高級自動車メーカーBMWが「Kafka」で製造ラインの安定性を向上 その方法とは?製造業を支える「Kafka」活用法【前編】

BMWは、連続的に発生し続けるデータを処理するミドルウェア「Kafka」を自動車製造に役立てているという。どのように活用しているのか。同社責任者の話を基にコンパクトに紹介する。

2021年07月14日 05時00分 公開
[Sean Michael KernerTechTarget]

関連キーワード

Apache | アプリケーション開発 | データ


 オープンソースのメッセージキュー/ストリーム(連続的に発生し続けるデータ)処理ミドルウェア「Apache Kafka」(以下、Kafka)は、製造業のさまざまな現場で活用されている。自動車メーカーをはじめ、製造業の企業はKafkaを使ってリアルタイムでデータを処理・分析し、競争力の向上につなげようとしている。

 Kafkaのマネージドサービスを手掛けるConfluentが、2021年5月にオンラインで開催した開発者向けイベント「Kafka Summit Europe」では、複数の大企業がKafkaの活用事例を語った。その幾つかを紹介しよう。

BMW車の品質は「Kafka」が守っていた

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。