2016年11月13日 08時00分 公開
特集/連載

今更聞けない「Office 365」と「Office 2016」決定的な違いとは?知っているようで実は知らない

Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には「2016」と「365」がある。両者はどこが違うのだろうか。

[Margaret Rouse,TechTarget]
日本マイクロソフトのWebページにおいて“2016”のOfficeは「家庭向けOffice」にしか存在しない

 オフィススイート「Office 365」のメリットは、「Microsoftがクラウドサービスを提供する」ことにある。企業がパッチ管理などシステムのメンテナンスをする必要がなく、インフラのサポートコストも掛からない。

 エンドユーザーにとっては、インターネット接続があれば、どこにいても、どのデバイスからでもOffice 365のサービスにアクセスできるのが最も分かりやすいメリットになる。

 IT管理者にとっては、新しいユーザーアカウントを設定したり、機能へのアクセスを管理したり、Office 365の全てのサービスとツールのステータスを確認したりと、Webベースのポータルからさまざまなことが可能になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...