2013年11月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

31%が依然としてWindows XPWindows XP移行の新ツールが登場、もはや移行しない理由はない

2014年4月にサポート期限が切れるWindows XPを依然として使っている31%のユーザー企業は、いよいよ決断の時期かもしれない。XP移行を簡単にするツールも複数登場し、もはや移行しない理由はなくなりつつある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 老朽化したエンタープライズ環境を「Windows 7」や「Windows 8」にアップグレードしようとしているIT担当者は、「Windows XP」向けの新しいツールを使用すると移行の問題を緩和できる。

 米1E Inc.と米Adaptivaが提供する新しいツールを使用すると、エンドユーザーの移行にかかる時間を短縮し、環境について詳細な情報を得られる。そのためIT管理者は十分な情報に基づいてソフトウェアライセンスに関する判断を下すことができるだろう。

31%の企業がWindows XPを依然として利用

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...