デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
一貫性のあるハイブリッド環境へ至る、ITモダナイゼーションマップの描き方
イノベーションを創出するための攻めのITと、効率化・省力化を図りながら基幹システムなどを維持する守りのIT。これらを両立するには、オンプレミス、クラウド、エッジ、いずれの環境にも一貫性をもたらす“架け橋”が必要になる。(2021/3/1)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】
業績悪化でも企業が「解雇」を最終手段にすべき理由と、検討すべき代替策
企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。(2021/2/15)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
アプリケーションのモダナイズを推進、統合プラットフォームの実力とは?
新たな顧客体験の創出やイノベーションの活用に向けて、アプリケーションのモダナイズが加速する昨今。その一方で、多様なアプリケーションの要件をインフラに適合させることの難しさが課題となっている。この課題を解消する方法とは?(2021/2/2)

受け入れがたい問題に直面
「海外で発生したロックダウン」による影響から学んだ教訓
自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。(2021/2/2)

パンデミックがもたらした人事の課題【後編】
人事部門は「ギグエコノミー」「BLM」にどう対処すべきか? Gartnerが助言
人事部門を取り巻く状況はどう変化するのか。そうした変化の中で、従業員とどう向き合えばよいのか。Gartnerに聞く。(2021/1/28)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【中編】
バイデン政権はトランプ政権よりも「GAFA」に“攻撃的”か?
バイデン政権への移行で、巨大IT企業に対する連邦当局の取り締まりはさらに厳しいものになるのか。反トラスト政策と米政治家の思惑を探る。(2021/1/27)

TechTarget発 世界のITニュース
RingCentralがAI音声分析スタートアップを買収 「UC」×「AI」で何が変わる?
スタートアップのDeepAffectsは、音声通話やWeb会議などの音声を分析可能なAI技術を開発する。RingCentralは買収を通じて、DeepAffectsの技術をどう生かすのか。(2021/1/21)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
HPCで導き出す最短の新商品設計、TOYO TIREが目指す「逆問題」の解法とは
高機能化する自動車タイヤの設計・開発プロセスにおいて、重要な役割を占めるのがHPCシステムだ。TOYO TIREは、HPCを用いたディープラーニングにより「逆問題の解法」に取り組み、タイヤ開発のイノベーションを実現しようとしている。(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ハイブリッドクラウド環境でのデータ活用を促進、AI主導のプラットフォームとは
企業の競争力強化や利益拡大に欠かせないデータ活用。データがあらゆる場所に分散する複雑なハイブリッドクラウド環境では、データ本来のメリットを引き出すのが困難だ。その解決策として、ストレージシステムの見直しを検討したい。(2021/1/13)

「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【後編】
「クラウドベンダーのHCI」が注目されない理由と、HCIベンダーが目指す未来
クラウドベンダーも市場に参入するなど「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は企業のデータセンターの今後を左右する存在になっている。HCIの重要性が今後さらに高まるのはなぜか。注目すべき動向を紹介する。(2021/1/8)

モダンなソフトウェア開発の課題【前編】
モダンなソフトウェア開発のための開発チーム運営方法
コンテナ化されたマイクロサービスや自動化されたテストを効果的なコラボレーションやコミュニケーションと組み合わせれば、ソフトウェアのイノベーションを加速することができる。(2020/12/30)

TechTarget発 世界のITニュース
ServiceNow、AIスタートアップElement AIを買収 「Now Platform」を強化
ServiceNowがカナダに拠点を置くAIスタートアップElement AIを買収する。ServiceNowは買収を通じて、PaaS「Now Platform」の機能強化を図る。(2020/12/25)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【中編】
老舗工具メーカーが「DX」推進に人材教育が必要だと考える訳
工具メーカーStanley Black & Deckerが抱える世界中の拠点では、最新技術を採用した工場もあれば、自動化が進んでいない工場もある。こうした中でDXを推進する同社が、従業員教育に注力する理由とは。(2020/12/24)

「5G」と「AI」を同時に語るべき理由【前編】
「4G」のままではなぜ駄目なのか? 「5G」がAI時代に必要な理由
「5G」が登場したことで「AI」技術の活用が大きく進む可能性がある。その背景には何があるのか。なぜ「4G」のままでは駄目なのか。専門家の話を交えて考える。(2020/12/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、マーケティングワークフロー自動化のWorkfrontを15億ドルで買収
CXM市場での競争力を高めるべく、Adobeは関連ベンダーの買収を進めている。マーケティングワークフロー自動化ベンダーのWorkfront社を15億ドルで買収するのは、その一環だ。(2020/11/26)

臨床医療の意思決定支援とAI技術【後編】
コロナ禍で分かった、臨床で「AI」が役立つ用途、役に立たない用途
臨床時の意思決定支援にAI技術を活用する動きは、コロナ禍で急速に広がったわけではない。ただし幾つかの取り組みは進み、臨床医療にAI技術を使う可能性と難しさが少しずつ浮き彫りになってきた。(2020/11/17)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
現場主体でアプリを高速開発、JR東日本に見るイノベーションの取り組み方
ニューノーマルという大きな変化が到来する中、デジタル変革の重要性は理解していても、どう取り組めばよいか分からないという声はよく聞かれる。そこで、先進的に変革を進め、イノベーションを実現する国内大手企業の事例を紹介する。(2020/11/12)

英国と欧州にとっての大惨事?
NVIDIAによるArm買収は業界およびNVIDIAにとって吉か凶か
NVIDIAがArmを買収するというニュースはさまざまな臆測を呼んでいる。この買収は業界にとってプラスとなるのか。NVIDIAにどのようなメリットがあるのか。アナリストの見解はかなり否定的だ。(2020/11/13)

TechTarget発 世界のITニュース
AccentureとServiceNowが「DX」推進支援で協業 業界向け製品を共同提供
AccentureとServiceNowはDX推進支援のビジネスグループを発足させた。まずは金融サービスや行政サービス、電気通信の各業界向け製品・サービスを共同で提供する。(2020/11/12)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
優れた耐障害性と俊敏性を兼備、自己管理型インテリジェントストレージの実力
多くの企業のIT部門はインフラ管理やトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションに対応できない状況だ。そこで注目したいのが、高い耐障害性とクラウドのアジリティを兼ね備えたストレージプラットフォームだ。(2020/11/6)

Computer Weekly製品ガイド
公共セクターITの5本柱
コラボレーションや情報共有をデジタルでもっとうまく行う方法を見つけることは、政府機関が取り組むべき課題だ。それを達成する方法を解説する。(2020/11/4)

OnwardMobilityが2021年に発売
「BlackBerry」復活へ 5G×物理キーボードの“新旧融合スマホ”は売れるか
「BlackBerry」が復活する。OnwardMobilityが開発中のスマートフォンは、BlackBerryの象徴である物理キーボードを備える一方で「5G」による通信を可能にするなど、新旧技術の融合を図る。市場に与える影響は。(2020/11/1)

「安さ」は判断基準にならない?
「Zoom」「Teams」「Webex」使うならどれ? Web会議ツールの選び方
Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。(2020/10/16)

新しい遠隔診療の可能性【後編】
医療従事者が“熱狂的ITユーザー”に 「仮想回診」導入病院で起きた変化
コロナ禍によって対面接触の機会を減らす必要が生じ、医療業界は「全く新しいワークフロー」を強いられている。COVID-19対策として「仮想回診システム」を構築した米国医療機関は、どのような変化に直面したのか。(2020/10/9)

「ERP」と「RPA」の賢い組み合わせ方【後編】
RPAを「レガシーERPの延命策」だと考えてはいけない
「RPA」製品は定型的なビジネスプロセスの効率化に貢献する。ただし古くなったERP製品を延命させる手段にはならない――。専門家がこう警告するのはなぜなのか。(2020/9/25)

無線LANと移動通信システムの進化【後編】
「Wi-Fi 6」は何がすごいのか? 「5G」よりもテレワークに適する?
無線LAN規格「Wi-Fi 6」は企業にどのようなメリットをもたらすのか。在宅勤務などのテレワークを実現する手段として「5G」と比べることに意味はあるのか。無線技術分野の識者が語る。(2020/9/24)

医療ITの課題は、業界そのものの課題
医療機関CIOが新型コロナで直面する「最大の課題」とは?
新型コロナウイルス感染症は米国の医療業界にどのような影響を及ぼしたのか。医療機関のCIOが優先して対処すべき課題は何なのか。専門家に話を聞いた。(2020/9/23)

「プライベート5G」の基礎【前編】
「ローカル5G」「ネットワークスライシング」とは? 2大プライベート5Gの違い
「5G」の活用を検討する企業が取り得る手段として、5Gのプライベートネットワークの構築・運用がある。その2大手法である「ローカル5G」と「ネットワークスライシング」の違いを整理する。(2020/9/15)

「ERP」と「RPA」の賢い組み合わせ方【前編】
ERP刷新までの“つなぎ”としてこそ「RPA」を使うべき理由
レガシー化したERP製品のアップグレードや移行を検討するには時間がかかる。刷新プロセスの途中段階で役立つ可能性があるのが「RPA」製品だ。どのように役立つのか。(2020/9/8)

Computer Weekly製品ガイド
アプリケーションモダナイゼーションの障壁を克服するには
クラウドネイティブと誰もが口にするものの、ほとんどの企業は何もない所からやり直せるほど幸運ではない。レガシーアプリケーションをどうすれば前進させられるかを検討する。(2020/9/2)

中長期的な視野での環境整備を
従業員の「デジタル体験」を向上させるテレワーク環境を構築するには
昨今の環境変化によって、急場しのぎで「テレワーク」を始めた企業もあるだろう。だが、その対策は「ニューノーマル」に向けて十分なものだろうか。中長期的な視点に立てば、「対策」だけで済ませてはならないことに気付くはずだ。(2020/8/26)

Computer Weekly製品ガイド
レガシーアプリをクラウドネイティブ化する方法
レガシーアプリケーションと新しいデジタルプラットフォームを統合する方法について検討する。(2020/8/27)

パスワードも指紋も不要
普段通りに端末を使うだけで認証される「行動的生体認証技術」
利用者に特別な操作を要求せずにユーザー認証できる、行動的生体認証技術が注目されている。ユーザー体験とセキュリティが同時に向上する仕組みとは?(2020/8/14)

ハイエンドスマホはもう必要ない?
スマートフォンが売れなくなった、新型コロナ以上に根深い理由
2020年1〜3月期の世界スマートフォン販売台数は、前年同期比で約20%の減少に見舞われた。専門家は原因としてパンデミックに伴う混乱を指摘するが、原因はそれだけではない。(2020/8/1)

積極的なネットワーク部門幹部
企業の5G&Wi-Fi 6導入は意外に早い?
多くのネットワーク部門幹部は5GやWi-Fi 6によって自社にイノベーションがもたらされると考えているという。彼らは5GやWi-Fi 6をどのようなユースケースに適用しようとしているのだろうか。(2020/7/31)

仮想背景だけではない「Zoom」の優位点
Zoom会議中に少人数で話せる「ブレークアウトルーム」はTeamsでも使える?
「Zoom」ではWeb会議の参加者を小規模なグループに分ける「ブレークアウトルーム」機能を利用できる。「Microsoft Teams」や「Cisco Webex Meetings」といったライバルではどうなのか。(2020/7/11)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
脅威レポートで確認する、IoTセキュリティの現状とリスク管理の最適解とは
企業や医療機関で利用されるIoTデバイスの数は増加し続けている。これにより革新的なアプローチやサービスが生まれる一方で、セキュリティ上のリスクも問題化してきている。そこでIoT脅威の現状と適切なリスク管理方法について解説する。(2020/7/7)

プライバシー課題を克服
「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化
患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。(2020/7/2)

テレワークにも一役買う「EDR」
老舗企業がテレワークを積極活用できる理由とは? 鴻池運輸のセキュリティ戦略
物流と複合ソリューションサービスの老舗である鴻池運輸は「デジタルイノベーション」と「クラウドシフト」を戦略に掲げた改革で、コロナ禍でもいち早い全面テレワークを実現した。急速なIT変革を推し進める同社のセキュリティ戦略とは。(2020/6/5)

必要だからこそ自動化技術に取り組む好機
コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?
新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。(2020/5/29)

5Gの複雑性を解決
HPEが5Gインフラ構築用オープンソースソフトウェアを提供
HPEが地理的に分散し複数世代の技術が混在した環境を前提に、5Gインフラの構築を実現するソフトウェアを提供するイニシアチブを発表した。(2020/5/26)

IoT向けネットワークで脚光
無線PAN規格「IEEE 802.15.4」とは? 「ZigBee」「Wi-SUN」が採用
IoT向けのネットワーク技術にはさまざまな種類がある。その中でも重要な無線PAN規格「IEEE 802.15.4」と、その関連規格を紹介しよう。(2020/5/25)

テレワークがIT部門に与えた影響【中編】
新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が
テレワークの推進は、企業のIT投資の動向にも影響している。調査結果を基に、企業が直面した具体的な変化を説明する。(2020/5/19)

RPAの限界を知り、真価を引き出す
攻めのIT戦略につなげる効率化の鍵は「高度な自動化」
パンデミックによる経済危機を迎えるときこそ、既存業務を自動化して新規ビジネスに挑戦するチャンスを確保したい。しかしRPA(ロボティックプロセスオートメーション)だけに頼った自動化は限界がある。目指すべき自動化の在り方とは。(2020/4/27)

ロックインなしでイノベーションを継続するクラウドサービスとは
NTTデータがクラウドサービスにオープンテクノロジーを採用、その真意は
NTTデータが提供しているクラウドサービス(OpenCanvas)を拡充し、アジリティーと堅牢(けんろう)性を両立させるという。どんな技術を採用したのだろうか。(2020/4/24)

Alibaba vs. AWS、MS、Google【後編】
Alibaba Cloudが欧米市場に進出するための条件
トップクラスのクラウドプロバイダーに成長したAlibaba Cloudだが、欧米市場への進出には苦戦している。欧米のユーザー企業はAlibabaをどう見ているのか。採用の可能性はあるのか。(2020/4/20)

Alibaba vs. AWS、MS、Google【前編】
Alibaba Cloudの世界進出は成功するか
今、Alibaba Cloudが世界中に拠点を築いてビジネスを拡大しようとしている。Googleを抜き市場シェア3位となったAlibaba Cloudはこのままシェアを拡大し続けるのか。(2020/4/8)

戦略転換は受け入れられるか
IntelがAIプロセッサ「Nervana」の開発を打ち切り、「Habana」に注力する理由
IntelがAIプロセッサ「Intel Nervana」シリーズの開発打ち切りを表明した。代わって同社は2019年に買収したHabana Labsのプロセッサに注力する。同社の行動が意味するものとは。(2020/4/7)

銀行導入事例
深層学習でブランド個性に合わせた音声を生成する「Amazon Polly」
Amazon Pollyは、ディープラーニングを利用してブランドイメージに合わせた音声を生成できる。オーストラリアの銀行は、コンタクトセンターに「オーストラリア英語」で応答するAIを導入しようとしている。(2020/3/23)