2016年10月07日 12時00分 公開
特集/連載

「Office 365」を最大限生かすには「Azure」連係がキモ 知られていない機能とは「Power BI」拡張も可能に

企業におけるコラボレーションと生産性向上にクラウドがますます重要な役割を果たす今、「Office 365」サブスクリプションサービスを最大限に活用するには「Microsoft Azure」が効果的だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
Office Graph Office Graph(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 従業員のコラボレーションと生産性向上のために俊敏性とモバイル性と操作性を高めたい企業にとって、クラウドサービスの活用は不可欠だ。Microsoftのオフィススイート「Office 365」のサブスクリプションモデルは、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」やその他のデータセンターサービスを基盤としている。

 Office 365の基盤としてMicrosoft Azureを導入すると、Office 365のパフォーマンスとセキュリティを大きく向上でき、安定したインフラを活用できる。またAzureを使えば、Office 365サブスクリプションの他、「Skype」やその他のMicrosoftアプリケーションも同じインフラで実行できる。組み込みソフトウェア、修正プログラムの自動適用、ネットワークロードバランサー、その他のサービスも利用できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...