TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、マーケティングワークフロー自動化のWorkfrontを15億ドルで買収
CXM市場での競争力を高めるべく、Adobeは関連ベンダーの買収を進めている。マーケティングワークフロー自動化ベンダーのWorkfront社を15億ドルで買収するのは、その一環だ。(2020/11/26)

ストレージ分析【後編】
ストレージのAIOpsを実現するツール
ストレージの自動管理が現実的になってきた。現時点で入手・利用可能なツールを幾つか紹介する。(2020/11/26)

ITでCOVID-19に対処した医療機関【後編】
1日300人以上のコロナ検査をさばく病院が実践した“ITやりくり術”とは?
1日当たり300人以上のCOVID-19検査を実施するカナダの医療機関Southlake Regional Health Centreは、検査を受けた人に結果を迅速に届けるべく、新規システム導入ではなく既存システムの活用を選んだ。その方法とは。(2020/11/25)

コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【後編】
学校間の「データマネジメント」「データ分析」のレベルがコロナ禍で拡大?
オンライン教育の普及は、教育機関の間で「データマネジメント」や「データ分析」に関する取り組みの差を拡大させている。教育機関が直面する課題と、取り組むべき対策とは。(2020/11/18)

保険会社と大学の「Slack」導入事例【前編】
保険会社が「Slack」導入に成功した理由 「伝統」より「変化」を重視
ビジネスチャットツールが魅力的でも、それによる変化を受け入れる文化が社内になければ導入はままならない。伝統を重んじる保険業でありながら「Slack」の大規模導入に成功したPan-American Lifeの決断とは。(2020/11/13)

COVID-19と待機手術【後編】
医療機関が実感 電子カルテと連携する「待機手術の優先順位評価ツール」の価値
待機手術の再開に向けたスケジュール調整のために、ある米国医療機関は電子カルテと連携する「手術の優先順位評価ツール」を利用している。このツールがもたらした成果とは。(2020/11/12)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

ITでCOVID-19に対処した医療機関【前編】
医療機関が2週間で古い病院を“コロナ専用病院”に改装 成功の秘策は?
新型コロナウイルス感染症患者を受け入れるために、米国のある医療機関は休止状態だった古い病院を2週間で改装し、陽性患者の受け入れ態勢を確立した。短期間で業務を可能にした秘策とは。(2020/11/11)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【後編】
Googleスプレッドシートでは限界 病院が「PaaSでアプリ開発」を決めた理由
ドイツのハイデルベルク大学病院は新型コロナウイルス感染症拡大を機に、SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」を導入して病床の空き情報を管理するアプリケーションを開発した。同院の医師にそのいきさつを聞いた。(2020/11/10)

Computer Weekly製品ガイド
公共セクターITの5本柱
コラボレーションや情報共有をデジタルでもっとうまく行う方法を見つけることは、政府機関が取り組むべき課題だ。それを達成する方法を解説する。(2020/11/4)

Computer Weekly製品ガイド
公共セクターITのデジタルへの道
公共セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションの進展はまちまちだ。だが中にはこの戦略を取り入れているCIOもいる。(2020/11/2)

COVID-19と待機手術【前編】
医療機関はコロナ禍の「手術日程の大幅変更」を電子カルテでどう乗り越えたか
COVID-19の影響で待機手術が相次いで延期となり、現在は「どのように再開するか」を検討する段階に来ている。手術の優先順位を評価する煩雑なプロセスを電子カルテに組み込んだ米国医療機関の事例を紹介する。(2020/10/30)

医療機関はデータ品質を高められるのか【後編】
医療機関が「データ品質」問題を放置してはいけない深刻な理由
医療機関にとってデータ品質の問題は、患者の生命に関わる問題に発展するリスクがある。医療業界に特有の課題について、データ分析の専門家は何を問題視しているのか。(2020/10/22)

医療機関はデータ品質を高められるのか【前編】
医療機関を困らせる「データ品質の低下」はこうして起こる
医療現場において、データの品質は患者の生命に関わる要素だ。だがデータ品質維持に課題を抱える医療機関は少なくない。背景には何があるのか。(2020/10/14)

新しい遠隔診療の可能性【後編】
医療従事者が“熱狂的ITユーザー”に 「仮想回診」導入病院で起きた変化
コロナ禍によって対面接触の機会を減らす必要が生じ、医療業界は「全く新しいワークフロー」を強いられている。COVID-19対策として「仮想回診システム」を構築した米国医療機関は、どのような変化に直面したのか。(2020/10/9)

医療におけるAutoMLの可能性【後編】
医療機関がAutoMLツール「DataRobot」に感じた魅力と不満とは?
米国の医療機関Symphony Care Networkは、AutoML(自動機械学習)ツール「DataRobot」をさまざまな用途に生かしている。DataRobotの何が魅力であり、何が課題なのか。(2020/10/8)

新しい遠隔診療の可能性【前編】
病院が実現した「仮想回診」の仕組みとは? 病室カメラとビデオ会議で構築
米国の医療機関Nemours Children's Health SystemはCOVID-19対策として、遠隔で患者を回診する「仮想回診」システムを構築した。このシステムはどのような製品から成り、どのように運用されているのか。(2020/10/1)

クラウドニュースフラッシュ
情報漏えいの“真犯人”は「クラウドサービスの設定ミス」だった?
クラウドサービスと情報漏えいの関係を示す調査結果や、オンプレミスのインフラで「SAP HANA Enterprise Cloud」を動かす新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/9/30)

医療ITの課題は、業界そのものの課題
医療機関CIOが新型コロナで直面する「最大の課題」とは?
新型コロナウイルス感染症は米国の医療業界にどのような影響を及ぼしたのか。医療機関のCIOが優先して対処すべき課題は何なのか。専門家に話を聞いた。(2020/9/23)

医療におけるAutoMLの可能性【前編】
“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで
「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。(2020/9/17)

データが支える映画製作の意思決定【後編】
「アナリティクス」が変えた映画ビジネス 見えた成果と“根深い問題”
アナリティクスが映画にもたらした果実とは何か。そして映画製作のあらゆる工程の意思決定にデータを活用する上で、どのような問題があるのか。(2020/9/16)

「ERP」と「RPA」の賢い組み合わせ方【前編】
ERP刷新までの“つなぎ”としてこそ「RPA」を使うべき理由
レガシー化したERP製品のアップグレードや移行を検討するには時間がかかる。刷新プロセスの途中段階で役立つ可能性があるのが「RPA」製品だ。どのように役立つのか。(2020/9/8)

大学の「HCI」活用【後編】
大学が“クラウド全面移行”をやめて「HCI」を選んだ理由
アラバマ農工大学がHCIを利用してデータセンターを改修した目的はDR対策だった。同校CIOによれば、クラウドサービスではなくHCIを採用したことには理由がある。それは何か。(2020/9/3)

技術の定着にはCIOの活躍が重要
コロナ禍で「遠隔画像診断」が普及すると「相互運用性」が無視できなくなる
新型コロナウイルス感染症をきっかけとして遠隔画像診断のニーズが高まり、医療ITの相互運用性に向けた取り組みが加速するとFrost & Sullivanは予測する。両者の関係性とは。(2020/9/2)

中堅・中小企業とクラウドERP【後編】
コロナ禍で中小企業が「クラウドERP」を導入する意義と注意点とは
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、中堅・中小企業の「クラウドERP」導入にどのような影響をもたらすのか。導入検討時に想定すべきメリットと注意点を探る。(2020/8/28)

データが支える映画製作の意思決定【前編】
「映画はもうからない」の常識をアナリティクスが変える
脚本が出来上がってから作品が公開されるまで、映画製作のありとあらゆる意思決定にアナリティクスが役立つ。制作会社はアナリティクスをどう活用し、どのような効果を得ているのか。(2020/8/26)

調査と事例で探る「デスクトップ仮想化」の今【後編】
コロナ市が「VDI」で実現した“PC故障後5分で仕事復帰”の仕組みとは?
コロナ市はデスクトップ仮想化を導入して、IT部門によるサービスの仕方を整えた。具体的にどのような効果を生み出したのか。(2020/8/26)

大学の「HCI」活用【前編】
大学がNutanixの「HCI」と「DRaaS」で実現した共用データセンターとは?
DR対策の一環でデータセンターを刷新したアラバマ農工大学は、そのデータセンターを他の大学が利用できるようにした。同校の取り組みを説明する。(2020/8/25)

パンデミックで変わる医療ITツールの役割【前編】
病院は「電子カルテ」などの既存ツールを新型コロナ対策にどう生かすのか
米国医療機関のCIOは、新型コロナウイルス感染症に対処するために、電子カルテをはじめとする既存ツールの新たな使い方を模索している。どのように活用しているのか。(2020/8/18)

新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【後編】
エネルギー会社が「AWSによるロックイン」を選んだ“合理的な理由”
大手エネルギー企業TC Energyは、「SAP ERP」をはじめとした主要な業務システムのほぼ全てをAWSに移行させた。なぜ単一ベンダーのクラウドサービスだけを利用するのか。(2020/9/3)

遠隔医療のニーズ増を見据える
「医療の仮想化」とは? コロナ禍で病院CIOが注目するITトレンド
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、医療機関はIT投資の方向性を変えようとしている。こうした中、医療機関のCIOはどのようなIT製品に注目し、役割をどう変えるべきなのか。米国の医療機関CIOに聞く。(2020/8/7)

「高価過ぎた製品」の安価版を求める声も
在宅勤務の長期化に耐える「コミュニケーション製品」の条件とは?
在宅勤務などのテレワークを導入した企業の間で、従業員に支給するコミュニケーション製品を充実させる動きが広がっている。テレワーク長期化が見込まれる中、コミュニケーション製品に求められる変化とは。(2020/8/3)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】
ユースケース別に見るAWS、Microsoft、Googleのクラウドストレージ
ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。(2020/7/27)

サプライチェーン管理を変えるデータ活用【後編】
医療用品メーカーがデータ活用システム構築で直面した「変化への恐怖」とは?
医療用品メーカーPaul Hartmannは、サプライチェーン管理を効率化し需要予測の精度を高めるために、データを活用した予測システムを構築した。新システムを取り入れる際に、同社が直面した課題とは。(2020/7/9)

「在宅勤務」長期化に備える【後編】
新型コロナが問う「オフィスに莫大な金を払い続ける」ことの是非
全社的に在宅勤務などのテレワークに移行した企業が職場への出社を再開させる場合、考慮すべきことが幾つかある。実は今までのオフィスに対する考え方自体、新しい時代には“常識”ではなくなる可能性さえあるのだ。(2020/7/8)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【中編】
新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か
新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。(2020/7/7)

医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【後編】
医療機関が「クラウドサービス」への移行時に留意すべき3つのデメリット
クラウドサービスは医療機関にさまざまなメリットをもたらすが、考慮すべき課題もある。医療機関がクラウドサービスへのシステム移行時に陥りやすい3つの課題を解説する。(2020/7/2)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】
大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?
新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。(2020/6/29)

「在宅勤務」長期化に備える【前編】
コロナ市やLenovoに聞く 「在宅勤務」を継続するために必要なITとは?
新型コロナウイルス感染症対策のために急いで在宅勤務などのテレワークに移行した企業は、長期化を見据えたIT環境を整える必要がある。具体的に何をすればよいのか。(2020/6/24)

サプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】
医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したか
医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。(2020/6/24)

医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】
医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ
医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。(2020/6/23)

「Zoom」は信頼できるのか【後編】
“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方
「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。(2020/6/19)

医療ITに革新をもたらす5G【後編】
医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは
医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。(2020/6/16)

新型コロナが変える企業資産保護【前編】
新型コロナ対策の在宅勤務で企業資産保護はどう変わるのか?
新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務などのテレワークが広がる中、企業資産保護の重要性はかつてないほど高まっている。それはなぜなのか。(2020/6/11)

「真の自律型企業」の姿とは【前編】
医薬品企業が次世代RPA「IPA」を導入 その理由と効果とは?
ドイツの化学・医薬品企業Merckの医薬営業部門は、ビジネスプロセスの自動化を実現するために「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)を導入した。IPAがもたらす価値は何か。(2020/6/10)

医療ITに革新をもたらす5G【前編】
医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由
医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。(2020/6/8)

Computer Weekly製品ガイド
エッジコンピューティングに伴うパラダイムシフト
オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。(2020/6/3)

バイオ、医療、建設業の事例に学ぶ
社内デスクトップPCの持ち帰りも 3社が語る「テレワーク長期化」対策とは?
新型コロナウイルス感染対策としてのテレワークは長期化が避けられない。新しい働き方に備えるために、IT部門はどのような対策を取るべきなのか。バイオテクノロジー企業、医療機関、建設企業の事例を紹介する。(2020/6/1)

クラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【後編】
“脱クラウド”に踏み切ったHR企業 原因は中途半端な「リフト&シフト」
アプリケーションをクラウドサービスに移行してもメリットが得られず、“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切る企業と、クラウドサービスへの移行に成功する企業は何が違うのか。2社の事例を基に探る。(2020/5/28)

テレワークがIT部門に与えた影響【後編】
IT部門こそ新型コロナウイルスの感染拡大を「IT」で乗り切るべし
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、IT部門が処理しなければならない問題は増加傾向にある。これらの問題を効率的に処理するには、どのようにすればいいのか。事例を基に説明する。(2020/5/26)