Microsoft Azure連係で止まらない、SQL Server 2014のクラウド強化ポイントクラウドバックアップ機能がさらに進化

Microsoft Azureとの連係機能が強化された「Microsoft SQL Server 2014」。災害復旧やバックアップ機能の強化により、ハイブリッドクラウド環境での活用を推進する動きが活発化している。

2014年05月08日 08時00分 公開
[Robert Sheldon,TechTarget]
photo

 米Microsoftは、「SQL Server 2014」を“ハイブリッドクラウド向けプラットフォーム”と銘打っている。「Microsoft Azure」(旧称Windows Azure)との連係が強化されているからだ。SQL Server 2014では、データベースログやデータファイルをMicrosoft Azureストレージでホストできる。また、SQL Server 2014は、Microsoft Azureストレージへのデータベースバックアップの管理や、Microsoft Azure仮想マシン(VM)へのデータベースの配置を行うための新ツールも提供する。さらに、Microsoft Azure VMを「AlwaysOn可用性グループ」構成のセカンダリレプリカとして使うことも可能になっている。

Microsoft AzureへのSQL Serverデータファイルの格納

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...