TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
報告者に報酬 脆弱性情報を集めるためにCISAが開始したプログラムとは?
米国で官民連携によって幅広く脆弱性情報を収集し、サイバー攻撃を未然に防ぐことを目指したプログラムが始動した。クラウドソーシングを使い、脆弱性の報告者に報酬を支払うこの仕組みはどのようなものか。(2021/7/17)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由
食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。(2021/7/16)

「ラストマイル配送」の5大課題【後編】
トイレに立ち寄る時間もない――コロナ禍のEC活況で疲弊する配達員
企業が可能な限り迅速に顧客に商品を届けるための鍵は、配送における最終拠点から配送先までの「ラストマイル配送」だ。本稿ではラストマイル配送が抱えがちな課題とその原因を紹介する。(2021/7/9)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【後編】
「リモートアクセスセキュリティ」に成功する企業、そうでない企業の違い
リモートアクセスのセキュリティ対策は、どの技術を採用するかに加え、それらの技術をどのチームが管理すべきかも重要になる。調査結果から、セキュリティ技術をうまく活用するためのヒントを学ぼう。(2021/7/8)

「ラストマイル配送」の5大課題【前編】
「翌日お届け」至上主義が顧客離れを招きかねない“深刻な理由”
配送の最終拠点から配送先までの配送を指す「ラストマイル配送」に課題があると、顧客の信頼を失ったり、収益減につながったりする恐れがある。企業が直面する恐れのあるラストマイル配送がはらむ課題とは。(2021/7/2)

物理的な盗難にも対応
自分でマルウェアを防ぐ、AI搭載SSD「X-PHY」登場
AIを搭載し、OSやCPUに頼らず自分でマルウェアを防御するSSDが登場した。物理的な盗難も検知して情報漏えいを防ぐという。(2021/7/2)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【前編】
リモートアクセスセキュリティの“勝ち組企業”を見分ける「SIPI」とは?
リモートアクセスのセキュリティ対策の“成功企業”を見分ける指標があるという。それは何なのか。調査会社Nemertes ResearchのCEOが説明する。(2021/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

俊敏性もシンプルさも妥協なしに実現
ITインフラ調達の常識を覆す、DX時代に必要な「as-a-Serviceモデル」の全貌とは
クラウド全盛のDX時代においてもオンプレミスでの運用を余儀なくされるシステムは多いが、ITインフラに必要なリソースの調達に関しては、リードタイムの長期化やコストの増加など課題も多い。これを解決する、新たな調達モデルの実力とは?(2021/6/29)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】
iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は
「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。(2021/6/28)

テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【後編】
保険ブローカーが実現、社員が「企業に監視してほしい」と思う仕組みとは?
従業員の生産性監視ツールは決して悪ではなく、うまく使えば企業と従業員双方にメリットをもたらす。どのような使い方をすればよいのか。米国の保険ブローカーYork International Agencyの成功例から学ぶ。(2021/6/25)

独自のx86チップを構築可能に
Intelの対Arm戦略――x86コアのライセンス提供を開始
Intelがx86のライセンス提供に踏み切るという。これにより、Intelの顧客企業が独自機能を組み込んだx86チップを構築できるようになる。(2021/6/23)

ヒートアップするチップ開発競争【前編】
IBMが開発した「2ナノ」半導体チップとは サーバの処理性能を高速化
IBMは半導体の研究開発の成果として、2ナノプロセスの半導体チップを公開した。この実用化は、同社のサーバやメインフレームにどのような影響を与えるのか。(2021/6/22)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】
「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音
Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。(2021/6/21)

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

テニス界のデータ活用【後編】
「世界的テニスプレイヤー」兼「経営者」の流儀 勝ちをつかむデータの力とは?
テニスのグランドスラムで7度優勝のビーナス・ウィリアムズ選手は、自分のファッションブランドを持つ一人の経営者でもある。アナリティクスの愛好家としても知られる彼女は、なぜデータの力を信じるのか。(2021/6/14)

ブロックチェーンの真価とは【後編】
多くの企業が誤解している“ブロックチェーンが守るもの、守れないもの”
ブロックチェーンを使えばセキュリティが強化されるというわけではない。だがブロックチェーンにすることによって守れるものもある。ブロックチェーンが必要な用途と不要な要とを見極める必要がある。(2021/6/14)

ブロックチェーンの真価とは【前編】
多くの企業が誤解している“ブロックチェーンの使い道”
ブロックチェーンの目的はセキュリティではない。機密情報の秘匿性を実現するものでもない。では、ブロックチェーンとは何なのか。どのように使えばいいのか。ブロックチェーンの専門家に聞いた。(2021/6/7)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

新型コロナで加速する製造業のIT投資
クラウド移行や3Dプリンタ活用が加速 製造業向けITの4大トレンド
製造業の間でIT投資が進む中、ITベンダー各社も製造業向けの製品・技術開発を活発化させている。ITベンダー各社のイベント内容を基に、「IIoT」をはじめとする製造業向けITのトレンドを整理しよう。(2021/6/15)

“テレワーク特需”だけではないPC生産への影響
チップ不足で「PC」の納期遅れと価格高騰が続く? 世界的な部品不足の影響
COVID-19の影響でチップをはじめとしたPCの部品不足が起こり、PCの生産に遅延が生じている。PCベンダーとユーザーが受ける影響とは。(2021/5/21)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【中編】
Arm買収に打って出たNVIDIA ライセンス事業のオープンさを維持できるのか?
Armの買収が成立した場合、NVIDIAには難しいかじ取りが求められる。“オープン”さが特徴であるArmのライセンス事業と、“クローズド”なNVIDIAのGPU事業は両立するのか。(2021/5/14)

「API」に著作権はあるのか【前編】
JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?
「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。(2021/5/11)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【中編】
無料エディタ「Visual Studio Code」がMicrosoftファンを増やす“納得の理由”
ソースコードエディタ「Visual Studio Code」が開発者に好まれる理由はさまざまだ。機能面の理由だけではなく、MicrosoftがVisual Studio Codeの開発で示した姿勢も重要な理由になっているとみられる。それは何か。(2021/5/9)

TechTarget発 世界のITニュース
Tableauの現CEOが古巣AWSの次期CEOへ 期待される手腕は
AWSはアンディ・ ジャシー氏の後任として、Tableau Softwareの現CEO、アダム・セリプスキー氏を迎え入れる。同氏のリーダーシップの下で、AWSが目指す成長戦略とは。(2021/5/7)

医療機関のリアルタイムCX【前編】
医療機関にとっての「リアルタイムCX」の意味とは? 実現に向けた3ステップ
「リアルタイムCX」に、さまざまな業界が注目し始めている。医療機関にとって実現は遠い未来になりそうだが「努力に見合った価値がある」と専門家は言う。どのような価値があるのか。実現の方法とは。(2021/5/6)

オンライン教育を脅かす攻撃【後編】
学校がサイバー攻撃の標的になりやすい“深刻な理由”
「教育機関は攻撃者に狙われやすい」とセキュリティの専門家は指摘する。それはなぜなのか。オンライン教育の導入で新たなセキュリティ問題に直面する教育機関が、今知っておくべき現実を整理する。(2021/5/6)

訴状と声明を基に整理
Amazonが「黒人従業員への差別」で訴えられる 何が起きていたのか?
黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。(2021/5/4)

「ハイブリッドワークプレース」実現へ
重電大手がコワーキングスペース1万人利用へ それでもオフィスを残す意味とは
オフィスを縮小し、コワーキングスペースを積極活用する重電大手Schneider Electric。同社が「ハイブリッドワークプレース」と呼ぶこの取り組みは、必ずしもオフィスの軽視を意味しないという。同社に真意を聞いた。(2021/4/26)

「データサイエンス向き」の根拠は
Java使いでも「R」「Python」を学びたくなる“納得の理由”
Javaエンジニアがデータサイエンスに取り組むなら、別のプログラミング言語を検討することも視野に入る。有力な候補となるのが「R」「Python」だ。それはなぜなのか。R、Pythonそれぞれの基本的な特徴を見ていこう。(2021/4/24)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】
「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。(2021/4/23)

注目度が高まった「テレワーク」「サプライチェーン」
コロナ禍でCEOが注目した技術トップ5は? 決算報告書のキーワード分析で見る
新型コロナウイルス感染症のパンデミック下で、CEOが注目した技術とは何か。各社のIT戦略の変化とは。米国上場企業約3000社の決算報告書に書かれたキーワードが、パンデミック前後でどう変化したかを基に考察する。(2021/6/22)

オンライン教育を脅かす攻撃【中編】
「オンライン教育」と「セキュリティ対策」の2重苦に悩むコロナ禍の教員
教育機関にとって、新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン教育の導入は喫緊の課題だ。一方で新たなシステムの導入に伴うセキュリティ問題への対処もおろそかにはできない。教員の置かれた状況は。(2021/4/21)

Bluescape、Klaxoon、Microsoft、Miro、MURALなどが参入
Zoom、Teamsユーザーが「ホワイトボードアプリ」を使いたくなる“納得の理由”
Web会議で直接PC画面に書き込み、メモや図式を遠隔から共有できるホワイトボードアプリケーションが急速に普及している。場所を問わずに働く時代の新しい情報伝達ツールとして市民権を得つつある。現状を追った。(2021/4/19)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】
QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。(2021/4/16)

失敗しない「ERP」導入のポイント
「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?
自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。(2021/4/12)

導入前に確認したいポイントを専門家が解説
DXに向けて情シス大注目のUbuntu、企業利用で気になる点を聞いた
人気のOS「Ubuntu」は企業での利用に堪え得るのか。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuのサポート体制や企業の導入事例、セキュリティへの考え方などを聞いた。(2021/4/12)

「誰でも使える優しいOS」の実力とは
専門家に聞く、サーバOSの新たな選択肢として浮上してきたUbuntuとは
Linuxの選択肢として名前が挙がるOSの一つがUbuntuだ。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuの歴史や特徴、コミュニティーの運用体制などを聞いた。(2021/4/12)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】
「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?
システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。(2021/4/8)

オンライン教育を脅かす攻撃【前編】
「ランサムウェア」攻撃を受けた学校は身代金を払うべきなのか? 実例から学ぶ
教育機関を狙うランサムウェア攻撃が活発化している。実際にランサムウェア攻撃を受けた米ネバダ州のクラーク郡学区は、どう対処したのか。それに対する専門家の見解とは。(2021/4/5)

クラウドが変える学位と資格の評価【第5回】
クラウドエンジニアが「コンピュータサイエンス学位」にこだわらない納得の理由
クラウドサービス関連の業務に携わるエンジニアが大学でコンピュータサイエンスの学位の取得を目指しても、自身に必要なスキルを得られない恐れがある。その理由とは。(2021/3/29)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第2回】
事務手続きは入社前に完了、研修課題は控えめに 「リモート研修」効率化の極意
終わりの見えないコロナ禍において、リモート新人研修を実施せざるを得ない企業もある。リモート研修の効果や効率をより高めるために、人事部門ができる事前準備とは。(2021/3/24)

情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】
いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?
「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。(2021/3/23)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【後編】
AWSのジャシーCEOがAmazonのCEOになる“本当の意味”とは?
AmazonのCEOは2021年中に創業者兼CEOのジェフ・ベゾス氏からアンディ・ジャシー氏に交代する。ジャシー氏はAWSの現CEOだ。AWSの次期CEOは誰になるのか。CEO交代後のAmazonの行方は。(2021/3/18)

「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第3回】
「リモート採用」成功の手段とは? オンライン採用イベントからWeb会議まで
人事部門はコロナ禍で急速に重要性が高まったリモート採用をどう導入し、どう成果を引き出せばよいのか。4つのヒントを紹介する。(2021/3/16)

プライベートネットワークとしての「5G」【後編】
「プライベート5G」「ローカル5G」の落とし穴 “超高速”は単なる理論値?
「5G」のプライベートネットワークは、過去のネットワーク技術をしのぐ性能を発揮できる可能性がある。ただし、その利点を引き出す工夫をしなければ期待外れに終わってしまう。どのような工夫が必要なのか。(2021/3/16)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【前編】
AmazonのベゾスCEOが退任 後任がAWSのジャシー氏になる“納得の理由”
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが2021年に退任し、AWSのアンディ・ジャシーCEOが後任に就く。この人事交代に対して、アナリストは「当然の判断だ」と口をそろえる。その理由とは。(2021/3/10)

医療業界の「HCI」導入事例【前編】
コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか
米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。(2021/3/9)