「ソフトウェア定義境界」(SDP)とは【前編】
セキュリティ新概念「ソフトウェア定義境界」とは? 「認証後に接続」を実現
セキュリティ業界に新しく登場した概念「ソフトウェア定義境界」(SDP)とは何か。SDPの特徴と、それを具現化する仕組みを紹介しよう。(2019/12/12)

「Wi-Fi 6」「5G」共存の可能性を探る【前編】
「Wi-Fi 6」と「5G」の類似点と相違点 使い分けのポイントは?
「Wi-Fi 6」と「5G」は組み合わせて使用できる可能性が高い。それを検討する上で、まずはそれぞれの利点を整理し、違いを把握しておくことが重要だ。(2019/12/11)

VPNだけではカバーし切れない課題を解消
「野良無線LANもOK」情シスが安心してテレワークを推奨できるPCに必要な機能は
働き方改革の推進やテレワークの普及によって、企業に求められるIT環境は高度化している。その一方で、多様な環境での業務を実現できていないままの企業も少なくない。もし、便利で安全なビジネス環境が「ノートPC1台」で構築できるとしたら?(2019/12/9)

米国政府が標準方式として採用
いまさら聞けない「DES」「AES」の違い より危険な暗号アルゴリズムは?
機密データの暗号アルゴリズムには、「DES」(Data Encryption Standard)と「AES」(Advanced Encryption Standard)のどちらを採用すればよいだろうか。両者の違いを紹介しよう。(2019/12/6)

それぞれの基礎と使いどころを解説
いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」「無線LANルーター」の違いとは
無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの間にある違いとは何なのだろうか。この2つの無線LANデバイスは互いに関係しているが、使いどころは異なる。(2019/12/1)

通信品質の向上だけではないメリット
「Wi-Fi 6」をセキュアにする新技術「WPA3」「OWE」「Easy Connect」とは
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)の登場は、無線LANのセキュリティを強化するだろう。どのような技術や規格があり、何に役立つのかを紹介する。(2019/11/26)

「5G」による製造業改革【後編】
「5G」で製造現場はどう変わる? VR研修の実現や道具の紛失対策に効果
「5G」の活用がとりわけ期待されているのは製造業だ。工場のような現場に高速で低遅延のネットワークを導入することで、研修や資産管理といった業務の非効率性を一掃できる可能性がある。(2019/11/22)

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【後編】
「WPA」と「WPA2」の違いとは? 脆弱な「WEP」からの改善点は
脆弱な無線LANセキュリティプロトコル「WEP」に代わり、より強固なセキュリティ規格として設計された「WPA」と「WPA2」は何が違うのか。暗号化技術や仕組みなどの観点から説明する。(2019/11/16)

「5G」による製造業改革【前編】
5Gの“大本命”は製造業 「スマート製造」「産業IoT」にどう役立つ?
「5G」の利用が期待される分野の一つが製造業だ。AI技術や工場に設置するセンサーと組み合わせることで、生産工程を大きく向上させられる可能性がある。(2019/11/14)

「ITに頼り過ぎる子ども」を心配する親も
学校や子どもの“IT依存”は是か非か? 教育IT活用の光と影
ベンダーは教育用のIT製品に応用する人工知能(AI)技術の開発を進めている。同時に、学習者側も授業や宿題にITを利用するメリットを見いだしている。(2019/11/12)

期待の裏で高まる危険
「5G」導入が“致命傷”になる? 高まるセキュリティリスクと対策
5Gはそのメリットばかりが注目されがちだが、実はセキュリティの観点で注意すべき点が少なくない。利用する際は具体的にどのようなリスクに対処すればいいのだろうか。(2019/11/11)

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【前編】
「WEP」を無線LANのセキュリティに使ってはいけない理由 専門家の推奨は?
無線LANセキュリティプロトコル「WEP」「WPA」「WPA2」は、それぞれ異なる特徴を持つ。だがWEPには複数の脆弱性が見つかっており、利用が推奨されていない。何が危険なのか。(2019/11/9)

データが変えるミュージアムのユーザー体験【前編】
デジタルマーケティングで博物館や美術館はまだまだ進化できる
営利目的の企業と同様、ミュージアム(博物館や美術館)もユーザー体験を向上させ、入館者数を増やして利益を上げる方法を見極めるために、データを集め、分析をしている。(2019/11/5)

MACアドレスとIPアドレスの役割【前編】
いまさら聞けない、IPアドレスだけでなく「MACアドレス」が必要な理由
インターネットでの通信にはIPアドレスだけでなく、MACアドレスが必要だ。ユーザーが通常は意識することのないMACアドレスの役割とは何だろうか。(2019/11/4)

東京五輪に備えるセキュリティ対策【後編】
東京五輪の“通勤地獄”を「テレワーク」で回避するのは危険? 対策は
一大イベントである東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃は、大きな脅威となる。大会中の混雑緩和のためにテレワークを利用する企業が気を付けるべき点とは。(2019/11/14)

Gartnerに聞く「iOS」の脆弱性がもたらす影響【後編】
「iPhoneは絶対に安全」だという思い込みはなぜ危険なのか
2019年2月に複数の脆弱性が見つかった「iOS」。この件をきっかけに、モバイルデバイスのセキュリティに対する人々の意識が変わりつつあるとGartnerは話す。モバイルデバイスを安全に運用するには何が必要なのか。(2019/10/29)

「Wi-Fi 6」の正体【後編】
「Wi-Fi 6」は給電もネットワークも変えなきゃ無意味? 無線LAN移行の落とし穴
「Wi-Fi 6」の導入を成功させるには、移行に向けた最適なステップを検討する必要がある。大容量の給電とより高速なアップリンクを実装することが、成功の鍵を握る。(2019/10/29)

無線LANにも注意が必要
固定電話「VoIP」移行の落とし穴 音声でも注意すべきセキュリティ侵害とは
アナログのPBXをVoIPに切り替える際、通話品質やセキュリティを確保するためには入念な計画が必要だ。具体的な移行の方法や、注意すべき点を解説する。(2019/10/18)

遠隔医療や画像処理で生きる可能性
医療機関こそ「5G」に注目すべき理由と現実的な導入時期は?
5Gを医療機関のネットワークとして生かせる可能性がある。5Gの実用化に向けて、CIOが今から備えておくべきこととは何だろうか。(2019/10/17)

「5G」との兼ね合いは
「Wi-Fi 6」認証プログラム始動も、オフィスでの導入は限定的? その理由は
「Wi-Fi 6」準拠品の相互運用性を保証する認定プログラムがスタートし、この新規格が広く普及する準備が整った。ただ、企業ユーザーにとっては注意すべき点もある。(2019/10/16)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【後編】
“危ない無線LAN”をなくすための5大セキュリティ対策
攻撃者は古くから存在する攻撃手法を応用し、さまざまなアプローチで企業の無線LANを攻撃する。そうした攻撃手法と、具体的な防御策を知ることで、無線LANのセキュリティを強化する方法を学ぼう。(2019/10/15)

「Wi-Fi 6」の正体【前編】
「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説
「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。(2019/10/11)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【中編】
無線LANの不正APを使った攻撃「悪魔の双子」「APフィッシング」とは
さまざまな無線LANの攻撃手法が現れている一方で、その基本的な仕組みは普遍的なものだ。中編は無線LANを介したトラフィックの機密性と整合性を狙った攻撃手法を説明する。(2019/10/8)

「Cisco Meraki」で無線LANを改善
学校が「Wi-Fi 6」の早期導入に踏み切った理由
高速かつ大きな通信容量の無線LANを実現したい――。こうしたニーズを満たすために、カナダのある学区が実施したこととは何か。(2019/10/3)

「無線LAN」をサイバー攻撃から守る【前編】
無線LANにつながる全デバイスを危険にさらす「スプーフィング」攻撃とは
企業の無線LANを狙った攻撃は、古くから存在する手法を基にしている。代表的な無線LANへの攻撃手法のうち、アクセス制御を標的としたものを紹介する。(2019/10/2)

「5G」を理解する13大用語【後編】
「5G」を知りたいなら理解すべき技術「ミリ波」「MIMO」「RAN」「OFDM」とは
「5G」の基礎には過去の移動体通信システムの進化がある。その技術進化を知り、5Gの特性を理解するために必要な用語を解説する。(2019/10/1)

「Latitude 5400」「Latitude 5300 2-in-1」の2モデル
10万円超えChromebookの中身は? 「Chromebook Enterprise」第1弾はLatitude
「Latitude 5400 Chromebook Enterprise」と「Latitude 5300 2-in-1 Chromebook Enterprise」は、「Latitude」シリーズのハードウェアに「Chrome OS」を備えた、ビジネスユーザー向け「Chromebook」だ。(2019/9/29)

「ローカル5G」を解剖する【後編】
「ローカル5G」と「普通の5G」の違いは何か?
「5G」を自営のネットワークとして運用するのが「ローカル5G」だ。これによって何が実現できるのかを知るには、ローカル5Gが利用する周波数帯の特性や、提供する事業者による違いを理解する必要がある。(2019/9/27)

警察によるAI活用の今
踊るAI大捜査線 事件はAIが解決する
多種多様な分析、機械学習、自然言語処理といったAIテクノロジーが警察で使われている。顔認識ツールや自動文字起こしツールがその例だ。どのように使っているのか。(2019/9/26)

脆弱なパスワードの使用を強制する
全Bluetoothデバイスに盗聴や改ざんのリスクをもたらす「KNOB攻撃」とは?
脆弱な暗号鍵をBluetoothデバイスに強制する方法が見つかった。攻撃者が「中間者攻撃」を仕掛け、デバイスから情報を盗み取る恐れがある。(2019/9/24)

「5G」を理解する13大用語【前編】
「5G」を根本から理解するためのキーワード「5G NR」「FWA」「LTE」とは
「5G」を理解するには、誇張された宣伝文句に惑わされるのではなく、5Gを実現する要素を網羅的に知ることが大事だ。5Gの理解に欠かせない基本的なキーワードを紹介する。(2019/9/23)

「ローカル5G」を解剖する【前編】
「ローカル5G」とは? Wi-Fi 6やLPWAとの違いを整理
新たな移動体通信システムの利用形態として注目を集める「ローカル5G」。無線LANやLPWA(省電力広域ネットワーク)と比較しつつ、どのような使い方ができるのかを考察する。(2019/9/20)

先陣を切るのはクラウドベンダーか
「400ギガビットイーサネット」(400GbE)はなぜ必要か
企業ネットワークの次世代技術として期待を集める「400ギガビットイーサネット」。導入の準備ができている企業は多くないが、その必要性は確実に高まっている。(2019/9/17)

Computer Weekly日本語版
実はタダじゃない「無料Webサービス」に支払っている代価
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/9/4)

「5G」通信に潜む脅威【後編】
5Gの普及で「大規模DDoS攻撃」の危険性が高まる理由とは?
「5G」(第5世代移動体通信システム)通信が拡大すると、大規模な「DDoS攻撃」の被害が懸念されると専門家は語る。それはなぜなのか。(2019/9/4)

保守サポートは受けられないことが一般的
「フリマサイト」で中古のネットワーク機器を買うのはありなのか?
オークションサイトやフリーマーケットサイトで中古のネットワーク機器を買うのは、ありかなしか。「グレーマーケット」と呼ばれるこうした販売チャネルを介した中古機器購入の利点と難点を紹介する。(2019/9/1)

「5G」通信に潜む脅威【前編】
「5G」導入前に知っておきたい、通信事業者が恐れるセキュリティリスクとは?
新たな通信規格として注目を集める「5G」。導入を検討する企業は、5Gに対する通信事業者の懸念事項を把握しておく必要がある。調査レポートを基に5G通信のセキュリティリスクを解説する。(2019/8/30)

主要なネットワークデバイスをざっくり解説
いまさら聞けない「ハブ」「スイッチ」「ルーター」の基礎 主な違いとは?
ネットワークの基本的な構成要素である「ハブ」「スイッチ」「ルーター」。これらはそれぞれ、どのようなネットワークデバイスであり、どう違うのか。簡潔に解説する。(2019/8/25)

「Wi-Fi 6」の本領【後編】
「Wi-Fi 6」の本当のすごさは“速さ”ではなかった? その真価とは
製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、そのスループットに大きな注目が集まっている。しかしこの新規格の魅力は、それだけではない。(2019/8/22)

新技術の課題
5Gの弱点、電波の届きにくさは「スモールセル」(小型基地局)で解消する?
「5G」は高い周波数帯を利用することで通信の大容量化を実現できるが、5Gの電波はビル内に届きにくい場合がある。オフィスに5Gの「スモールセル」を設置することで問題を回避できる可能性がある。(2019/8/21)

「Wi-Fi 6」の本領【前編】
「Wi-Fi 6」無線LANルーターの速度が宣伝通りにならない“納得の理由”
無線LANのデータ伝送速度は仕様通りには実現しないことがほとんどだ。これは製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる新規格の「IEEE 802.11ax」にも当てはまる。その原因は何だろうか。(2019/8/14)

大学の「VDI」に必要なこと【前編】
名門大学は13万人が利用する「VDI」をどのように構築したのか
仮想デスクトップインフラ(VDI)運用環境を構築したインディアナ大学。13万人のユーザーを支えるVDIの構築と運用の実態は、どのようなものか。(2019/8/7)

どちらも「Gbps」を無線で実現
「5G」と「Wi-Fi 6」の違いとは? 共存する必要はあるのか
「5G」と「Wi-Fi 6」は電波の面でも、用途の面でも干渉し合う可能性がある。2つの間に起こるのは競争か、共存か。(2019/8/6)

市場には準拠品が登場
「IEEE 802.11ax」が“期待外れのIEEE 802.11ac”とは違うこれだけの理由
「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ac」を比べた場合、新しい規格である前者のメリットは大きい。製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られるこの新しい規格には、どのような新機能を期待できるのだろうか。(2019/8/5)

Computer Weekly日本語版
Wi-Fiにはマネできない、光無線技術「Li-Fi」のメリット
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/8/5)

単純作業をより効率的に
「Windows 10」の知らないと損なキーボードショートカット5選
「Windows 10」の管理には、退屈な作業も少なからずある。PC管理者の業務を楽にする5つのキーボードショートカットを紹介する。(2019/8/4)

ビジネスでの可能性は
「料金が高くても5Gに変える」が7割以上 そこまでして得たいメリットは
「5G」の導入に前向きな企業は、仮にコストが上がることが分かったとしても、導入を諦める気はないようだ。企業が5Gに期待するのは、ネットワークのデータ伝送速度と信頼性の向上などだ。(2019/8/2)

誰でもネットワーク管理をできる時代へ
「ネットワーク職人」は不要となるか 運用の“メンドウ”を解決する3つの機能
アクセスポイントやスイッチ、SD-WAN機器といったネットワーク機器をクラウドで一元管理する管理プラットフォーム。機械学習などのAI技術が加わることで、導入設計や日々の煩雑な運用、ネットワーク管理者の仕事はどう変わるのだろうか。(2019/8/2)

無線LAN市場の今【後編】
無線LAN市場はCiscoとArubaがリード、大穴はUbiquiti?
2018年の無線LAN市場では、Cisco Systemsが大きなシェアを持った他、Aruba Networksも数字を伸ばした。こうした無線LAN機器ベンダーの動きを、IDCのアナリストが解説する。(2019/7/30)

「4G」とは位置付けが違う
「5G」のリアルタイム性がもたらす3つの重要な変化
データ伝送速度の高さとレイテンシの低さを兼ね備えた「5G」は、リアルタイム性の高いコミュニケーションを実現する。「4G」との違いを整理した上で、5Gが企業にもたらす影響を考察する。(2019/7/29)