過去記事一覧 (2019 年)

2 月

/tt/news/1902/15/news09.jpg
多くの専門家が「必要」と認める機能は?

データサイエンティストを楽にする ビッグデータ分析ツールの10大「必須機能」

ビッグデータ分析ツールを探しているなら、さまざまな機能がある中でも10個の機能に注目してほしい。特に、分析結果を埋め込む機能、他のアプリケーションとの連携機能、バージョン管理機能は確認しておきたいところだ。

/tt/news/1902/14/news06.jpg
落第しそうな生徒も特定

Qlik Senseを使った教育機関の予測分析は現場に何をもたらしたか

米バージニア州ラウドン郡の学区では、2018年にセルフサービスBIツール「Qlik Sense」を使った教育機関分析の試みを開始した。一人一人に合った教育を提供するための予測分析を、ラウドン郡はどう実現するのか。

/tt/news/1902/12/news01.jpg
Computer Weekly導入ガイド

リテールAIの導入、必須だが自分でやってはいけない

小売業者は何年も前から顧客情報を収集してきた。だが人工知能(AI)の普及により、この情報をもっと効率的に利用する機会が開ける。その課題とチャンスについて解説する。

/tt/news/1902/12/news05.jpg
技術動向を的確に読みとる

教育から始めるAI活用 CIOはどのように従業員と会社を導くべきか

AI技術の活用を一任されたCIOは、まずはAI分野で起きている最新の情報を知るよう努めるべきだ。そして、IT部門のスタッフにも情報収集に関して同様の習慣を身に付けさせる必要がある。

/tt/news/1902/12/news04.jpg
経験豊かなデータサイエンティストのお墨付き

「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」が愛用される理由

企業の取得データが急増している近年では、情報を全て把握するためにもデータサイエンスツールが欠かせない。本稿では「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」について、データサイエンティストが愛用する理由を聞いた。

/tt/news/1902/08/news12.jpg
ビッグデータ処理や機械学習、顔認識アプリケーションにも導入可能

グラフィックス処理だけではない GPUのコンピュータにおける役割とは?

グラフィックスを処理するために開発されたGPUだが、活躍の場はもはやゲーム業界だけではない。本稿ではGPUの能力が仮想化やデータセンターといった分野での利用に適している理由と、使用する際の注意点を解説する。

/tt/news/1902/08/news11.jpg
「データを無駄にしない」がテーマ

2019年のBI/アナリティクスのトレンドは、AI、グラフDB、マルチクラウド

BIとアナリティクスの主要なトレンドとして、機械学習、マルチクラウド、グラフデータベースの台頭が挙げられる。これらは企業にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/1902/08/news09.jpg
マルウェア検出や監視業務を高度化・効率化

AIを活用したセキュリティ対策 何に使える? 何が課題?

AI技術のセキュリティ分野における活用が進む一方で、求められる機能を実現するためには課題も残る。具体的な活用例や、課題解決に向けた取り組みの動向を紹介する。

/tt/news/1902/07/news04.jpg
テクニカルアーキテクトに聞く

Microsoftの人工知能(AI)はシステム管理者の仕事を変えるか

テクニカルアーキテクトのジェイソン・ウィン氏は、Microsoftが推進する人工知能(AI)開発により、データセンターの自律化は実現に向かって進み始めているという。

/tt/news/1902/05/news09.jpg
Amazon、Googleに対抗

Intel、AI用プロセッサ「NNP-I」を2019年に発売 画像認識や画像分類に力を発揮

Intelは新プロセッサ「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」を発表した。AI用のこのチップはFacebookとの共同開発で、画像認識や画像分類の分野で重要な機能を果たすという。

/tt/news/1902/05/news06.jpg
なりすましメールを判別

「文章の癖」を学ぶAIでビジネスメール詐欺(BEC)防止 トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、AI技術を使ったビジネスメール詐欺(BEC)対策技術「Writing Style DNA」を発表した。メール作成者の文章における癖を学習し、なりすましの疑いが強いメールを検出する。

/tt/news/1902/04/news05.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来

医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。

/tt/news/1902/01/news08.jpg
産業用IoTの浸透で変化が

産業用クラウドのトレンドはパブリックからハイブリッドへ

2018年7月発表のレポートによると、産業用IoTシステムは今後パブリッククラウドからハイブリッドクラウドに移行する傾向がある。データの保存量を増やし、デバイスレベルでの処理を可能にするためだという。

/tt/news/1902/01/news06.jpg
新人IT担当者でも分かるITトレンド

クラウドDWH(データウェアハウス)は今までのDWHと何が違うのか?

Googleの「BigQuery」やAWSの「Redshift」などの「クラウドDWH」が充実しつつある。クラウドDWHには、オンプレミスのDWHと比べてどのような特徴があるのだろうか。

1 月

/tt/news/1901/31/news01.jpg
ディープラーニングツール概説(後編)

ディープラーニング用周辺ツールの充実にも注目

TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークばかりが注目されるが、ディープラーニングを支援する周辺ツールにも注目したい。今後さらに多くのツールが誕生することだろう。

/tt/news/1901/31/news13.jpg
海外の有望Eコマース企業が実践

「BigQuery」「Tableau」を活用、予測分析でマーケティングを効率化

オンライン小売業のZulilyは、予測分析を強化するために「BigQuery」や「Tableau」を使用しており、それによりマーケティングの取り組みを効率化している。

/tt/news/1901/30/news10.jpg
2018年から2019年へ

自動運転、音声アシスタント他 あらためて知りたいAIの5大トレンド

2018年は人工知能(AI)の世界では大きな1年だった。本稿では、AI利用における5つの主要トレンドに目を向け、2019年のさらなる進化に向けた下地がどのように整えられたかを確認する。

/tt/news/1901/30/news09.jpg
SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」

SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は

SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。

/tt/news/1901/25/news09.jpg
音声、UX、クラウドなども動向も確認

2019年、CIOの要注目トレンドはEverything as Code(EaC)、そしてAI

最高情報責任者(CIO)は、顧客のため、従業員のため、会社のために、最上級のユーザーエクスペリエンスを提供すべくその役割を遂行しなければならない。

/tt/news/1901/25/news08.jpg
エンドユーザーはどんな基準で選んでいる?

セルフサービスBIのサブスクリプション料金モデルに変化が起きている

セルフサービスBIツールが広く利用されるに伴い、サブスクリプションの料金モデルにも変化が起きている。例えば、クラウドやグループのデータ使用状況、データの共有方法に応じた選択肢が登場している。

/tt/news/1901/24/news09.jpg
Gartnerのアナリストが予測

2019年、アナリティクスのトレンドは拡張分析に要注目

ビジネスインテリジェンス(BI)とアナリティクスのソフトウェアは2019年にますます進化してさらに簡単に使えるようになり、人工知能(AI)技術を活用した拡張分析が進歩しそうだ。

/tt/news/1901/24/news08.jpg
代表的製品を紹介

IT運用向け人工知能「AIOps」活用で仮想インフラの管理をスムーズに

仮想インフラはますます複雑になり、管理が難しくなってきている。「AIOps」を利用すれば、管理者はデータを手動で加工することなく有益な情報に変換できるようになる。

/tt/news/1901/24/news06.jpg
クラウドBIの導入効果は

ダイソーがクラウドBI「Amazon QuickSight」へ移行 “重い”BIはどう変わったのか

オンプレミスで運用するBIツールのデータ処理スピードが遅く、十分なデータを取り込むことができないという課題を抱えていた大創産業。解決のために、同社はBIツールのインフラをAWSへ移行した。

/tt/news/1901/23/news07.jpg
レガシーデータを自動で整理

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

/tt/news/1901/22/news04.jpg
CIOが驚くアイデア

IT部門 vs. ビジネス部門、機械学習チームはどこが統括する?

IT部門のサポートがなければ、機械学習を利用することはできない。だが、機械学習の射程はITよりも大きい。機械学習の実践者が「機械学習チームはどこが統括すべきか」について議論する。

/tt/news/1901/21/news05.jpg
AWSやMicrosoftの戦略から見えるもの

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

/tt/news/1901/17/news03.jpg
「採用はAIに任せる時代」は誇大広告か

「人事の自動化」6大トレンド 人事業務はbotやAIにどこまで置き換わるのか

価格の低下や技術の向上が後押しとなり、人事の業務に自動化技術を採用するシーンが増えている。ソフトウェアbotやチャットbotがどのように活用され、人事の働き方はどのように変化しているのか。

/tt/news/1901/16/news02.jpg
ディープラーニングツール概説(前編)

Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク

ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。

/tt/news/1901/16/news05.jpg
企業向けのトレンドを読む

AIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目

2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。

/tt/news/1901/15/news05.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは

「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。

/tt/news/1901/13/news01.jpg
サプライチェーンのさまざまな場面に適用

食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?

食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。

/tt/news/1901/10/news04.jpg
PyTorch 1.0とCaffe2で動作

Facebookがオープンソースの強化学習プラットフォーム「Horizon」を公開

FacebookがPyTorch 1.0やCaffe2で動く強化学習プラットフォームをオープンソースで公開した。Horizonを使うことで何ができるのか。その概要を紹介する。

/tt/news/1901/10/news07.jpg
事例の力で理解を促進

AIの本当のすごさ、3つのユースケースから学んだこと

Gartnerのエリック・ブレゼノー氏によると、ユースケースに関して話をするのは物語を語ることに似ており、企業にとってAIがいかに大切なものであるかを証明する上で鍵になり得るという。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

news149.jpg

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

news123.jpg

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。