2013年05月02日 18時30分 公開
特集/連載

2014年4月の“Windows XP黙示録”を避ける2つの方法サポート終了とともにOS攻撃が増大

Windows XP は2014年4月でサポート期間が終了する。だが多くの企業はリスクを承知で、この先10年はXPを使い続けるだろう。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

今から予想される2014年4月9日以降の“XP黙示録”

 2014年4月8日火曜日(米国時間)は、セキュリティ管理者にとって運命の日になるかもしれない。米Microsoftはこの日をもってWindows XPのサポートを終了する。2013年4月現在、企業のクライアントPCのほぼ4台に1台がWindows XPを搭載しているといわれている。すぐにでもこれらのシステムの守りを固めない限り、緊急のセキュリティ対策を迫られる事態に陥りかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...