2018年08月16日 05時00分 公開
特集/連載

AI搭載の協働ロボット(Cobot)がいれば「理想の職場」になるのか? 夢と現実を探る人とロボットが同じ空間で働く未来

ロボットに人工知能(AI)を搭載することで、人間とロボットが同じ空間で安全に働けるようになり、人間の労働はもっと効率的になるかもしれない。しかし、課題は残る。

[Kathleen Walch,TechTarget]

 物理的なロボットは数十年前から私たちの周りに存在する。作業を行う物理的なロボットはその年月の大半において同様に作業する人間や監督者から遠ざけられてきた。なぜなら、物理的なロボットは人間と並んで仕事をするには危険すぎるからだ。

 その後、1990年代半ばには、「Cobot」という略称で知られる協働ロボット(collaborative robot)が利用され始めた。Cobotは、人間と至近距離で作業するように意図的に設計された物理的なロボットと定義されている。Cobotは、組み立てラインから倉庫、病院あるいはオフィス内を巡回してさまざまな作業の手助けをするなど幅広い環境で作業できる。

幅広い作業に取り組むCobot

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...