間もなくWi-Fi 7の時代【後編】
「Wi-Fi 7」「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」を機能比較するとWi-Fi 7が圧倒?
普及が進んでいる「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の全貌が見えてきた。無線LANの利用をこれから検討する際の対象になる、Wi-Fi 6とWi-Fi 6E、Wi-Fi 7の3規格を機能別に比較する。(2022/10/24)

特選プレミアムコンテンツガイド
Wi-Fi 7がすぐそこ Wi-Fi 6Eは無意味だった?
「Wi-Fi 6E」が登場して間もない中で、「Wi-Fi 7」の仕様策定が進んでいる。Wi-Fi 7は今までの無線LAN規格と何が違うのか。Wi-Fi 6Eは存在そのものが無意味だったのか。(2023/10/19)

間もなくWi-Fi 7の時代【中編】
無線LAN規格「Wi-Fi 7」は“あの機能”で「Wi-Fi 6E」とは別物に?
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eの後継となる「Wi-Fi 7」の詳細が見えてきた。どの機能がどれだけ進化するのか、目玉となる新機能はどのような役割を持つのかなど、Wi-Fi 7の特徴を見る。(2022/10/17)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【前編】
「Wi-Fi 6E」なんていらない――「Wi-Fi 7」の前に薄れる存在感
「Wi-Fi 6E」の企業導入が進まない。専門家の間には、企業がWi-Fi 6Eをスキップして「Wi-Fi 7」を待つ可能性が高いとの声がある。何が普及を妨げているのか。(2022/3/21)

ややこしくなってきたWi-Fi規格
Wi-Fi 6/6E/7……そして新たに「Wi-Fi 6 Release 2」登場
Wi-Fi 6EやWi-Fi 7の話題も出る中、新たな規格が発表された。Wi-Fi 6の強化版であるWi-Fi 6 Release 2だ。一体何がどう変わったのか。(2022/2/17)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【後編】
「Wi-Fi 6E」を大歓迎する人、「Wi-Fi 7」まで待つ人 それぞれの考え方
専門家は2023年には部品不足が解消され、「Wi-Fi 6E」の導入が進む可能性があるとみる。ただし「Wi-Fi 7」が登場しようとする中では、Wi-Fi 6E導入が妥当かどうかの判断は簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/3/28)

ならばWi-Fi 7を待とう
Wi-Fi 6/6Eは成功か失敗か、Wi-Fi 7を待つべきか否か、対立する主張
WBAのロドリゲス氏は、Wi-Fi 6/6Eの導入は順調だと言う。Dell'Oro Groupのデローロ氏は、Wi-Fi 6/6Eは失速していると言う。両者の主張の理由を詳しく紹介する。(2022/6/10)

Wi-Fi Halowが本格始動【前編】
同じ無線LANでも「Wi-Fi 6」とは根本的に違う「Wi-Fi Halow」だけの機能とは?
無線LANの業界団体WBAが、IoT向けの無線LAN規格「Wi-Fi HaLow」に関するホワイトペーパーを公開した。今後の活用を見込んで、さまざまなユースケースを検証する。Wi-Fi Halowとは何か。(2024/4/5)

ある調査を基にした「Wi-Fi」の先読み
「Wi-Fi 6E」が平凡になって「Wi-Fi 7」が超絶 無線LANの行く末は
無線LANの業界団体が実施した調査で、「Wi-Fi 6」や「Wi-Fi 6E」の採用見通し、「Wi-Fi 7」の登場時期など今後の動向が分かった。無線LANのローミングにも期待が寄せられているという。(2021/11/16)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【前編】
「Wi-Fi 6E」が屋外で劇的に使いやすくなった納得の理由
Wi-Fi 6の拡張版である「Wi-Fi 6E」は新たに6GHz帯を利用することで、より広帯域の無線LANを実現する。Wi-Fi 6Eは今後、屋外でも利用が広がりそうだ。(2024/6/25)

次世代Wi-Fi製品がついに登場
QualcommがWi-Fi 7製品発表 Wi-Fiの世代交代は加速するか?
Wi-Fi 7製品がついに発表された。これとは無関係にWi-Fi 6/6Eが普及するのか、一気にWi-Fi 7時代になるのか。いずれにせよ世代交代は加速するだろう。(2022/6/24)

見えてきたアップグレードパス
Wi-Fi 6EをスキップしてWi-Fi 7を待つべき明らかな理由
結論として、Wi-Fi 7を待つべきだ。Wi-Fi 6Eはスキップすべきだ。このシンプルな結論は、Wi-Fi 6Eを取り巻くガッカリな状況から導き出されたものだ。(2022/4/8)

次世代Wi-Fi【後編】
Wi-Fi 6/6Eをスキップして「Wi-Fi 7」を待つべきか?
IEEEは既にWi-Fi 7に取り組んでおり、近い将来に利用可能になる。業界とCIOは、Wi-Fi 6に移行するかWi-Fi 6Eを待つか、一気にWi-Fi 7にするかのジレンマに陥る可能性がある。(2020/12/25)

「Wi-Fi 6」って何だ?【前編】
「Wi-Fi 6」は過去の無線LANとは“別物” そう評される根本的な違い
「Wi-Fi」の名称が世代名で呼ばれるようになったのは「Wi-Fi 6」が初めてだが、Wi-Fi 6がこれまでのWi-Fiと一線を画すのはそれだけではない。何が根本的に異なるのか。(2020/3/6)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【前編】
無線LAN「Wi-Fi 7」に飛び付く人と「Wi-Fi 6」で満足な人、それぞれの考え
無線LANの次世代規格Wi-Fi 7に準拠する製品が早くも市場に出てきた。しかし、だからといって企業や消費者が無線LAN新製品に飛び付くわけではない。(2024/2/13)

Wi-Fiがさらに進化
UX向上を実現する「Wi-Fi Vantage」がWi-Fi 6をサポート
シームレスな接続性やセキュリティ、混雑緩和など、Wi-Fiのユーザーエクスペリエンス向上を目的としたWi-Fi VantageがWi-Fi 6をサポートした。(2020/11/20)

間もなくWi-Fi 7の時代【前編】
無線LANは次世代規格「Wi-Fi 7」でこう変わる 「Wi-Fi 6E」は無意味だった?
遅延やデータ伝送速度などの性能を踏まえると、Wi-Fi 7には次世代無線LAN規格としての将来性がある。とはいえ理論と実測は異なるので、その点を含めてWi-Fi 7への期待を探る。(2022/10/10)

フライング気味の「Wi-Fi」新規格品
「Wi-Fi 7」ルーターが来る 次世代無線LAN“3つの進化”
「Wi-Fi 7」の標準化が完了するのはまだ先になる見込みだが、早くもWi-Fi 7をうたう製品が出てきた。「Wi-Fi 6」と比べて何がどう変わるのか。主だった特徴を見てみよう。(2022/8/12)

無線LANの電波拡大による影響【前編】
「Wi-Fi 6E」に生じる重大な懸念とは? 「Wi-Fi 6」にはない問題
無線LANをはじめ、さまざまな電波が私用の用途や公共サービスに使われている。「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」を使用する際は、従来の無線LANよりも特にその点に注意を払わなければならない。(2022/2/22)

「Wi-Fi 6」って何だ?【中編】
「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いを説明できる“5つ”のポイント
「Wi-Fi 6」は「Wi-Fi 5」とは異なるさまざまな特徴がある。両者のおおよその違いを知るには、5つのポイントを理解すればよい。それは何なのか。(2020/3/17)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【後編】
「Wi-Fi 6E」はスポーツ観戦をどう変える? 野球スタジアムや陸上競技場で導入
Wi-Fi 6の拡張版であるWi-Fi 6Eによって、スポーツ観戦で無線LANの新たなユースケースが生まれている。どのように活用しているのか。(2024/7/2)

Wi-Fi Halowが本格始動【後編】
無線LAN「Wi-Fi Halow」は何に使える? 普通のWi-Fiとはちょっと違う応用例
無線LAN規格「Wi-Fi Halow」(IEEE 802.11ah)は電力消費を抑える機能や約1キロ届く通信など、IoT向けの機能を搭載している。実際にどのような用途に使えるのか。(2024/4/12)

Computer Weekly日本語版+セレクション
もう「Wi-Fi 7」時代? 無線LANの気になる進化
Wi-Fi 6の次世代となる無線LAN規格「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)。Wi-Fi 6までの無線LAN規格と比べてどのような進化が見込めるのか。新たに登場する無線LANアクセスポイントと併せて紹介する。(2023/12/27)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第2回】
無線LANなら「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を使うべき“これだけの根拠”
有線LANから無線LANへの置き換えを進める際に、検討対象になり得るのが「Wi-Fi 6」準拠のネットワーク製品だ。Wi-Fi 6にこだわるべき理由は幾つかある。Wi-Fi 6の主な利点と懸念を整理しよう。(2023/8/2)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

「Wi-Fiセンシング」とは【中編】
無線LANをセンサー化する「Wi-Fiセンシング」 その中核要素「CSI」とは?
無線LANを使って人の行動を検出する「Wi-Fiセンシング」。その中核要素となるのが「CSI」だ。CSIとは何なのか。CSIを生かすことで、Wi-Fiセンシングは何を可能にするのか。Wi-Fiセンシングの中身と可能性に迫る。(2022/11/29)

「Wi-Fi 6」の正体【前編】
「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説
「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。(2019/10/11)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【後編】
無線LAN規格「Wi-Fi 6」から「Wi-Fi 7」への進化は“意味がない”のか?
無線LAN新規格の開発ペースが加速している。ただし一部の機能は十分に活用されないまま、新規格の開発が進んでいる。こうした状況に専門家は危機感を抱いている。(2024/2/20)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【前編】
次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?
次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。(2023/11/30)

AIがネットワーク品質を自動で補正
面倒なWi-Fi運用はAIが肩代わり オフィスWi-Fiの最適解とは
ストレスのない通信環境は生産性向上に不可欠な要素だ。しかしWi-Fi利用の急増に伴い、通信品質の問題が顕在化してきた。Wi-Fiトラブルの対処は有線のそれに比べると非常に複雑で知見を要するが、この課題を解決する方法があるという。(2022/9/29)