過去記事一覧 (2019 年)

5 月

/tt/news/1905/24/news04.jpg
AWS、Microsoft、Googleのいずれでも参考にできる

「クラウドAIサービス」の機能をAPI経由で利用する方法

主要ベンダーの「クラウドAIサービス」は、その機能を容易に利用可能にするためにAPIを提供している。APIを使ってアプリケーションにAI機能を組み込む方法に加え、その際直面する課題と対処方法を見てみよう。

/tt/news/1905/23/news07.jpg
企業がAIを活用するための8つのヒント【前編】

優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?

企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。

/tt/news/1905/17/news06.jpg
年間1500億ドルのコスト削減に期待

「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野

医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。

/tt/news/1905/15/news02.jpg
AIが学生の質問に答える

近畿大学が導入した「バーチャルTA」とは? 多忙な教員やTAを楽に

近畿大学は、JIECの問い合わせ返答サービス「manaBrain」を使ったバーチャルティーチングアシスタント(V-TA)を導入した。講師とTAの業務負担軽減や、時間を問わない受講生の疑問解決に効果が見られたという。

/tt/news/1905/14/news02.jpg
「AIセキュリティツール」の基礎知識【後編】

「AIセキュリティツール」はいつ、どのように使えば有効? 活用例を紹介

AI技術は、セキュリティツールにどのような可能性をもたらすのか。AIセキュリティツールの具体的な利点を紹介しよう。

/tt/news/1905/11/news01.jpg
意外な共通点を紹介

出会い系アプリに学ぶ、社内コラボツールのAI活用「3つのヒント」

企業向けコラボレーションツールが参考にしている意外な分野が出会い系アプリケーションだ。機械学習を活用した相性分析やコミュニケーション手法の長い実績があるからだという。

/tt/news/1905/10/news08.jpg
クラウドで復活する「DWH」【前編】

AWS、Microsoft、IBMも注力する「クラウドDWH」 ライバルHadoopに勝る勢い

Hadoopの登場で守勢に立ったDWHが、クラウドに新たな活路を見いだしている。活性化の兆しを見せるDWH市場で、クラウドDWHが特に存在感を増している理由を探る。

/tt/news/1905/08/news05.jpg
競争力を保つにはどうすればいいか

AIアナウンサーも登場、中国の国家戦略から学ぶべきこと

中国政府は積極的なペースで人工知能に投資している。そんな中、米国をはじめとする各国は投資を強化するという大きな重圧に迫られている。

/tt/news/1905/07/news06.jpg
AWS、IBM、Microsoft、Googleも医療のAI活用に積極投資

AIの医療利用なしに「EHRが診断ミスを防ぐ」という理想は実現しない

EHR(電子医療記録)は、患者の異常所見を読み取るために必要な機能を万全に備えているとは限らない。人工知能(AI)技術をEHRに組み込むことで、見落としに起因する医療ミスの防止に役立つ可能性がある。

/tt/news/1905/07/news05.jpg
「AIセキュリティツール」の基礎知識【前編】

「AI」(人工知能)はなぜセキュリティツールに必要なのか?

セキュリティ担当者の間で、AI技術を組み込んだセキュリティツールを利用する動きが広がっている。攻撃者に対して先手を取り、攻撃者が悪用する前に脆弱(ぜいじゃく)性が危険にさらされるのを防ぐためだ。

/tt/news/1905/02/news01.jpg
菓子メーカーとコンサルティング会社の事例を紹介

「Oracle Database」から「SAP HANA」への乗り換えが増えているのは本当か?

Oracle DatabaseからSAP HANAへ移行した企業がどれだけあるかについては見解が分かれる。注目したいのは、移行によってメリットを得ている事例が実際に出ていることだ。

4 月

/tt/news/1904/30/news01.jpg
AIベースのネットワーク監視ツールを活用

「学生寮の無線LANが遅い」 米大学はPCゲーム好き学生の嘆きにどう応えたか

ニューハンプシャー大学は学生寮のネットワークを有線LANから無線LANへ移行した。その際に直面したのが、無線LANのパフォーマンスの問題だ。どのようにして解決したのか。

/tt/news/1904/26/news06.jpg
優れたビッグデータ分析ツールの特徴とは?

Tableau、Qlik Sense、Power BIの競合は? 「ビッグデータ可視化」の11大ツール

データドリブン志向の企業は、可視化ツールを使用してビッグデータに潜む結論を読み解き、その結論から有益な情報を導き出す。本稿ではビッグデータ分析に適した可視化ツールと選び方のポイントを紹介する。

/tt/news/1904/18/news02.jpg
Kubernetesで分散学習

Kubernetesベースのディープラーニング環境「Nauta」

Intelがオープンソースのディープラーニングツール「Nauta」を公開した。Nautaでどのようなことができるのだろうか。

/tt/news/1904/18/news06.jpg
ビジネスの健全化を促す

「AIで仕事がむしろ増える」は本当か 第3の選択肢について語ろう

AI技術による自動化は、従業員の仕事を奪う代わりに、別の仕事を増やす可能性がある。それはどういうことなのか。

/tt/news/1904/15/news03.jpg
IBM、Cloudera、Domino Data Lab、Oracle以外にも

人工知能(AI)で急成長のデータサイエンスツール、商用とオープンソースの違いは?

商用製品からオープンソースまで、人工知能(AI)を使ったデータサイエンスツールの選択肢が広がっている。うまく利用すれば、データアクセスや分析モデル作成、データ管理の共同作業が簡便になるだろう。

/tt/news/1904/11/news09.jpg
IBM、Microsoft、AWS、Googleなどの主要ベンダーが参入

データや人材が足りなくてもAIを活用できる「AIaaS」とは?

AIaaS(サービスとしてのAI)の出現により、最先端のIT企業だけでなく、より多くの企業が人工知能(AI)をアプリケーションに組み込み、利用できるようになりつつある。

/tt/news/1904/11/news01.jpg
AIがゲームをテスト

ゲーム「Candy Crush」のテストプレイヤーはAI

Candy Crushのテストプレイを担当しているのは、TensorFlowで学習させた仮想プレイヤーだった。開発からその導入効果までをKingに聞いた。

/tt/news/1904/10/news05.jpg
ツールに特化した技術だけでは不十分

「ABAPが分かれば十分」は過去の話 クラウド時代のERPスキルとは

企業がERPシステムの導入効果を引き出すには、技術面だけでなく変革を推進する「チェンジマネジメント」や協働など、包括的な専門知識を備えた次世代の人材を育成する必要がある。

/tt/news/1904/09/news04.jpg
なぜ“42”なの?

AIはなぜそう答えたのか? 説明責任は人間に

人間は、AIが下した決定の理由を答えられなければならない。それを実現するのがXAI(Explainable AI:説明可能なAI)だ。AIの決定に基づいて行われた結果の責任をAIに転嫁することはできない。

/tt/news/1904/09/news08.jpg
VoiceBaseとの提携で実現

Tableauが可視化する音声分析データ、全社横断で使うとビジネスはこう変わる

2019年3月に発表されたTableauとAI音声分析ベンダーのVoiceBaseの提携により、コンタクトセンター内外のユーザーが、音声分析データから簡単に洞察を引き出せるようになった。

/tt/news/1904/09/news07.jpg
臨床現場の業務負担を軽減

AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例

人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。

/tt/news/1904/10/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelの長過ぎる関数式をシンプルにするために、職場で心掛けたいポイント

気が付けば「Microsoft Excel」の関数式が長文に……。作成者なら理解できる関数式も、第三者が読み解くのは一苦労だ。チームで使うExcelツールならば、シンプルな関数式にしておかないと大きなデメリットが。

/tt/news/1904/08/news06.jpg
人間の脳を再現する?

量子コンピューティング技術で実現する「量子AI」は何をもたらすのか?

機械学習が、量子コンピュータの重要な用途になるかもしれない。研究者や開発者が、量子コンピュータを使った、より「人間的な」AI(人工知能)の実現の鍵を探しているからだ。課題とメリットは何だろうか。

/tt/news/1904/05/news04.jpg
落とし穴を回避

BIをクラウドへ、低コストで移行するための5つのヒント

BIや分析をクラウドに移行するには戦略が必要だ。何を詳しく調査し、どのような点に注意して、どんなことに取り組むべきか、専門家やIT担当者からヒントを得る必要がある。

/tt/news/1904/03/news08.jpg
Google、Microsoft、AWSなどのツールを使ってデータ活用

打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業

小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。

/tt/news/1904/02/news07.jpg
開発者が注目するAIテクノロジー

AWS、Google、Azureの自然言語処理APIを比較 長所短所は?

クラウドによってAIテクノロジーが利用しやすくなり、アプリケーションに自然言語処理を組み込もうと考える開発者が増えている。

3 月

/tt/news/1903/29/news06.jpg
目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い

人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは

チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。

/tt/news/1903/28/news01.jpg
AIを何に利用する?

5人のITリーダーが考えているAIの次のユースケース

AIの利用が広まりつつある中、CIOはAIにどうアプローチすべきなのか。どのような用途が考えられるのか。5人のITリーダーに、AIの展望やユースケースを聞いた。

/tt/news/1903/27/news13.jpg
オープンソース化するAI技術

Googleが機械学習の可能性を広げる「GPipe」をオープンソースに その影響は

GoogleでAIの研究開発を担うGoogle AIは、大規模な高精度ディープニューラルネットワーク構築用ライブラリ「GPipe」をオープンソースとして公開した。その意味するものとは。

/tt/news/1903/25/news10.jpg
Gartnerのアナリストが予測

データ分析の3大トレンド「拡張分析」「自然言語検索」「グラフ分析」とは?

「『拡張分析』『自然言語』『グラフ分析』が、データおよびアナリティクス市場を変えつつある」とGartnerは指摘する。これに伴い、ユーザーはより簡単にデータを理解、共有できるようになってきている。

/tt/news/1903/23/news01.jpg
仮想アシスタントやチャットbotを活用

AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ

AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。

/tt/news/1903/20/news08.jpg
攻撃側と防御側の両方が利用

ネットワークセキュリティにおける機械学習の光と闇

機械学習による予測は、ネットワークセキュリティ戦略において役立つ。しかし同時に、ネットワークセキュリティを脅かす勢力も機械学習の恩恵を受けられる。

/tt/news/1903/19/news02.jpg
ArangoSearchとGeoJSONサポート

マルチモデルデータベース「ArangoDB」に要注目

数あるNoSQLデータベースの中で特異な位置を占めるのが、複数のデータモデルをサポートする「ArangoDB」だ。

/tt/news/1903/14/news07.jpg
課題は旧式インフラ・スキル不足・組織文化

「AIはビジネスに有効」経営者の約4分の3が評価も、本格利用は1割に満たず

MicrosoftとIDCの調査によれば、AI技術をビジネスの中核で活用する日本企業は1割未満にとどまる。企業はAI技術による生産性向上を期待している一方、ツールや人材の不足が活用の妨げになっている。

/tt/news/1903/13/news01.jpg
国ごとに異なる重点分野

世界のセキュリティ研究プロジェクト分析で浮き彫りとなった「欠落」

1200件の世界的研究プロジェクトを分析すると、国によって重視する研究分野が異なるなど、興味深い事実が明らかになった。そして、ある要素が「見落とされている」という。

/tt/news/1903/13/news07.jpg
AIが職場を変える

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になる

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

/tt/news/1903/11/news03.jpg
量子コンピュータの汎用化に一歩前進

商用量子コンピュータ「IBM Q System One」登場

IBMが商用量子コンピュータを発表した。まだ誰でも使えるとは言えないが、量子コンピューティングの扉が開かれた意義は大きい。

/tt/news/1903/08/news05.jpg
セキュリティはプロセスであって、製品ではない

「AIセキュリティ製品」を万能だと思ってはいけない、これだけの理由

ITリーダーはセキュリティレベルを引き上げる手段として、AI技術に注目している。AI技術はどの程度のセキュリティを提供できるのか。AIセキュリティ製品の利点と、現状の限界について解説する。

/tt/news/1903/07/news07.jpg
使い方を誤れば判断ミスを増やす恐れ

期待にはまだ届かない人工知能(AI) それでもビジネスに導入するには

人工知能(AI)技術は万能薬ではない。ビジネスにAI技術を利用するのであれば、その限界を知っておく必要がある。AIを有効活用するためのシステム構築のポイントについて説明する。

/tt/news/1903/07/news06.jpg
単純作業から、複合的な作業の自動処理へ

次世代のRPA型bot「デジタルレイバー」「デジタルペルソナ」とは何か?

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務の仕事全体を自動化するものに進化し始めている。RPAベンダー大手Automation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。

/tt/news/1903/06/news12.jpg
上手にAIと付き合うには

結局、人工知能(AI)技術は何を可能にするのか?

職場へのAI技術の導入に失敗しないためには、現在のAIが可能なことと不可能なことを把握しなければならない。本稿ではAI技術の得意分野と、AI技術を利用した最新ソフトウェアについてまとめる。

/tt/news/1903/05/news07.jpg
利用シーンやメリットを比較

注目すべきオープンソースのクラウド監視ツール5選

オープンソースのクラウド監視ツールは、ベンダーのネイティブオプションよりも多くのメリットをもたらす可能性がある。本稿で紹介する5つのツールを確認して、自社のクラウド戦略に最適なツールを見極めてほしい。

/tt/news/1903/02/news01.jpg
高解像度の衛星画像データが利用可能

無料で宇宙データを使える「Tellus OS」 衛星データの分析を簡単に

さくらインターネットは宇宙データ分析サービス「Tellus OS」を公開した。いままで活用のハードルが高かった日本政府の衛星データを、無料で簡単に利用できるようにする。

2 月

/tt/news/1902/28/news06.jpg
RPAのその先へ

GEのAI活用、botを部下として扱うために必要なこと

GEはAI戦略の強化を図るため、AIを人間的にしようとしている。開発したAI botは管理職の下に配属した。課題は山積している。

/tt/news/1902/26/news06.jpg
ビッグデータで消費者ニーズを特定

「Yahoo! JAPAN」のユーザー行動履歴を分析できるサービス登場 市場調査の手間を不要に

ヤフーが新しいデータ分析サービスを発表した。「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!ニュース」「Yahoo!検索」など、同社サービスのユーザーの利用データを基に、消費者の関心を可視化できる。

/tt/news/1902/22/news07.jpg
運用環境では予期しないことが起こる

機械学習導入のカギは「運用者と開発者のスキル差をどう埋めるか」

機械学習モデルの導入時には、その開発時とは全く異なるスキルセットが必要だ。データサイエンティストとエンジニアリングチームはこのギャップを埋める準備をしなければならない。

/tt/news/1902/22/news06.jpg
YouTubeやブログでも学べる

データサイエンティストを目指すなら知っておきたい学習方法

データサイエンスを学ぶ場所と機会は大学の外側にも広がっている。大規模公開オンライン講座(MOOC)やオンラインで公開しているドキュメントなどがあり、データサイエンティストとしてのスキルセット獲得に役立つ。

/tt/news/1902/18/news01.jpg
EU市民の個人データは鬼門

AIのブラックボックス化を許さないGDPRに注意

GDPRはEU圏外の国にも影響を及ぼす。EU市民の個人データを機械学習に利用すると説明責任が生じ、機械学習の内部はブラックボックスだという言い訳は通用しない。

/tt/news/1902/15/news09.jpg
多くの専門家が「必要」と認める機能は?

データサイエンティストを楽にする ビッグデータ分析ツールの10大「必須機能」

ビッグデータ分析ツールを探しているなら、さまざまな機能がある中でも10個の機能に注目してほしい。特に、分析結果を埋め込む機能、他のアプリケーションとの連携機能、バージョン管理機能は確認しておきたいところだ。

/tt/news/1902/14/news06.jpg
落第しそうな生徒も特定

Qlik Senseを使った教育機関の予測分析は現場に何をもたらしたか

米バージニア州ラウドン郡の学区では、2018年にセルフサービスBIツール「Qlik Sense」を使った教育機関分析の試みを開始した。一人一人に合った教育を提供するための予測分析を、ラウドン郡はどう実現するのか。

/tt/news/1902/12/news01.jpg
Computer Weekly導入ガイド

リテールAIの導入、必須だが自分でやってはいけない

小売業者は何年も前から顧客情報を収集してきた。だが人工知能(AI)の普及により、この情報をもっと効率的に利用する機会が開ける。その課題とチャンスについて解説する。

/tt/news/1902/12/news05.jpg
技術動向を的確に読みとる

教育から始めるAI活用 CIOはどのように従業員と会社を導くべきか

AI技術の活用を一任されたCIOは、まずはAI分野で起きている最新の情報を知るよう努めるべきだ。そして、IT部門のスタッフにも情報収集に関して同様の習慣を身に付けさせる必要がある。

/tt/news/1902/12/news04.jpg
経験豊かなデータサイエンティストのお墨付き

「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」が愛用される理由

企業の取得データが急増している近年では、情報を全て把握するためにもデータサイエンスツールが欠かせない。本稿では「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」について、データサイエンティストが愛用する理由を聞いた。

/tt/news/1902/08/news12.jpg
ビッグデータ処理や機械学習、顔認識アプリケーションにも導入可能

グラフィックス処理だけではない GPUのコンピュータにおける役割とは?

グラフィックスを処理するために開発されたGPUだが、活躍の場はもはやゲーム業界だけではない。本稿ではGPUの能力が仮想化やデータセンターといった分野での利用に適している理由と、使用する際の注意点を解説する。

/tt/news/1902/08/news11.jpg
「データを無駄にしない」がテーマ

2019年のBI/アナリティクスのトレンドは、AI、グラフDB、マルチクラウド

BIとアナリティクスの主要なトレンドとして、機械学習、マルチクラウド、グラフデータベースの台頭が挙げられる。これらは企業にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/1902/08/news09.jpg
マルウェア検出や監視業務を高度化・効率化

AIを活用したセキュリティ対策 何に使える? 何が課題?

AI技術のセキュリティ分野における活用が進む一方で、求められる機能を実現するためには課題も残る。具体的な活用例や、課題解決に向けた取り組みの動向を紹介する。

/tt/news/1902/07/news04.jpg
テクニカルアーキテクトに聞く

Microsoftの人工知能(AI)はシステム管理者の仕事を変えるか

テクニカルアーキテクトのジェイソン・ウィン氏は、Microsoftが推進する人工知能(AI)開発により、データセンターの自律化は実現に向かって進み始めているという。

/tt/news/1902/05/news09.jpg
Amazon、Googleに対抗

Intel、AI用プロセッサ「NNP-I」を2019年に発売 画像認識や画像分類に力を発揮

Intelは新プロセッサ「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」を発表した。AI用のこのチップはFacebookとの共同開発で、画像認識や画像分類の分野で重要な機能を果たすという。

/tt/news/1902/05/news06.jpg
なりすましメールを判別

「文章の癖」を学ぶAIでビジネスメール詐欺(BEC)防止 トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、AI技術を使ったビジネスメール詐欺(BEC)対策技術「Writing Style DNA」を発表した。メール作成者の文章における癖を学習し、なりすましの疑いが強いメールを検出する。

/tt/news/1902/04/news05.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来

医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。

/tt/news/1902/01/news08.jpg
産業用IoTの浸透で変化が

産業用クラウドのトレンドはパブリックからハイブリッドへ

2018年7月発表のレポートによると、産業用IoTシステムは今後パブリッククラウドからハイブリッドクラウドに移行する傾向がある。データの保存量を増やし、デバイスレベルでの処理を可能にするためだという。

/tt/news/1902/01/news06.jpg
新人IT担当者でも分かるITトレンド

クラウドDWH(データウェアハウス)は今までのDWHと何が違うのか?

Googleの「BigQuery」やAWSの「Redshift」などの「クラウドDWH」が充実しつつある。クラウドDWHには、オンプレミスのDWHと比べてどのような特徴があるのだろうか。

1 月

/tt/news/1901/31/news01.jpg
ディープラーニングツール概説(後編)

ディープラーニング用周辺ツールの充実にも注目

TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークばかりが注目されるが、ディープラーニングを支援する周辺ツールにも注目したい。今後さらに多くのツールが誕生することだろう。

/tt/news/1901/31/news13.jpg
海外の有望Eコマース企業が実践

「BigQuery」「Tableau」を活用、予測分析でマーケティングを効率化

オンライン小売業のZulilyは、予測分析を強化するために「BigQuery」や「Tableau」を使用しており、それによりマーケティングの取り組みを効率化している。

/tt/news/1901/30/news10.jpg
2018年から2019年へ

自動運転、音声アシスタント他 あらためて知りたいAIの5大トレンド

2018年は人工知能(AI)の世界では大きな1年だった。本稿では、AI利用における5つの主要トレンドに目を向け、2019年のさらなる進化に向けた下地がどのように整えられたかを確認する。

/tt/news/1901/30/news09.jpg
SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」

SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は

SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。

/tt/news/1901/25/news09.jpg
音声、UX、クラウドなども動向も確認

2019年、CIOの要注目トレンドはEverything as Code(EaC)、そしてAI

最高情報責任者(CIO)は、顧客のため、従業員のため、会社のために、最上級のユーザーエクスペリエンスを提供すべくその役割を遂行しなければならない。

/tt/news/1901/25/news08.jpg
エンドユーザーはどんな基準で選んでいる?

セルフサービスBIのサブスクリプション料金モデルに変化が起きている

セルフサービスBIツールが広く利用されるに伴い、サブスクリプションの料金モデルにも変化が起きている。例えば、クラウドやグループのデータ使用状況、データの共有方法に応じた選択肢が登場している。

/tt/news/1901/24/news09.jpg
Gartnerのアナリストが予測

2019年、アナリティクスのトレンドは拡張分析に要注目

ビジネスインテリジェンス(BI)とアナリティクスのソフトウェアは2019年にますます進化してさらに簡単に使えるようになり、人工知能(AI)技術を活用した拡張分析が進歩しそうだ。

/tt/news/1901/24/news08.jpg
代表的製品を紹介

IT運用向け人工知能「AIOps」活用で仮想インフラの管理をスムーズに

仮想インフラはますます複雑になり、管理が難しくなってきている。「AIOps」を利用すれば、管理者はデータを手動で加工することなく有益な情報に変換できるようになる。

/tt/news/1901/24/news06.jpg
クラウドBIの導入効果は

ダイソーがクラウドBI「Amazon QuickSight」へ移行 “重い”BIはどう変わったのか

オンプレミスで運用するBIツールのデータ処理スピードが遅く、十分なデータを取り込むことができないという課題を抱えていた大創産業。解決のために、同社はBIツールのインフラをAWSへ移行した。

/tt/news/1901/23/news07.jpg
レガシーデータを自動で整理

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

/tt/news/1901/22/news04.jpg
CIOが驚くアイデア

IT部門 vs. ビジネス部門、機械学習チームはどこが統括する?

IT部門のサポートがなければ、機械学習を利用することはできない。だが、機械学習の射程はITよりも大きい。機械学習の実践者が「機械学習チームはどこが統括すべきか」について議論する。

/tt/news/1901/21/news05.jpg
AWSやMicrosoftの戦略から見えるもの

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

/tt/news/1901/17/news03.jpg
「採用はAIに任せる時代」は誇大広告か

「人事の自動化」6大トレンド 人事業務はbotやAIにどこまで置き換わるのか

価格の低下や技術の向上が後押しとなり、人事の業務に自動化技術を採用するシーンが増えている。ソフトウェアbotやチャットbotがどのように活用され、人事の働き方はどのように変化しているのか。

/tt/news/1901/16/news02.jpg
ディープラーニングツール概説(前編)

Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク

ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。

/tt/news/1901/16/news05.jpg
企業向けのトレンドを読む

AIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目

2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。

/tt/news/1901/15/news05.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは

「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。

/tt/news/1901/13/news01.jpg
サプライチェーンのさまざまな場面に適用

食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?

食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。

/tt/news/1901/10/news04.jpg
PyTorch 1.0とCaffe2で動作

Facebookがオープンソースの強化学習プラットフォーム「Horizon」を公開

FacebookがPyTorch 1.0やCaffe2で動く強化学習プラットフォームをオープンソースで公開した。Horizonを使うことで何ができるのか。その概要を紹介する。

/tt/news/1901/10/news07.jpg
事例の力で理解を促進

AIの本当のすごさ、3つのユースケースから学んだこと

Gartnerのエリック・ブレゼノー氏によると、ユースケースに関して話をするのは物語を語ることに似ており、企業にとってAIがいかに大切なものであるかを証明する上で鍵になり得るという。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。