2017年07月11日 05時00分 公開
特集/連載

人工知能(AI)のある職場で人のやる気はどう変わるか?ベストセラー作家の予言

機械学習やデータ分析は増加の一途をたどっている。その結果、コンピュータに仕事を奪われることを恐れている従業員もいる。だが、その心配はない。

[Ramin Edmond,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 機械学習は企業で人間が担ってきた役割を変えるだけだ。ジャーナリストでベストセラー作家でもあるマルコム・グラッドウェル氏(注)は、2017年5月23〜25日に米オーランドで開催された「Citrix Synergy 2017」の基調講演でそう語った。

『天才! 成功する人々の法則』(講談社、2009年)など、グラッドウェル氏の著作は日本でも広く読まれている《クリックで拡大》

 かつて、専門家の仕事はパズルを解くかのようにデータと情報を収集することだった。だが、その仕事は職場に導入されているデータ分析と人工知能(AI)によって変化している。今日の従業員は外へ出て情報を集めるパズルの解読者ではなく、機械が収集する複雑な情報を読み解かなくてはならないミステリーの解決者だと、グラッドウェル氏は述べている。

 「現在、専門家に期待するのは、意思決定のチェーンにおいて機械では到底及ばない決定的な部分を担うことだ」(グラッドウェル氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...