2013年08月08日 08時00分 公開
特集/連載

50倍の処理速度を叩き出すSQL Server 2014のポテンシャルSAP HANAとの違いは?

2013年末にリリース予定の「SQL Server 2014」にはオンライントランザクション処理用のインメモリ機能が搭載される。テーブルレベルの設定が可能で、他のインメモリデータベースのように高価なハードウェアを必要としない。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年6月初めに米ニューオーリンズで開催された「TechEd」カンファレンスにおいて「SQL Server 2014」を発表した。テクノロジープレビュー版は6月25日に公開され、製品版は2013年末に提供される見込みだ。Microsoftは2012年秋、SQL Serverの次期バージョンにインメモリ機能が搭載されることを明らかにし、シアトルで開催された「Professional Association for SQL Server(PASS)Summit」において、このインメモリ機能が「Hekaton」というコードネームでプレビューされた。今回のTechEdではSQL Server 2014のリリース時期が新たに発表される形となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...