2012年06月28日 09時00分 公開
特集/連載

SQL Serverの仮想化が最良の選択とはならない3つのケースDB専用サーバ仮想化の注意点

仮想化のメリットは既に周知の事実だが、集計・分析用途のシステムを仮想化する際には十分注意が必要だ。Microsoft SQL Serverを例に、仮想化が必ずしも正解とはならない3つのケースを紹介する。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 仮想化技術がより洗練されるとともに、Microsoft SQL Serverインスタンスを仮想サーバへ移す動きに、これまでにないほどのインセンティブが生まれている。物理サーバの数が減れば電力消費やライセンス料が削減でき、マシンが仮想化されるためシステム管理も容易になる。良いことずくめだが、一方でMicrosoft SQL Serverの仮想化が必ずしも利益をもたらさないケースがあることも事実だ。

VMのI/Oが貧弱な場合

 CPUを別にすれば、データベースのパフォーマンスに影響を及ぼす唯一最大のリソースは、ディスクI/Oだ。1つのMicrosoft SQL Serverインスタンス──あるいは複数のインスタンスでも──に特化した物理サーバの場合、I/Oのボトルネックを改善することは比較的容易である。IOPS(1秒当たりの入出力オペレーション)の観点からコスト効率が良ければ、ディスクを高速なタイプにしたり、HDDをSSDに切り替えたり(関連記事:HDDのI/Oスループットを改善するSSD配置方法)、あるいはRAMを追加してバッファを増やすなりすればよい。ただし、トレードオフはコストだ。そうしたアップグレードは決して安くない。

 Microsoft SQL Serverを仮想化する場合、ハードウェアは移植する元のハードウェアと同等かそれ以上に高性能であるか、データベースパフォーマンスが十分なものでなければならない。それはI/Oについても同様で、最も望ましくないことはヘビーユースのデータベースに必要なI/O帯域幅を他のものとシェアすることだろう。この問題を改善する方法は幾つかある。例えば、データベースのストレージを他の仮想マシン(VM)から分離した物理ディスクとI/Oチャネルに置くなどだ。しかし、それらはVMに移行する前に行っておかなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...