2022年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

無線LANが役立たずのときに「5G」を使うべし その役割は限定的5Gが無線LANに対抗する分野【前編】

「5G」が商用化して、使える分野が徐々に見えてきた。「無線LANの代わりになる」という以前あった主張は、どの程度正しいのだろうか。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | 無線LAN


 「5G」(第5世代移動通信システム)がまだ開発段階にある頃は、「5Gが出れば無線LANは過去のものになる」と言う人もいた。5Gの利用が始まり、この主張には懐疑的にならざるを得ない。とはいえ、確かに無線LANが役に立たず、5Gを使わざるを得ないことがある。

無線LANが使えないときは「5G」を使う

 ネットワークの利用範囲が地理的に広範囲になる用途では、無線LANは使えない。5Gの活用が進むほとんどの用途は、これが前提になると考えられる。例えば下記の用途は広範囲の通信が必要であるため、5Gが役立つ。

  • センサーを使った道路のネットワーク
  • 港湾における船舶の管理
  • モバイル端末へのデータ一斉送信

 こうした用途は利用地域が辺ぴな場所になることもある。そうした場合も無線LANより長距離通信が可能な5Gの方が適している。5Gには「4G」(第4世代移動通信システム)など従来の移動通信よりデータ伝送が高速で、低遅延になるという利点もある。そのため従来の移動通信を使用している用途においても、5Gへの置き換えが進む可能性がある。

 今後の注目点は、通信事業者が5Gをより広い地域で利用できるように提供エリアを拡大するのかどうかだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...