2022年08月05日 05時00分 公開
特集/連載

あの企業も「AI人材」獲得に動く スウェーデン流“AIスキルの見つけ方”AI人材不足の問題を考える【前編】

AI技術のスキルを持つ人材の需要は高まる一方、スキルを持った人材の供給が追い付いていない問題がある。スウェーデンのAI専門機関は、この課題にどう立ち向かうのか。

[Pat Brans,TechTarget]

関連キーワード

ビッグデータ | データ | 教育 | 教育IT | 経営


 スウェーデン政府が出資するAI(人工知能)専門機関AI Swedenは、スウェーデンにおけるAI技術の利用促進をミッションとして活動している。同機関はグローバル企業やスウェーデンの主要産業、学会や公共部門など、さまざまなパートナー組織と連携している。同機関にとっての大きな挑戦は、国内のAI市場やパートナー組織向けの人材確保だ。

AI Swedenは「AI人材不足」問題にどう立ち向かうのか

 パートナー組織におけるAI人材の採用戦略策定を支援することがAI Swedenが担う役割の一つだ。同機関で人材プログラムの責任者を務めるニクラス・フォック氏によると、AI人材を探しているにもかかわらず、そのニーズを満たすための戦略を持っていない組織が見受けられるという。

 AI Swedenの人材プログラムには、AI技術のスキルを備えた人材が国内外から集まる。プログラムの参加者はプログラム受講中にパートナー組織と連携してタスクに取り組み、パートナー組織はプログラム終了時、採用したい人材にオファーを出せる。

 プログラムの一つが、グローバル人材の育成を目的とした「Eye for AI」だ。同プログラムには以下のような企業や病院もパートナー組織として参加している。

  • 自動車メーカーVolvo Carsの子会社で、自動運転技術のソフトウェア開発企業Zenseact
  • AI技術の薬学への応用を研究する製薬会社AstraZeneca
  • スウェーデンの都市ヨーテボリにあるサルグレンスカ大学病院(Sahlgrenska Universitetssjukhuset)

 これらの組織は同プログラムに参加することで、AI人材確保の機会を得ているという。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...