「5G」と「無線LAN」のニッチ分野比較 “使い捨て”が得意なのは?5Gが無線LANに対抗する分野【後編】

同じような用途に「5G」と「無線LAN」を使うことができるので、2つは競合する技術としてくくられることがある。ただしより細かく見れば違いが出る。判断のポイントは。

2022年03月01日 05時00分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | 無線LAN


 「5G」(第5世代移動通信システム)と「無線LAN」は、高速なデータ伝送などの特徴が似ている。ただし用途によってどう役立つかは異なる。前編「無線LANが役立たずのときに『5G』を使うべし その役割は限定的」は5Gが有利である分野、中編「無線LANではなく『エリア限定5G』を使うべき納得の用途」はどちらを使うべきか判断が難しい分野を紹介した。

 既設の通信方法が何もない場所で、急に通信が必要になることがある。その場合は5Gと無線LANのどちらが適するのか。例えば野外フェスティバルや、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査会場などだ。

臨時会場に高速通信を用意するには?

 臨時会場はすぐに通信可能な設備を必要とするものの、その会場を閉じた後は一切通信を必要としない。そのためだけに時間とコストをかけてインターネット回線を敷設するのは、効率的とは言えない。

 このような場合、バックホール(基幹通信網)に5Gを使っている事業者のネットワークを使うことで、臨時の高速通信を用意できる可能性がある。この仕組みはシンプルだ。会場に臨時で設置する通信機器を介して、ユーザーはインターネットや社内ネットワークに接続できるようになる。

 5Gの実用化はまだ始まったばかりであるため、こうした5Gが役立つ用途は今後増えてくるだろう。もちろん5Gよりも無線LANなど他のネットワークが適することもあるので、企業は用途に応じて判断するのがよい。いずれにしても、5Gが出て選択肢が広がったのはいいことだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...