2015年12月10日 15時00分 公開
特集/連載

そのときHPの歴史が動いた――歴代CEOたちの戦略の変遷を振り返るHP分社化までの道のり

米Hewlett-Packard(HP)の過去を振り返ってみると、HP Inc.とHewlett Packard Enterpriseへの分社化に至る重大な分岐点があったことが分かる。

[Robert Gates,TechTarget]
HP分社化までの道のり《クリックで拡大》

 シリコンバレーの立役者だった米HPは、近年、幾つもの重大な分岐点を経験し、2015年11月、ついにHP Inc.とHewlett Packard Enterpriseという2つの企業に正式に分割された。

 最初にその案が出たのは、今回の分社化の約5年前のことだ。2010年、当時のCEOだったレオ・アポテカー氏は、その8年前の2002年に吸収合併した米Compaqを主体とするPC・プリンタ部門を分社化することを提案した。アポテカー氏はソフトウェア分野出身だが、HPが「どの方向へ向かうべきか」分かっていたと米ITコンサルティング会社Pund-ITのアナリスト、チャールズ・キング氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...