2018年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon、Baidu、Clouderaなど紹介人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(前編) (1/2)

人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。

[Bob Violino,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 企業が人工知能(AI)インフラを構築しようとする場合、選択肢はたくさんある。多くのITベンダーが、幅広い分野で多種多様な製品やサービスを提供しているからだ。企業がAIアプリケーションを支えるITインフラを構築し、維持するのに役立つ。

 本稿では、企業が効果的なAIインフラを構築し、AIを活用して最大の価値を生み出すには、どのような製品が必要かを素早く大まかに把握できるように、主要なベンダーとその製品の概要をまとめた(前編では11社の製品を紹介する)。

 AIインフラ市場に関する幅広い調査を踏まえ、市場をリードする先進的なベンダーと、歴史のある有力ベンダーの両方に焦点を当てた。参考にした調査データには、TechTargetの調査結果に加え、Gartnerなど、定評のある調査会社のレポートのデータを含む。

 なお、本稿ではGoogleを取り上げていないが、これは同社の機械学習アクセラレータ「Cloud TPU(Tensor Processing Unit)」が、本稿執筆時点でまだβ版だからだ。

Amazon

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。