学校の「無線LAN」「ブロードバンド」整備に乗り出す英国の狙いとは?全国ブロードバンド化を進める英国の構想【前編】

英国政府は旧式の通信インフラを利用する農村部の学校に、高速で信頼性の高いインターネット回線を提供する取り組みを始めている。単に「ブロードバンド化」するだけでは終わらない、その取り組みの狙いは。

2022年08月08日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英国の農村部はブロードバンド(広帯域幅のデータ伝送)化が進まず、そうした地域の学校はいまだに銅線の電話回線をインターネット接続に利用している。2022年7月、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)と教育省は、学校のインターネット接続を改善するため、合計で8200万ポンド(約133億万円)の出資を発表した。2025年までに最大3000校、約50万人の小学生がギガビット級ブロードバンドを活用して授業を受けられるようにする。英国はなぜこの取り組みに力を入れるのか。

「ブロードバンド化」だけでは終わらない英国の狙いとは

 ギガビット級ブロードバンドを使うことで、学校で複数のクラスが同時にインターネットを使用しても接続は途切れにくくなる。DCMSは「GigaHubs」というプログラムを通して、最大2000校の学校にブロードバンド化のための出資をする。このプログラムは、英国政府による通信インフラ整備の取り組み「Project Gigabit」の一環だ。GigaHubsは村落部における学校の他、病院や図書館などを含む最大7000カ所の公共施設を対象としている。

 教育省は最大1000校にブロードバンド化のための資金を提供する。その他、ブロードバンド化の利点を最大限引き出すべく、学校の無線LANネットワーク刷新を支援する試験的プロジェクト「Connect the Classroom」に3000万ポンド(約49億万円)を出資する。

 Connect the Classroomで目指すのは、学校が利用する技術の強化だ。生徒は高速無線LANとクラウドサービスを利用し、ビデオ通話で世界中の国の生徒や専門家とつながることが可能となる。英国政府は同プロジェクトへの出資を、「Priority Education Investment Area」(教育による成果が向上しておらず、サポートの対象となる英国の24地域)において進めている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...