2016年02月19日 08時00分 公開
特集/連載

社員50人の企業でも「Office 365」を、「Microsoft Office」からの移行支援が拡大した理由数百人のエンジニアが支援

これまでライセンス数150以上の企業が対象だった「Office 365」導入支援プログラム「FastTrack for Office 365」の対象が拡大され、50以上の企業であれば利用可能になった。

[Tracee Herbaugh,TechTarget]
FastTrack for Office 365のWebページ《クリックで拡大》

 米Microsoftはクラウド版オフィススイート「Office 365」の導入を支援するプログラム「FastTrack for Office 365」を中堅・中小企業(SMB)にも提供することによって、SMB市場でのシェア拡大を目指している。

 同社は2016年2月初め、企業によるOffice 365への移行を支援する「FastTrack for Office 365」サービスの対象をライセンス数が50以上の企業に拡大すると米国で発表した。このサービスは従来、ライセンス数が150以上の企業にしか提供してこなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。