2014年02月27日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows XPサポート切れ」にまつわる勘違いを正す5つのヒントWindows 7には直接移行できない?

Windows XPのサポート終了まで、もうそれほど時間はない。でも検討すべき課題が多く、具体的な対策に着手できていない――。そんな企業のIT担当者に向けた、最低限確認したい5つの項目を示す。

[Colin Steele,TechTarget]

 2014年4月8日(日本時間で同月9日)、米Microsoftは「Windows XP」の延長サポートを終了する。多くのユーザーに支持されたWindows XPは、10年以上にわたってビジネスシーンで活躍してきた。だがかなりの割合のビジネスユーザーは、OSの移行を急務と考えていない。

 Windows XPのサポート終了日が近づくにつれて、IT部門は大きな決断を迫られている。「アップグレードは本当に必要なのか」「必要だとしたら、どのOSへアップグレードするのか」「アップグレードの方法は」。Windows XPのサポート終了に関するこうした問題に頭を悩ませている人が、解決策を模索するときに考慮すべき5つの重要なポイントを紹介する。

ポイント1: Windows XPからWindows 7へ直接アップグレードできる方法はない

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...