Zoomを襲う悪質行為【後編】
「Zoombombing」(Zoom爆撃)の被害を防ぐ方法とは? FBIの推奨策は
在宅勤務などのテレワークの手段として導入が進むWeb会議ツール「Zoom」。その利用時に注意すべき脅威が、第三者が会議に乱入する「Zoombombing」だ。どう対処すればよいのか。(2020/7/4)

コストと機能で比較する
「Zoom」から「Teams」にすぐ乗り換えたくなるシンプルな理由
外出制限下で急速に普及した「Zoom」などのWeb会議ツール。一時的ではなく継続的な活用を考えると、Zoomを利用中の企業でも「Microsoft Teams」への乗り換えが魅力的に映る場合がある。どのような場合なのか。(2020/7/3)

在宅勤務などのテレワークが市場の変化を後押し
「Skype」があまり使われなくなった「Zoom人気」以外の理由
「Skype」が衰退した原因は、「Zoom」などのWeb会議ツールの急速な普及だけではない。コミュニケーション市場の変化の背景を、専門家の見解から探る。(2020/6/28)

Zoomを襲う悪質行為【前編】
「Zoombombing」(Zoom爆撃)とは? Zoom会議への乱入が起こる仕組み
新型コロナウイルス感染症対策で普及が進んだWeb会議ツールの一つが「Zoom」だ。その普及と同時に、Zoom会議を狙ったサイバー攻撃「Zoombombing」も活発になってきている。なぜZoombombingは起こるのか。(2020/6/27)

1日の「参加者」数は3億人に
「Zoom」の真のユーザー数は分かるのか? 競合の「Teams」「Webex」は?
Zoom Video Communicationsは「Zoom」の「ユーザー」数を一度発表したが、後に「ユーザー数ではなく参加者数だった」と説明し、数値を修正した。本当のユーザー数は何人なのか。競合の「Teams」「Webex」の状況は。(2020/6/20)

「Zoom」は信頼できるのか【後編】
“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方
「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。(2020/6/19)

医療ITに革新をもたらす5G【後編】
医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは
医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。(2020/6/16)

「IEEE 802.11ac」とは格段の違い
アメフト強豪大学が「IEEE 802.11ax」を選んだ理由 9万人の競技場で高速通信
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は旧世代の無線LAN規格とは別物だという評判がある。それは本当だろうか。アメリカンフットボールスタジアムに導入したオクラホマ大学に、IEEE 802.11ax導入の理由と効果を聞いた。(2020/6/15)

「Zoom」は信頼できるのか【前編】
Zoomが訴訟に追い込まれた「エンドツーエンド暗号化」の意味とは?
Web会議ツールはテレワークの実施には欠かせない。その一つとしてZoomをさまざまな企業が導入する一方、セキュリティとプライバシーの問題があるとして複数の訴訟を起こされた。その詳細は。(2020/6/13)

新型コロナ対策による急速な浸透で重要に
バーチャル背景だけじゃない Web会議のプライバシーとセキュリティ8大保護策
在宅勤務に不可欠な手段になりつつあるWeb会議ツールは、セキュリティの確保が非常に重要だ。Web会議ツールのプライバシーとセキュリティを保護するための8つの対策を紹介する。(2020/6/8)

新型コロナ禍で高まる需要
ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”
CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。(2020/6/7)

「IEEE 802.15.4」の方が適している場合も
IoTデバイスで「IEEE 802.11」無線LANを採用すべき理由と、注意すべき限界
IoT(モノのインターネット)デバイスの通信手段として、低コストでの通信を可能にする無線LANが広く利用されている。ただし、その通信範囲や消費電力には課題がある。(2020/6/3)

新型コロナとデータ分析【後編】
「新型コロナでのデータ分析ツール無料化は無意味」と考える専門家の言い分
世界的な被害をもたらしている新型コロナウイルス感染症に対抗するため、さまざまなデータ分析ツールベンダーが分析に役立つツールやデータを提供している。こうした取り組みに懐疑的な専門家もいる。それはなぜか。(2020/6/3)

新型コロナウイルスによる利用拡大で脅威が顕在化
「Teams」がZoomを教訓にセキュリティ強化 それでも感じる不足とは
競合の「Zoom」のセキュリティに対する懸念を背景に、Microsoftは「Microsoft Teams」のセキュリティ強化を進めている。その姿勢を評価する声がある一方で、不足点を指摘する向きもある。(2020/6/2)

バイオ、医療、建設業の事例に学ぶ
社内デスクトップPCの持ち帰りも 3社が語る「テレワーク長期化」対策とは?
新型コロナウイルス感染対策としてのテレワークは長期化が避けられない。新しい働き方に備えるために、IT部門はどのような対策を取るべきなのか。バイオテクノロジー企業、医療機関、建設企業の事例を紹介する。(2020/6/1)

新型コロナウイルス対策で需要が急増
「Teams」のWeb会議で9人同時表示が可能に それでもZoomを脅かせない理由
「Microsoft Teams」のWeb会議機能で、1画面に9人の映像を同時に表示できるようになった。この機能を待ちわびていたユーザー企業にとっては朗報だが、これで全てのユーザー企業のニーズを満たせるわけではない。(2020/5/31)

悪名高いマルウェアも存在
在宅勤務用ネットワークの45%にマルウェア発見 テレワークはなぜ危険か
新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務が広がる中、在宅勤務用のネットワークをいかに安全にするかが重要になっている。だが現状はセキュリティが十分に確保されているとはいえないようだ。(2020/5/30)

「無線LAN」の進化に学ぶ
5Gの「バックホール」とは? 速度が理論値並みか「4G」程度かを分ける要素
「5G」のメリットを引き出せるかどうかを左右する重要な要素が「バックホール」だ。そもそも5Gのバックホールとは何なのか。(2020/5/29)

「5G」「Wi-Fi 6」の違いを徹底比較【後編】
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)を比較 4つの“根本的”な違いとは?
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には共通した特徴がある一方で、異なる点も少なくない。具体的に何が違うのか比較してみよう。(2020/5/28)

新型コロナとデータ分析【前編】
新型コロナでTableau、SAS、Qlikが無料提供したデータ分析ツールとは?
データ分析ツールの提供を通じ、新型コロナウイルス感染症の大規模流行に対抗する企業を支援するベンダーが複数存在する。Tableau Software、SAS Institute、Qlik Technologiesの取り組みを紹介しよう。(2020/5/27)

テレワークがIT部門に与えた影響【後編】
IT部門こそ新型コロナウイルスの感染拡大を「IT」で乗り切るべし
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、IT部門が処理しなければならない問題は増加傾向にある。これらの問題を効率的に処理するには、どのようにすればいいのか。事例を基に説明する。(2020/5/26)

IT部門の新型コロナウイルス対策
「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略
トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。(2020/5/25)

IoT向けネットワークで脚光
無線PAN規格「IEEE 802.15.4」とは? 「ZigBee」「Wi-SUN」が採用
IoT向けのネットワーク技術にはさまざまな種類がある。その中でも重要な無線PAN規格「IEEE 802.15.4」と、その関連規格を紹介しよう。(2020/5/25)

「IEEE 802.11ax」に新たな展開
「Wi-Fi 6E」とは? 全ての無線LANを過去にする衝撃
FCCが無線LANの6GHz帯使用を承認し、無線LANのデータ伝送速度を飛躍的に向上させることが可能になった。その可能性と課題とは。(2020/5/24)

「LPWA」の主要キーワード
いまさら聞けない「LoRa」と「LoRaWAN」の違いは? IoTの要素技術
センサーなどのIoTデバイスを接続する無線通信に使われる技術や規格として「LoRa」や「LoRaWAN」がある。両者はどう異なり、どのように使われているのだろうか。(2020/5/22)

Dell Technologies スモールビジネス事業統括本部提供eBook
「5G」があれば無線LANもLTEも不要? 企業ネットワークはどう変わるのか
「5G」が注目される理由の一つは、従来の移動体通信システムの枠を超えて活用できる可能性があるからだ。5Gを幅広い用途で活用できるのはなぜなのか、具体的に紹介する。(2020/5/22)

「5G」「Wi-Fi 6」の違いを徹底比較【前編】
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)をどちらか一方ではなく併用すべき理由
移動通信システムの「5G」と、無線LANの「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)。これらは競合する部分もありつつも、互いに連携できる“友人”のような関係にある。(2020/5/20)

在宅勤務時に気を付けるべきリスク
新型コロナ対策で“危ないテレワーク”を招く4つの原因とは?
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、安全なテレワーク環境を確保するためには何をすべきか。考慮すべき4つの課題と、それぞれの解決策を紹介する。(2020/5/20)

テレワークがIT部門に与えた影響【中編】
新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が
テレワークの推進は、企業のIT投資の動向にも影響している。調査結果を基に、企業が直面した具体的な変化を説明する。(2020/5/19)

仕組みの違いから考える
いまさら聞けない「LAN」「WAN」のセキュリティ対策の違いとは?
「LAN」と「WAN」を安全に利用するためのセキュリティ対策は何が違うのか。それぞれの主要なセキュリティ対策を説明する。(2020/5/18)

バッファオーバーフロー攻撃に備える【後編】
「バッファオーバーフロー攻撃」の被害を防ぐ6つの対策
Webアプリケーションを狙う「バッファオーバーフロー攻撃」による被害を防ぐには、どうすればよいのか。開発から運用までのベストプラクティスを紹介する。(2020/5/15)

「切れる」「遅い」「不安定」に自動対処
無線LANで最大の課題「トラブルにどう対処したらいいか分からない」をどうする
無線LANを利用している組織が抱える最大の悩みは通信トラブルだ。だが途方に暮れることはない。ユーザー企業でも管理ツールを活用することで自ら迅速に対処できる。(2020/5/13)

新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【前編】
Zoomなどの「Web会議ライセンス不足」問題が在宅勤務で顕在化 解決策は?
新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務が広がる中、需要が高まっている「Web会議」。想定外のユーザー数急増で直面しがちなのがライセンスの問題だ。どう対処すべきなのか。(2020/5/13)

テレワークがIT部門に与えた影響【前編】
在宅勤務1割から9割へ急増のバイオ企業、悩みは「社員宅の無線LANトラブル」
テレワークで発生するトラブルは原因の特定が難しい傾向にある。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワークを推進した企業のIT部門は、どのような課題に直面しているのか。(2020/5/11)

クラウドが浮き彫りにするリスク【後編】
クラウドユーザーのための“クラウド専用”のセキュリティ対策とは?
クラウドサービスのセキュリティ対策には、オンプレミスのシステムと共通しているものもあれば、クラウドサービスの利用を前提として生まれたものもある。それぞれどのような対策があるのか。専門家に聞いた。(2020/6/12)

「5G」のタイプと注目機能【後編】
「5G」を生かし切る「ダイナミックシェアリング」「URLLC」「eMBB」とは?
「5G」には特有の機能がある。高速通信やIoT向けの用途を補強するためのこれらの機能は、5Gを企業の標準的な通信手段として活用できる可能性を高める。どのような機能なのか。(2020/5/8)

バッファオーバーフロー攻撃に備える【前編】
「バッファオーバーフロー攻撃」の仕組みとは? 何が危険なのか?
メモリ領域の脆弱性「バッファオーバーフロー」はどのように悪用され、どのような危険性をはらんでいるのか。対策のために知っておくべきバッファオーバーフローと、それを悪用した攻撃の裏側を解説する。(2020/5/7)

デバイスとデータの増加に備える
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)の導入をためらうべきではない“これだけの根拠”
新たな無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の利点を理解していても、コストや実績を気にして導入をためらう企業は少なくない。ただし企業ITの現状を踏まえると、先送りは必ずしも正しい判断とは言えない。それはなぜか。(2020/5/3)

「スモールセル」での対処には限界も
「5Gは屋内でも利用できる」が常に正しいとは言い切れない理由
日本でも商用サービスが始まった「5G」は、高速なデータ伝送速度といった多様なメリットをもたらす。ただし5Gへの移行は一筋縄ではいかない可能性がある。それはなぜなのか。(2020/4/30)

「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響
「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も
テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。(2020/4/29)

「IEEE」から「Wi-Fi 6」まで
いまさら聞けない「IEEE 802.11ax」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?
最新世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は多様な要素技術で構成され、さまざまな組織が関わっている。IEEE 802.11axの理解を助ける、主要な関連用語を紹介しよう。(2020/4/26)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)
“HDDはSSDに負けた”論の検証から5G基礎解説まで 新規会員が気になった話題は
「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」「仮想化」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/4/25)

3つの注意点を整理
「WPA2」から「WPA3」への無線LANセキュリティの移行はなぜ難しいのか?
無線LANのセキュリティプロトコルを「WPA2」から「WPA3」に移行するのは単純ではない。それはなぜなのか。移行の際に注意すべき点をまとめた。(2020/4/19)

自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【後編】
在宅勤務を危険にする「知識不足」「モバイル」「不審ソフト」への対処法は?
インターネットに家庭内LANを介して接続する際、何に注意を払うべきだろうか。データプライバシーを保護するための対策を3つの観点に基づいて解説する。(2020/4/18)

「電波の自動調整」「セキュリティ」が基本
「止まると仕事ができない」重要なインフラである無線LANを今再検証すべき理由
オフィスの無線LANが止まったら、仕事にならない。無線LANの「重要インフラ化」が進むにつれ、高まるのは運用担当者の責任だ。今こそ、ユーザーエクスペリエンスの維持、セキュリティの確保といった基本に立ち返り、再検証すべきだ。(2020/4/16)

自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【前編】
「パスワードは最低12文字」では不十分? 在宅勤務での情報漏えいを防ぐ方法
在宅勤務時やさまざまなインターネット接続デバイスの家庭内LAN利用において、セキュリティリスクの削減は頭の痛い問題だ。パスワード、マルウェア対策、プライバシー保護の観点から対策を紹介する。(2020/4/11)

ITIL導入を成功に導くための基礎知識【後編】
「ITIL」導入成功の鍵は“ITIL依存”を避けること?
ITサービスの書籍群「ITIL」はフレームワークとして利用することができ、数種類の認定資格がある。この認定資格と、ITILを導入するときのポイントを解説する。(2020/4/10)

「LAN」新規格の動向【後編】
“高速化”に逆行する「イーサネット」 “低速”ネットワークが必要な理由
産業のニーズに応じてさまざまなLANの規格が策定されてきた。一様に高速化を目指してきたと考えられがちなイーサネットにも新たな用途が生まれている。なぜそうした変化が生じているのか。(2020/4/10)

「Wi-Fi 6」って何だ?
過去の無線LAN規格にはない「Wi-Fi 6」特有の機能 決定的に違うのは何?
「Wi-Fi 6」が「Wi-Fi 5」の単純な改良版だと考えてはいけない。これらの規格にはデータ伝送を高速化する点だけに限らない大きな違いがあるからだ。(2020/4/7)

利便性と危険性は表裏一体
「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク
物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。(2020/4/4)