2016年10月25日 12時00分 公開
特集/連載

同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?モバイル化が引き起こす生産性の低下

企業がモバイル化を進めるにつれ、システムに格納されている社員の連絡先情報の検索と更新に費やす時間は徐々に増えていると専門家は指摘する。

[Jesse Scardina,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | Active Directory


 社員の正しい連絡先情報を特定する作業によって、ユーザーは毎年、何日もの生産的な作業時間を失っている可能性がある。その結果、生産性、収益、効率性に見逃せないほどの損失が生じる。

HyperfishはOffice 365で欠落した連絡先情報を補完するサービスを提供する《クリックで拡大》

 あるソフトウェア会社でアプリケーションアーキテクトマネジャーを務めるブラド・エイラーズ氏によれば、あらゆる規模の企業の社員が、これと似た状況を確実に経験しているという。ユーザー中心の機能が欠落した状況で情報を見失うと、ある種の相互作用が起こり得る。エイラーズ氏は毎週のように同僚とその作用に見舞われているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...