2013年05月02日 18時30分 公開
特集/連載

2014年4月の“Windows XP黙示録”を避ける2つの方法サポート終了とともにOS攻撃が増大

Windows XP は2014年4月でサポート期間が終了する。だが多くの企業はリスクを承知で、この先10年はXPを使い続けるだろう。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

今から予想される2014年4月9日以降の“XP黙示録”

 2014年4月8日火曜日(米国時間)は、セキュリティ管理者にとって運命の日になるかもしれない。米Microsoftはこの日をもってWindows XPのサポートを終了する。2013年4月現在、企業のクライアントPCのほぼ4台に1台がWindows XPを搭載しているといわれている。すぐにでもこれらのシステムの守りを固めない限り、緊急のセキュリティ対策を迫られる事態に陥りかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...