2013年04月30日 08時00分 公開
特集/連載

Windows XPから逃れられない本当の理由迫るサポート終了

Windows XPのサポート終了が迫る中、ユーザーのWindows 7、8への移行の動きが鈍い。問題となるのはOS自体の移行ではなく、周辺アプリケーションの対応だと指摘する声がある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 Windows XPからの移行が簡単な作業でないことはよく知られている。米Microsoftは移行計画の妨げとなる「既知の問題点」を顧客が検討しないことを最も恐れていると、同社のソリューション担当であるボブ・リンカビックス氏は話す。「ユーザーは最も作業を要するアプリケーションを洗い出す必要がある」

 米国ボストンで開催された同社イベントで、Microsoftは「ITの意思決定者は戦略計画を策定し、アプリケーションを新しいOSに移行することを考える必要がある」と述べている。

 確かに2014年4月8日にMicrosoftがWindows XPとOffice 2003のサポートを終了してしまうと、エンドユーザーには問題が起こる。例えばバグ修正やセキュリティパッチがWindows XPには提供されなくなり、デスクトップやラップトップのWindows XPはセキュリティ上の脅威にさらされやすくなる。

 しかし、Windows XPからの移行に関心を持つユーザーは多くないのが現状だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...