2018年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon、Baidu、Clouderaなど紹介人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(前編) (1/2)

人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。

[Bob Violino,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 企業が人工知能(AI)インフラを構築しようとする場合、選択肢はたくさんある。多くのITベンダーが、幅広い分野で多種多様な製品やサービスを提供しているからだ。企業がAIアプリケーションを支えるITインフラを構築し、維持するのに役立つ。

 本稿では、企業が効果的なAIインフラを構築し、AIを活用して最大の価値を生み出すには、どのような製品が必要かを素早く大まかに把握できるように、主要なベンダーとその製品の概要をまとめた(前編では11社の製品を紹介する)。

 AIインフラ市場に関する幅広い調査を踏まえ、市場をリードする先進的なベンダーと、歴史のある有力ベンダーの両方に焦点を当てた。参考にした調査データには、TechTargetの調査結果に加え、Gartnerなど、定評のある調査会社のレポートのデータを含む。

 なお、本稿ではGoogleを取り上げていないが、これは同社の機械学習アクセラレータ「Cloud TPU(Tensor Processing Unit)」が、本稿執筆時点でまだβ版だからだ。

Amazon

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...