大学IT幹部が驚いた「プライベート5G」の“予想外のメリット”とはCSU Stanislausは「プライベート5G」をどう活用したか【後編】

CSU Stanislausは、新たなネットワークインフラとして「プライベートLTE」および「プライベート5G」を導入した。同校のIT幹部が「当初の期待を上回った」と語る、プライベートLTE/5Gのメリットとは何か。

2022年03月14日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | ネットワーク


 前編「大学が『屋外無線LAN』ではなく「プライベート5G」を選んだ納得の理由」は、California State University Stanislaus(CSU Stanislaus:カリフォルニア州立大学スタニスロース校)が、「LTE」(Long Term Evolution)および「5G」(第5世代移動通信システム)のプライベートネットワークである「プライベートLTE」「プライベート5G」を構築した経緯を解説した。同校のプライベートLTEおよびプライベート5Gは、米国政府が民間に開放した3.5GHzの周波数帯「CBRS」(市民ブロードバンド無線サービス:Citizens Broadband Radio Services)を利用している。

 後編は、プライベートLTE/5Gを導入した結果、CSU Stanislausが得たメリットと今後の展望を紹介する。

IT幹部も予想外 「プライベートLTE/5G」の“あのメリット”

 CSU Stanislausで最高情報責任者(CIO)代理を務めるジェフ・チルロ氏によると、プライベートLTE/5Gは、構築段階で当初の期待を上回った。構築プロジェクトを開始した当初チルロ氏は、プライベートLTE/5Gの運用や既存ネットワークとの接続には数週間かかると想定していた。だが「その予想は間違っていた」と同氏は話す。

 チルロ氏率いるIT部門は、プライベートLTE/5Gの基地局(Celona製)が数日や数週間ではなく、わずか数時間で設置できることを知って驚いた。プライベートLTE/5GとCSU Stanislausの既存ネットワークとの接続も比較的簡単にできたという。プライベートLTE/5Gは「十分な帯域幅と、有線LANに引けを取らない低さのレイテンシ(遅延)をもたらした」と同氏は語る。

プライベートLTE/5Gを今後どう活用するか

 CSU StanislausのIT部門はプライベートLTE/5Gによって、学生や教職員が持つ屋外での無線ネットワーク活用ニーズを満たすことに成功した。IT部門は今後、プライベートLTE/5Gを活用したIoT(モノのインターネット)センサー、監視用ネットワークカメラなどを設置する。

 チルロ氏は、プライベートLTE/5Gが教職員の教育能力向上に寄与すると期待している。CSU Stanislausは、プライベートLTE/5Gを無線LANのバックホール(通信網を中継するネットワーク)として使用した。これはプライベートLTE/5Gの有力な用途だ。構築の容易さや通信の信頼性、受信域の広さは、プライベートLTE/5Gが無線LANを代替・補完する手段になり得る強みだと言える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...