2014年02月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 7には直接移行できない?「Windows XPサポート切れ」にまつわる勘違いを正す5つのヒント

Windows XPのサポート終了まで、もうそれほど時間はない。でも検討すべき課題が多く、具体的な対策に着手できていない――。そんな企業のIT担当者に向けた、最低限確認したい5つの項目を示す。

[Colin Steele,TechTarget]

 2014年4月8日(日本時間で同月9日)、米Microsoftは「Windows XP」の延長サポートを終了する。多くのユーザーに支持されたWindows XPは、10年以上にわたってビジネスシーンで活躍してきた。だがかなりの割合のビジネスユーザーは、OSの移行を急務と考えていない。

 Windows XPのサポート終了日が近づくにつれて、IT部門は大きな決断を迫られている。「アップグレードは本当に必要なのか」「必要だとしたら、どのOSへアップグレードするのか」「アップグレードの方法は」。Windows XPのサポート終了に関するこうした問題に頭を悩ませている人が、解決策を模索するときに考慮すべき5つの重要なポイントを紹介する。

ポイント1: Windows XPからWindows 7へ直接アップグレードできる方法はない

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。