CSU Stanislausは「プライベート5G」をどう活用したか【後編】
大学IT幹部が驚いた「プライベート5G」の“予想外のメリット”とは
CSU Stanislausは、新たなネットワークインフラとして「プライベートLTE」および「プライベート5G」を導入した。同校のIT幹部が「当初の期待を上回った」と語る、プライベートLTE/5Gのメリットとは何か。(2022/3/14)

CSU Stanislausは「プライベート5G」をどう活用したか【前編】
大学が「屋外無線LAN」ではなく「プライベート5G」を選んだ納得の理由
キャンパスの屋外におけるネットワーク利用ニーズに応えるため、CSU Stanislausは屋外に無線LANアクセスポイントを設置するのではなく、「プライベートLTE」および「プライベート5G」を構築した。その理由とは。(2022/3/7)

「あれば助かる」から「必要不可欠」へ
“楽しめない遠隔医療”は駄目? コロナ禍後は「デジタル体験」が鍵に
調査によれば、コロナ禍を期に半数近くが遠隔医療サービスを利用し、過半数は遠隔医療の利用を増やす意向を示す。専門家は、今後の遠隔医療は「デジタル体験の質」にも配慮する必要があると考えている。その意味は。(2022/2/14)

テレワークには「高速通信」が基本【後編】
「5G」と「FTTH」の重要性にやっと気付いたあの国 “在宅勤務の課題”は世界共通
パンデミックでテレワークへの転換が一気に進んだ。これに並行して変わりつつあるのが通信サービス分野だ。「5G」や「FTTH」などブロードバンドの利用状況について、英国を参考に見てみよう。(2022/2/7)

英国が取り組む教育機関のブロードバンド戦略【後編】
学校回線ギガビット化だけじゃない、英国「ネットワーク投資300億円超」の中身
英国政府は教育機関などの公共施設を対象に、高速回線を英国全土に拡大させるインフラ戦略を推進している。政府が2億ポンド以上を費やして進める取り組みの内容とは。(2022/2/4)

テレワークには「高速通信」が基本【前編】
「遅い割高通信」と「高速なFTTH」の格差が広がる先進国の事情
テレワークでは快適な速度の通信サービスを利用できるかどうかが重要だ。英国ではパンデミックが広がる中で、2021年にFTTPの利用が急速に拡大した。具体的にどのような変化があったのか。(2022/1/31)

英国が取り組む教育機関のブロードバンド戦略【前編】
「ギガビット回線」は学校をどう変えたのか? 英国が1000校以上に回線整備
1000校以上の教育機関を対象に、1Gbps以上の高速回線を整備する英国政府。高速データ通信の手段を手にした教育機関では、どのような変化が起きているのか。(2022/1/28)

携帯電話市場は新時代に突入【後編】
「5G」「4G」を抜いて主流になる「Massive IoT」とは?
IoT分野では「3G」や「2G」を抜いて「5G」「4G」のブロードバンドが広がっている。Ericssonのレポートによれば、それに加えて今後は「Massive IoT」の利用も広がる。(2022/1/27)

ブロードバンドに賭ける英国の試み【後編】
「水道管で高速通信」を狙う英国の発想に“足りないもの”とは?
英国政府はコストを抑制して高速通信を普及させるために、水道と通信のインフラを併用する計画を打ち出している。これは賢い選択と言えるのだろうか。(2021/12/27)

300Mbps以上で物件価値は75万円アップ?
部屋数でも、築年数でもなく「ネットの速さ」が家選びの新基準に
Omdiaの調査によると、英国では住宅選びの最優先条件ランキングで「高速インターネット接続」が2位になった。部屋数より高速通信を重視する動きの背景には何があるのか。(2021/12/16)

ブロードバンドに賭ける英国の試み【前編】
「遅いネット通信」「水漏れ」の2大欠陥に悩む英国の“苦渋の決断”
英国は高速通信を国内に行き渡らせるために、水道管を使って光ファイバーを敷設することを計画している。一見変わったこの計画を打ち出した英国が抱える事情とは。(2021/12/15)

衛星市場は“軌道に乗る”か
宇宙技術「NGSO衛星」とは? SpaceXも注力する衛星通信の“主役”
コロナ禍で落ち込んでいた衛星関連市場が回復し、2030年には200億ドル規模になることが予測されている。この市場を動かしているのは何か。(2021/11/25)

光ファイバーで「スマート酪農」に挑むYeo Valley【後編】
「スマート酪農」で乳製品をよりおいしく  乳製品メーカーの高速ネット活用法
英国の乳製品メーカーYeo Valleyは、新しく構築した高速ネットワークを業務効率化だけでなく、さまざまなビジネスに生かそうとしている。どのように活用するのか。(2021/10/20)

光ファイバーで「スマート酪農」に挑むYeo Valley【前編】
乳製品メーカーは今なぜ「銅線」から「光ファイバー」に切り替えたのか?
英国の乳製品メーカーYeo Valleyは光ファイバーによるネットワークを導入し、高速通信ができるインフラを築いた。これまで銅線の電話回線を使っていた同社が、ネットワークの置き換えを決めた背景は。(2021/10/13)

「インターネットが重い」を解決する切り札
おうち時間ブームだけではない 「ブロードバンド」の成長が続く“当然の理由”
自宅で仕事をしたり、インターネットサービスを楽しんだりする“新常態”が、ブロードバンドの需要を押し上げている。専門家は、この成長は一時的なものではないと主張する。それはなぜなのか。(2021/9/16)

宇宙から地球へ 高速通信の切り札
破綻から復活した衛星通信会社OneWeb 世界の有力企業が出資する“納得の理由”
衛星を使い、高速な通信サービスを開発するOneWebは韓国のITベンダーから3億ドルを調達する他、カナダの通信事業者と覚書を結んだ。経営破綻から立ち直ったOneWebが目指すのは何か。最近の動きを追った。(2021/9/15)

「LTE」から「5G」にアップグレード
ナローバンド「NB-IoT」とブロードバンド「5G」の違い 融合による相乗効果は
LPWAの一種である「NB-IoT」は、将来的に「5G」のネットワークとの融合が進む可能性がある。NB-IoTや5Gの基本と併せて、両社が融合したネットワークについて紹介する。(2021/7/20)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

ネットワーク用語を正しく理解する
「ブロードバンドとWi-Fiは同じ」は誤解 両者の違いは
ネットワーク用語の「ブロードバンド」と「Wi-Fi」が指すものは全く違うが、両者を同じものとして理解している人もいる。そもそも両者はどう違うのか。両者を混同している人に、違いを正しく教えるには。(2021/5/28)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第1回】
「SD-WAN」の基本の基 WAN仮想化の全体像をざっくりとつかむ
テレワークの導入、クラウドサービスの利用拡大、IoTのような新たなアプリケーションの構築など、ネットワークの変更や調達が必要になる要素が多くなってきた。こうした中で「SD-WAN」が役立つ理由とは何か。(2021/6/2)

無線LANと無線MANの重要用語
いまさら聞けない「Wi-Fi」と「WiMAX」の基礎 何が違うのか?
無線ネットワークの代表的な用語である「Wi-Fi」と「WiMAX」。それぞれの用語が指す意味とは何なのか。両者の違いとは。基本的な事項をおさらいし、両者を比較する。(2021/5/23)

「5G」導入ガイド【後編】
「5G」は本当にいま必要なのか? セキュリティやコストの落とし穴も
「5G」の本格的な普及時期はいつになるのか。通信事業者やベンダーのメッセージに流されずに、5Gの適切な導入時期を見極めるためのポイントを紹介する。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
レガシーSD-WANに現代ニーズとの明らかなギャップ、次世代化の基準は何?
COVID-19の流行拡大によりSD-WANへの関心の高まりに一層拍車が掛かることとなった。ただ、SD-WAN自体は利用され始めて10年近くが経過しており、現在のニーズとのギャップも生じている。その解消につながる次世代SD-WANの要件とは何か。(2021/4/19)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【後編】
無線LANは徐々に使われなくなる? 「Wi-Fi 6」の普及に水を差すものとは
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)が登場したことで、今後も無線LANの利用が広がるかと問われれば、実はそうとは言い切れない。無線LANに影を落とす要因とは。(2021/3/26)

プライベートネットワークとしての「5G」【後編】
「プライベート5G」「ローカル5G」の落とし穴 “超高速”は単なる理論値?
「5G」のプライベートネットワークは、過去のネットワーク技術をしのぐ性能を発揮できる可能性がある。ただし、その利点を引き出す工夫をしなければ期待外れに終わってしまう。どのような工夫が必要なのか。(2021/3/16)

企業こそ注目すべき「5G」【後編】
ローカル5GにFWA――「5G」の企業向け4大用途とは?
企業が「5G」に注目すべき背景には、5Gが実現するさまざまな用途がある。主要な4つの用途を説明する。(2020/9/10)

VMware 提供ホワイトペーパー
企業WANの課題を解決、俊敏性とパフォーマンスを高める「SD-WAN」の実力とは?
高額なリース回線(MPLS専用線)やブロードバンドインターネット、LTE接続が混在し、複雑化した企業WAN。その俊敏性とパフォーマンスの向上は極めて困難なタスクといえる。そこで課題解決の鍵となるのがSD-WANソリューションだ。(2020/9/18)

医療ITに革新をもたらす5G【前編】
医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由
医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。(2020/6/8)

Wi-Fiでも5Gでもない選択肢
Li-Fiによる広域&屋内ワイヤレスブロードバンドの実現
英グレインセイ島は、老朽化した有線回線の代わりに光無線技術「Li-Fi」によるワイヤレスブロードバンドサービスを導入した。屋内だけでなく「ラストワンマイル」の接続にも利用している点に注目だ。(2019/10/15)

「ローカル5G」を解剖する【後編】
「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?
「5G」を自営のネットワークとして運用するのが「ローカル5G」だ。これによって何が実現できるのかを知るには、ローカル5Gが利用する周波数帯の特性や、提供する事業者による違いを理解する必要がある。(2019/9/27)

「5G」を理解する13大用語【前編】
「5G」を根本から理解するためのキーワード「5G NR」「FWA」「LTE」とは
「5G」を理解するには、誇張された宣伝文句に惑わされるのではなく、5Gを実現する要素を網羅的に知ることが大事だ。5Gの理解に欠かせない基本的なキーワードを紹介する。(2019/9/23)

人類はこれを解決できるのか
成功しつつある2つのAIプロジェクトに共通する悩み
複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。(2019/8/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
5Gとは結局、何なのか 知っておきたい基本の「き」
5Gは4Gでは難しかった試みが実現する可能性がある一方で、考慮すべき課題もある。適切な評価のために、まずは5Gの可能性と限界を正しく理解しよう。(2019/6/18)

理由と対処法を整理
DDoS攻撃はなぜ秋に急増するのか? “ゲーマー学生”原因説も
分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は秋に急増する傾向があるという。なぜこのような現象が起きるのだろうか。DDoS攻撃の対処法と併せて考える。(2019/5/24)

「2024年ISDNデータ通信終了とEDI移行」まる分かりガイド【第2回】
インターネットEDIへの移行は2023年までに完了しないと困る“切実な理由”
2024年1月にISDNのデータ通信が終了するタイミングよりも前に、EDIの通信サービスとシステムの切り替えを終わらせておかないと、どのようなリスクがあるのか。まず確認すべきことは何か。(2019/5/14)

5G通信の初期展開を予想する
「5G」と「4G」を比較 速さだけではない3つの違いとは
通信事業者は、5Gの初期展開に慎重な動きを見せる可能性がある。だが5Gには4G以前と決定的に違う要素が3つあるため、優れた投資対象になると専門家は予測する。(2019/4/8)

FTTNがブロードバンドを変える
5GやIoTはフェイルファーストで爆発的に普及?
2019年、通信事業者は難しい選択を迫られる。ソフトウェア開発で一般的なフェイルファースト(早めに失敗)のモデルを検討しつつOTT(Over The Top)プロバイダーと競争し、5GとIoT関連の収益を伸ばさなければならない。(2019/2/21)

ビジネスシーンでの活用は?
5G必須の用途はどれだけあるのか? 実証実験から見えてきた可能性
技術面での期待値が高い5Gだが、具体的に何ができるようになるのかは、一般的にあまり知られていない。5Gならではの応用事例や、ビジネスシーンで活用する可能性などについて紹介する。(2019/2/19)

ケガをしたときに役立つアイデアも紹介
旅行や出張で大活躍しそうなモバイル活用テクニック
IT、なかでもスマートモバイル関連技術の進歩を特に実感するのが、旅行や出張の時と、ケガをした時だろう。本稿では、筆者自身の経験から気付いた便利なテクニックを紹介する。(2019/1/12)

約半分が5Gをよく知らない
調査で分かった「5G」への期待値 料金、速度、安定性、ユーザーが望んでいるのは?
PwCが「5G」に関する調査を実施した。5Gのサービスプロバイダーが、消費者に現状の通信サービス以上の利用料金支払いを求めるならば、5Gならではのサービスの提供が必須なようだ。(2018/11/26)

サービス事業者が5Gを提供するB2B2Xモデル
5Gで何が変わるのか? 「品質保証」だからできるIoT時代のサービス
2020年に実用化を目指す「5G」。これまでの移動通信ネットワークとの違いはどこにあるのか、国内の課題と用途を想定して考える。(2018/10/17)

注目は「ネットワークスライシング」機能
無線技術「5G」とは何か? 先行準備企業が語る「これまでとの革命的な違い」
5Gは、超高速ネットワークと大容量通信の実現を約束する新しい通信技術だ。低レイテンシとスループットの向上を必要とする事業は、このテクノロジーのメリットを真っ先に体感できるだろう。(2018/3/20)

AMI(高度メーターインフラ)を活用
スマートグリッド実現の鍵は無線通信、「IEEE 802.11s」が示す可能性
送電網のスマートグリッド化を実現するにはネットワークが鍵となる。注目されるのが、IEEE 802.11sを活用したワイヤレスメッシュネットワークだ。(2018/2/6)

超高速ネットワークの挫折と復活【第3回】
超高速ネットワークが越えられない「400Gbpsの壁」
普及まで長い道のりを経た“10Gbps級”ネットワーク。時代は既に、より高速な規格を求めていた。(2017/12/28)

使いやすさとセキュリティを両立
モバイル時代のネットワーク構築、まず何から手を付ける?
モバイルワーカーの増加により、企業はインフラの見直しと、モバイルネットワークの設計時の検討事項に新しい機能を追加せざるを得ない。(2017/10/27)

超高速ネットワークの挫折と復活【第2回】
25G/40GBASE-Tの普及を阻む「大きすぎる消費電力」
期待は大きいのに普及が遅れている“10Gbps級”ネットワークの問題克服への挑戦を記したこの物語。ようやく問題解決の道筋が見えてくる……はずだったが。(2017/8/23)

コスト削減は保証されない
多くの企業が誤解しているSoftware Defined WANの正しい導入法
Software Defined WAN(SD-WAN)に魅力を感じ、導入を検討する企業が増えている。だが、ほとんどの企業は誤解し、幻想に基づいて判断している。その幻想をぶち壊す。(2017/8/4)

超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】
10Gbps通信の普及を阻んだ「高過ぎるエラー率」問題
ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。(2017/7/6)

IoTを守る最も有力な技術となる可能性も
徹底ガイド:VPNの4世代で振り返るリモートアクセス技術の進化と将来への期待
インターネット接続の進化と利用場面の拡大によって、VPNに求める役割は単なる2地点間を結ぶ接続から、IoT主要インフラへのセキュリティ貢献に広がりつつある。(2017/5/25)