に一役買う

Entel Oceanは、IoTセンサーとDataRobotの自動機械学習(AutoML)製品を使用して、チリの森林火災を自動的に検知している。人よりも迅速に火災を検知できる、その仕組みとは。

/tt/news/2004/13/news01.jpg
ヒントはセガのFootball Manager

パスの成功率まで予測――サッカーをデータ化して分析するSciSports

セガの「Football Manager」がヒントになって起業されたSciSportsは、サッカーのあらゆる要素をデータ化してディープラーニングを応用して分析。パスの成功率まで予測する。同社の分析が行き着く先とは?

/tt/news/2004/09/news03.jpg
画像認識、自動翻訳他

eBayは「AI」をどう活用しているのか? Eコマースに使えるAI

eBayは自動翻訳や画像認識、写真のクリーンアップなどのAI技術を利用している。ユーザーを引き付けてつなぎ止めるためだ。具体的にどう活用しているのか。

/tt/news/2004/07/news06.jpg
AI技術で株式市場予測

「ロボアドバイザー」「自然言語処理」がトレーダーと投資家の行動を変える

株式市場予測用のソフトウェアロボット開発が進んでいる。AI技術を使用した株式市場予測が、金融機関のトレーダーや投資家に与える影響とはどのようなものだろうか。

/tt/news/2004/02/news07.jpg
GANのリスクを超えて【後編】

“偽CEO”の声にだまされ2000万円以上の被害も 「ディープフェイク」の対処法

敵対的生成ネットワーク(GAN)を使って本物を装い、偽造された動画や画像、音声を指す「ディープフェイク」にまつわるリスクにどう向き合えばいいのか。

3 月

/tt/news/2003/30/news08.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【後編】

2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は

人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。

/tt/news/2003/30/news01.jpg
なぜそうなるかを説明しなさい

企業に求められる「説明可能なAI(Explainable AI)」

AIの普及に伴い、AIの説明可能性のニーズも高まっている。企業はどうすれば、技術的課題と倫理的課題を解決できるのか。

/tt/news/2003/26/news03.jpg
GANのリスクを超えて【前編】

「ディープフェイク」は企業に利益をもたらすか

データの複製に敵対的生成ネットワーク(GAN)を用いることは、人工知能(AI)技術に潜む最大のリスクの1つとされている。だが、企業は有益なコンテンツの作成にディープフェイクを使うことも可能だ。

/tt/news/2003/24/news07.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

/tt/news/2003/23/news03.jpg
銀行導入事例

深層学習でブランド個性に合わせた音声を生成する「Amazon Polly」

Amazon Pollyは、ディープラーニングを利用してブランドイメージに合わせた音声を生成できる。オーストラリアの銀行は、コンタクトセンターに「オーストラリア英語」で応答するAIを導入しようとしている。

/tt/news/2003/23/news06.jpg
「ペーパーレス職場」の展望と課題【後編】

RPA×AIによる「ペーパーレス」の自動化がもたらす無視できないリスク

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)や人工知能(AI)技術を活用することで効率的にペーパーレス化を進めることが期待できる。ただしコンプライアンスのリスクに対処する必要はある。

/tt/news/2003/23/news05.jpg
人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け

多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか

ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。

/tt/news/2003/17/news01.jpg
金融業はAIを人員削減に利用

「行員をトレーニングするAI」で人材強化に取り組む銀行の挑戦

金融業界では、将来的に人員をAIに置き換える動きが始まると予想されている。一方でAIを行員のトレーニングに利用して人材の強化に取り組んでいる銀行もある。AIが職を奪うとは限らない。

/tt/news/2003/12/news08.jpg
「ペーパーレス職場」の展望と課題【前編】

「RPA」と「機械学習」を活用 今すぐ始める職場のペーパーレス化

ドキュメントのデジタル化にRPAや機械学習を生かす動きが広がり始めた。こうした取り組みを進める企業が目指すのは、コスト効率が良く、環境に優しいペーパーレス職場だ。

/tt/news/2003/11/news12.jpg
「AI」がマーケティングを進化させる【後編】

「機械学習」がマーケティングの“救世主”とは限らない理由

マーケティング担当者は機械学習がもたらす可能性を無視すべきではない。ただし機械学習があらゆるマーケティング活動にメリットをもたらすわけではないことに注意が必要だ。

/tt/news/2003/05/news03.jpg
「AI」がマーケティングを進化させる【前編】

脱マスマーケティングとパーソナライゼーションは「機械学習」が促す

企業は一人一人の消費者に合ったデジタルマーケティング戦略を生み出す必要に迫られている。そこで役立つのが機械学習だ。なぜなのか。

/tt/news/2003/04/news01.jpg
AIの企業導入の実際【後編】

AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例

AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。

/tt/news/2002/14/news02.jpg
量子コンピュータの用途と課題は?

量子コンピュータが「単なるPCの進化系」ではない理由

大手からスタートアップまで、国内外のベンダー各社が研究開発を進める「量子コンピュータ」。その基本的な仕組みと用途、現状の課題を解説する。

/tt/news/2003/02/news01.jpg
ユーザー行動の原因と結果

機械学習の最新トレンドは“因果推論”

ユーザーはなぜその行動を取ったのか。ユーザーの行動の原因と結果を理解することはビジネスの成功に直結する。機械学習によって因果関係を分析する因果推論が次のトレンドになるだろう。

2 月

/tt/news/2002/28/news01.jpg
GraphQLなしのAPI呼び出しは絶望的

専門家が語る、REST APIオンリーの限界とGraphQLを使うべき理由

『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。

/tt/news/2002/28/news07.jpg
「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【前編】

「プロセスマイニング」とは ワークフロー製品への“失望”で導入が進む?

「プロセスマイニング」は企業に何をもたらすのか。企業がプロセスマイニングを導入するきっかけとは何か。プロセスマイニングの第一人者であるウィル・ファン・デル・アールスト氏に聞いた。

/tt/news/2002/27/news04.jpg
RPA3大ソフトウェアロボットの違い【後編】

RPAの「アテンド型」「ハイブリッド型」ロボットとは? 意思決定も支援

RPA型botは、単純な作業を自動化するだけではない。人間と協働して高度な作業を実行する「アテンド型」botと、複数の技術を組み合わせた「ハイブリッド型」botについて説明する。

/tt/news/2002/25/news01.jpg
量子コンピューティングは実用化の局面

IBM Researchのギル氏が語る量子コンピュータの基礎理論と「IBM Q」の現在

CES 2020にIBM Researchのディレクターが登壇。量子コンピュータのプログラミング方法を学ぶ必要性を訴え、量子コンピュータの基礎理論やIBM Qの現状を解説した。

/tt/news/2002/25/news08.jpg
先進企業のIT幹部が語る現実的なAI戦略

シェル、ハリバートン、ユニバップが考える「今のAIにできること」

いち早くAI技術を活用した企業は、AI技術を自社のビジネスに積極的にどう生かしているのか。先駆的な企業の話から、AI技術の可能性を明らかにする。

/tt/news/2002/21/news13.jpg
地上にはないリスクを想定

「衛星IoTネットワーク」とは? 宇宙で通信する意味と、地上にはない問題

地上でどのようなネットワークでも直面する問題として、ハードウェアの老朽化がある。宇宙空間にある人工衛星を使った「衛星IoTネットワーク」を構築する場合、どのような問題が発生するのだろうか。

/tt/news/2002/21/news03.jpg
「AutoML」の可能性と限界【後編】

「AutoML」(自動機械学習)の使用に慎重になるべき用途とは?

「AutoML」(自動機械学習)をうまく活用すれば、データサイエンティストの業務負荷を軽減できる可能性がある。ただし他の技術と同様、AutoMLは万能ではない。

/tt/news/2002/20/news04.jpg
RPA3大ソフトウェアロボットの違い【前編】

RPAの「非アテンド型」ソフトウェアロボットとは? 人手介さず作業を実行

RPAのソフトウェアロボットは大きく分けて3種類ある。中でも一般的な、人の介入なしに単純作業を自動化する「非アテンド型」ソフトウェアロボットの特徴を説明する。

/tt/news/2002/18/news05.jpg
人材採用におけるAI活用

採用担当者が認識すべき「AIのバイアス」という問題

人材採用にAI技術を活用すれば、人が持つ意識的なバイアス(偏り)や無意識的なバイアスを排除できると考える人は少なくない。だがAI技術で全てが解決できるわけではない。

/tt/news/2002/18/news01.jpg
2020年のAIトレンド【後編】

「AI」の進化が“脱クラウド”を加速させる? その理由とは

人工知能(AI)技術の進化や多様化は、自然言語処理のさらなる高度化をもたらし、企業のクラウド利用に影響を与える可能性がある。それはどういうことなのか。専門家の声を基に2020年のAI関連市場の動向を予想する。

/tt/news/2002/17/news01.jpg
AIの企業導入の実際【前編】

氾濫する機械学習アプリケーションの誇大宣伝と現実

多くのサプライヤーが機械学習アプリケーションを製品化し、誇大宣伝を繰り返している。だがユーザー企業はサプライヤーの思惑通りに踊る気はまだないようだ。

/tt/news/2002/14/news04.jpg
「AutoML」の可能性と限界【前編】

「AutoML」(自動機械学習)がデータサイエンティストを楽にする?

多忙なデータサイエンティストの業務負荷をいかに軽減するか。その有力な手段となり得るのが、機械学習モデルの設計や構築を自動化する「AutoML」(自動機械学習)だ。どのような業務を効率化できるのか。

/tt/news/2002/08/news01.jpg
快適さと失業リスクは表裏一体?

「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由

1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/07/news05.jpg
医療機関はITをどう活用できるのか

画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に

ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。

/tt/news/2002/05/news01.jpg
病院では既に実用段階

ディープラーニングの分散トレーニング基盤「Apache SINGA」

シンガポール発のプロジェクトがApache Software Foundationのトップレベルプロジェクトに昇格。ディープラーニングモデルを効率的に分散トレーニングさせることができ、既に実用化されているという。

/tt/news/2002/04/news06.jpg
2020年のAIトレンド【前編】

AI活用型RPA「IPA」よりも重要? AIに潜む「偏見」「倫理」問題

人工知能(AI)技術を取り巻く動きの中で、2020年に注目すべきものは何か。RPAにAI技術を組み込んだ「IPA」や説明可能なAI技術、対処すべき課題であるAI技術の偏見や倫理にまつわる問題を取り上げる。

/tt/news/2002/04/news04.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【後編】

プロセスオートメーション用語「DPA」の本当の意味は? 新用語「IPA」とは

プロセスオートメーション分野の製品分野は多種多様だが、違いはほとんどないと見る専門家もいる。一方で機械学習などの新たなテクノロジーを組み合わせて、より高度な処理を実現する新しい製品分野も登場している。

/tt/news/2002/03/news01.jpg
量子コンピュータの経済効果は年48兆円

フィンランド企業が目指す汎用量子コンピュータ&量子プロセッサ

フィンランドのIT企業がIBMやGoogleに対抗して独自の汎用量子コンピュータ&量子プロセッサを実現しようとしている。フィンランドの産官学連携プロジェクトは成功するのか。

1 月

/tt/news/2001/31/news06.jpg
ベンダーに課題を残すモバイルBI【後編】

「モバイルBIアプリ」ならではの強みを生かすとはどういうことか

PC向けBIアプリのユーザーインタフェースをモバイルデバイスに無理に移植しようとしてもうまくいかない。そうであればむしろ、モバイルデバイスならではの新しい体験を作ることを目指すべきだ。

/tt/news/2001/29/news02.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【前編】

いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」の違い 何を自動化するのか?

「RPA」「DPA」「BPA」など、プロセスオートメーション分野のテクノロジーを指す用語が多様化している。それぞれどのように異なるのだろうか。

/tt/news/2001/27/news06.jpg
特定分野・用途向け検索サービス【後編】

Googleと業種/用途特化型検索サービスの最大の違い

業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。

/tt/news/2001/24/news06.jpg
選手の安全性向上のためのAI活用

NFLがAWSのAIで構築した「選手のデジタルツイン」とは?

AWSとNFLの新たな提携は、機械学習などのAI(人工知能)技術を利用して、選手のけがのリスクを軽減することを目指している。この提携は、両者が「Next Gen Stats」プログラムで進めてきた協業に基づいている。

/tt/news/2001/23/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり

AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。

/tt/news/2001/23/news05.jpg
ベンダーに課題を残すモバイルBI【前編】

“期待外れのモバイルBIアプリ”がなくならないシンプルかつ悩ましい理由

BIベンダーの中には、簡潔な洞察を提供する効果的なモバイルアプリを開発している企業がある。一方でPC向けのダッシュボードをスマートフォンで再現しようと奮闘しているBIベンダーもある。

/tt/news/2001/22/news01.jpg
データベースのモダナイズ【後編】

マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

/tt/news/2001/21/news04.jpg
「サーバレス」で開発にまつわる負担を軽減

機械学習アプリを「FaaS」で開発すべきこれだけの理由

機械学習を導入する際は、幾つかのハードルを越えなければならない。その有力な手段となり得るのが「FaaS」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2001/21/news02.jpg
「RPA」から「IPA」へ【後編】

「学習」するロボットは業務の自動化にどう役立つのか

RPAを高度化した技術である「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)は、ソフトウェアロボットに「学習」させることができる点が特徴だ。学習によって何が可能になるのか。IPAの利用例を基に説明する。

/tt/news/2001/20/news01.jpg
特定分野・用途向け検索サービス【前編】

Googleでは実現しない特化型検索サービスの世界

Googleの検索エンジンがいかに優れていても、汎用的であるが故に限界がある。一方で特殊な用途や特定の業界に特化することによってしか実現しない検索サービスが存在する。

/tt/news/2001/20/news07.jpg
量子コンピュータの向いている分野とは

「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2001/15/news02.jpg
ハックしたくなる要素山盛り

独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

/tt/news/2001/15/news05.jpg
映画の予告編を効率的に短縮

Netflixがカスタマーエクスペリエンス向上に利用する「感情分析」とは

感情分析では言葉で表現されない顧客のフィードバックが入手できる。Netflixは加入者を引き付け、つなぎとめる目的で、この手段を利用した。

/tt/news/2001/10/news04.jpg
食品産業とブロックチェーン【後編】

「ブロックチェーン」を食品のトレーサビリティ確保に使うのは是か非か?

ブロックチェーンの信頼性はフードトレーサビリティの確保に役立つ。ただし新技術にありがちな課題から、ブロックチェーンの可能性に懐疑的な視線を向ける専門家もいる。

/tt/news/2001/09/news06.jpg
結論の明確化に照準

Googleが発表した「説明可能なAI」で実現すること

Googleは、ユーザーがもっと説明可能なAIモデルを開発してデプロイできるようにする新たな製品群「Explainable AI」を発表した。その中身とは

/tt/news/2001/08/news04.jpg
「RPA」から「IPA」へ【前編】

RPAと「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)の違いとは?

「RPA」より高度な業務自動化技術として、AI技術を組み込んだ「IPA」がある。IPAはRPAと何が違うのか。

/tt/news/2001/07/news04.jpg
データで変わる女子テニス【後編】

2020年全豪オープンでも活躍か 「女子テニス分析システム」の意外な効果

女子テニス協会(WTA)がSAPと開発した分析ソフトウェアの新機能が、2020年の「全豪オープン」に合わせて利用可能になる見込みだ。こうした分析ソフトウェアは選手やコーチにどのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2001/06/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

Uberらの仕事割り当てアルゴリズムは公平・適切か

アルゴリズムによる仕事の割り当ては、従業員にとっても雇用主にとっても恩恵があるかもしれない。だが人材を尊重しながら公正に仕事を割り振ることはできるのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...