2014年04月11日 12時00分 公開
特集/連載

終了近づく「SQL Server 2008」のメインストリームサポート、気になる影響は?「SQL Server 2012 SP2」は2014年後半にリリース

米Microsoftはブログで「SQL Server 2012 SP2」を2014年中に提供すると発表した。2014年春に「SQL Server 2014」が正式提供される一方で、「SQL Server 2008」のメインストリームサポート終了が近づいているのをご存じだろうか?

[Robert Sheldon,TechTarget]

SQL Server 2012 SP2、2014年内にリリース

photo

 米Microsoftが「SQL Server 2012 SP2」のリリース予定を同社ブログで発表した理由の1つは、Microsoftの開発者向けフォーラム「Connect」に、あるSQL Server MVP(Most Valuable Professional)から寄せられた意見だった。その人物、エルランド・ゾマースコグ氏は2014年1月、Connectにスレッドを立て、「SQL Server 2012 SP1がリリースされたのは1年以上前。Microsoftは1日も早くSQL Server 2012 SP2をリリースすべきだ」と投稿した。

 ゾマースコグ氏はSP1のリリース以降、「数え切れないほど多くの数のバグが修正されている」と同スレッドに書いている。

 「これらのバグフィックスは、(今まで10回の)累積アップデートで提供されている。だが、Microsoftは修正されたバグの影響がないのなら、これらのアップデートをインストールしないようユーザーに推奨している。これは、SQL Server管理者にとってはジレンマだ。Microsoftが推奨しなければ、更新プログラムをインストールしたくはない。しかし、未然防止策も講じておきたい」(ゾマースコグ氏)

 Microsoftは発表の中で、「SQL Server 2012 SP2を2014年後半にリリースする」と述べるにとどまり、詳細は明らかにしなかった。

意外と時間がない、SQL Server 2008のメインストリームサポート終了

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...