上司が嫌な予感のする「AI導入」 半数が抱える「あるある」の悩みとは?AIへの投資を急ぐ一方で

意思決定者の3分の2以上が「AI技術は組織変革の推進力になる」と考え、AI技術への投資を急いでいる。その一方、部下や自身の仕事について懸念があるようだ。

2024年03月23日 09時00分 公開
[Steve RangerTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | 人事 | スキル


 人工知能(AI)技術を好意的に捉える従業員がいる一方、管理職は部下や自身の仕事について懸念を抱いている。人事向けソフトウェアベンダーOrgvueが1000人の経営幹部・意思決定者を対象に実施した調査「Human-first, machine enhanced:the role of AI in workforce transformation」によると、彼らはAI技術への投資を急ぐ一方、幾つかの懸念を抱えていることが浮き彫りになった。管理職はAI技術の導入に際して、何を恐れているのか。

半数が抱える「ある懸念」

 Orgvueが2024年3月に発表した調査レポートによると、経営幹部・意思決定者の82%が、2023年に生成AI、機械学習、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)、その他のAI技術に投資した。経営幹部・意思決定者の3分の2以上は「AI技術が今後3年間、組織変革の主な推進力になる」と期待を寄せる。一方、AI技術を導入する際の障壁として、専門知識や規則の欠如を挙げている。

 調査に応じた経営幹部・意思決定者の93%が「従業員をAI技術に順応させるのは難しい」と考えていたのは驚くべきことではない。50%は「AI技術が従業員にどのような影響を与えるのかが不明」、48%は「AI技術をどのように管理すればよいか分からない」と回答。70%は「AI技術導入に伴う余剰人員の解雇から、従業員を守る責任がある」と答えた。

 こうした疑念があるものの、依然としてAI技術への投資は増える見通しだ。33%の組織が2025年には投資額を50%以上増やす計画を立てており、69%の組織が2025年までに中核業務にAI技術を導入すると答えている。

 一方、組織の51%が従業員に生成AIの使用許可を与えているが、その使用方法について明確な方針を定めている組織は37%にすぎない。

 経営幹部・意思決定者は、世代の違いでAI技術をどの程度使いこなせるかどうかに差が出ると考えている。アルファ世代(2010年〜2024年に生まれた世代)とZ世代(1995年〜2009年に生まれた世代)には「AI技術を活用する準備ができている」という評価が集まった。一方ベビーブーム世代(1946年〜1964年に生まれた世代)とX世代(1965年〜1979年に生まれた世代)は「AI技術を活用する準備ができていない」という評価だ。組織の4分の3は、こうした世代のAI技術活用を支援するためにトレーニングプログラムやツールを導入する計画だ。併せて半数以上は、若年層の採用を優先するとしている。

 OrgvueのCEOであるオリバー・ショー氏は「経営幹部・意思決定者は、組織内でAI技術が影響を及ぼす範囲を特定し、AI技術をどのように管理するかを定める必要がある」と指摘する。「われわれは、まだAI技術の黎明(れいめい)期にいる。AI技術がどのような範囲に影響を及ぼすかを予測し、従業員の再教育に努め、倫理的なAI技術の使用を促す必要がある」(ショー氏)

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...