2021年07月14日 05時00分 公開
特集/連載

高級自動車メーカーBMWが「Kafka」で製造ラインの安定性を向上 その方法とは?製造業を支える「Kafka」活用法【前編】

BMWは、連続的に発生し続けるデータを処理するミドルウェア「Kafka」を自動車製造に役立てているという。どのように活用しているのか。同社責任者の話を基にコンパクトに紹介する。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

Apache | アプリケーション開発 | データ


 オープンソースのメッセージキュー/ストリーム(連続的に発生し続けるデータ)処理ミドルウェア「Apache Kafka」(以下、Kafka)は、製造業のさまざまな現場で活用されている。自動車メーカーをはじめ、製造業の企業はKafkaを使ってリアルタイムでデータを処理・分析し、競争力の向上につなげようとしている。

 Kafkaのマネージドサービスを手掛けるConfluentが、2021年5月にオンラインで開催した開発者向けイベント「Kafka Summit Europe」では、複数の大企業がKafkaの活用事例を語った。その幾つかを紹介しよう。

BMW車の品質は「Kafka」が守っていた

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...