高級自動車メーカーBMWが「Kafka」で製造ラインの安定性を向上 その方法とは?製造業を支える「Kafka」活用法【前編】

BMWは、連続的に発生し続けるデータを処理するミドルウェア「Kafka」を自動車製造に役立てているという。どのように活用しているのか。同社責任者の話を基にコンパクトに紹介する。

2021年07月14日 05時00分 公開
[Sean Michael KernerTechTarget]

関連キーワード

Apache | アプリケーション開発 | データ


 オープンソースのメッセージキュー/ストリーム(連続的に発生し続けるデータ)処理ミドルウェア「Apache Kafka」(以下、Kafka)は、製造業のさまざまな現場で活用されている。自動車メーカーをはじめ、製造業の企業はKafkaを使ってリアルタイムでデータを処理・分析し、競争力の向上につなげようとしている。

 Kafkaのマネージドサービスを手掛けるConfluentが、2021年5月にオンラインで開催した開発者向けイベント「Kafka Summit Europe」では、複数の大企業がKafkaの活用事例を語った。その幾つかを紹介しよう。

BMW車の品質は「Kafka」が守っていた

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...