2022年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6E」に生じる重大な懸念とは? 「Wi-Fi 6」にはない問題無線LANの電波拡大による影響【前編】

無線LANをはじめ、さまざまな電波が私用の用途や公共サービスに使われている。「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」を使用する際は、従来の無線LANよりも特にその点に注意を払わなければならない。

[Janet Ooi,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN


 無線LAN規格の「IEEE 802.11」は1990年代後半に登場した。それから20年以上にわたる技術アップグレードの中で、規格公称のデータ伝送速度は2Mbpsから「Gbps」級まで高速化した。IEEE 802.11は「IEEE 802.11a」「IEEE 802.11g」「IEEE 802.11n」「IEEE 802.11ac」「IEEE 802.11ax」という順で、新規格が出ている。こうして無線LANがより使いやすく、高速なものへと進化することで、仕事や日常生活も進歩している。

 IEEE 802.11は、業界団体Wi-Fi Allianceが策定する製品認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED」の基になっている。IEEE 802.11axを基にした製品認定プログラムは「Wi-Fi CERTIFIED 6」だ。同団体はWi-Fi CERTIFIED 6で認定する無線LAN規格として「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 6E」を定めている。Wi-Fi 6EはWi-Fi 6よりも広い帯域幅を確保できる可能性がある。これには利点があるが、従来の無線LAN規格とは異なる懸念が生じる。

Wi-Fi 6Eの「進化」と「問題」とは?

 Wi-Fi 6の拡張版であるWi-Fi 6Eは、Wi-Fi 6が利用する2.4GHz帯と5GHz帯に加えて6GHz帯を利用する。Wi-Fi 6Eのデータ伝送速度や遅延などの基本仕様はWi-Fi 6と同じ。Wi-Fi 6Eは6GHz帯を利用できることで、より広い帯域幅を使った無線LAN通信がしやすくなる。6GHz帯は2.4GHz帯や5GHz帯と異なり、家庭内の電子機器が使用しない帯域であるため、そうした機器との干渉が発生しにくい利点がある。

 ただしWi-Fi 6Eの周波数帯は衛星通信や放送サービスなどに使用されており、無線LANが同じ周波数帯を使う場合は、妨害を引き起こす可能性がある。米連邦通信委員会(FCC)は、Wi-Fi 6E機器を使用する際の評価要件を定めている。そうした基準を基にして、既存の電波との干渉を避ける工夫が求められる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。