Amazonと反トラスト法【後編】
Amazonはなぜ訴えられたのか? 問題視された「最恵国待遇」(MFN)の意味
「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。(2021/7/21)

各業界で「無線LAN」を補う「5G」【後編】
学校や病院が「無線LAN」に加えて「5G」を使うべきこれだけの理由
「5G」が大きく変える可能性のある業界が、教育と医療だ。学校や病院の現場を、5Gはどのように変えるのか。具体的な活用例とともに紹介する。(2021/7/20)

量子コンピュータに超低温が必要な理由は
「超低温を計測可能な温度計」が量子コンピュータ実現を加速
スウェーデンのチャルマース工科大学が、超低温をミリケルビン単位で計測できる温度計を開発した。なぜこれが必要だったのか。量子コンピュータを10ミリケルビン(−273.14度)に冷却する必要性とは何か。(2021/7/16)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【後編】
「触覚インターネット」とは? 「5G」が実現する医療、ヘルスケア業界の未来像
「5G」による通信で大きく変わる可能性がある業界が幾つかある。医療やヘルスケアの業界がその一つだ。具体的にどう変わるのだろうか。(2021/7/13)

ヒートアップするチップ開発競争【後編】
IBMはなぜ「2ナノ」半導体チップを開発したのか?
IBMは半導体分野の研究開発成果を収益化することに関して積極的ではなかった。2ナノプロセスの半導体チップの開発で、その姿勢は変わる可能性がある。IBMはこの新技術を事業にどう生かそうとしているのだろうか。(2021/6/30)

競争を勝ち抜くアイデアはこうして創造せよ
ビジネスに新価値をもたらすアイデアの創出策 レッドハットがアイデアソン開催
競争の激しいビジネス環境を企業が勝ち抜くには、新たな価値をもたらす「アイデア」が必要だ。だが、そう簡単に斬新なアイデアは生み出せるものではない。そこで、多くの人がアイデアを出し合い、共有しようというイベントが開催された。(2021/6/21)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【前編】
なぜコミュニケーションツールは統一できないのか 放置したら起きる“災厄”は
大抵の企業はなし崩しで複数のコミュニケーションツールを併用している。IT部門が事態を黙認して管理しないままでいると、いずれ「バベルの塔」の神話のような大混乱が起きる。(2021/6/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
アプリのデリバリーサイクルを高速化、「クラウドネイティブ」で変わる手法とは
近年では、クラウドネイティブアプリケーションの迅速な開発サイクルによる継続的イノベーションが求められている。しかし、その実現には、開発や管理の方法を変化させる必要がある。本資料では、その指針を解説する。(2021/6/2)

「AIOps」を正しく理解する【前編】
「AIOps」の本当の意味 “人間の代替”はよくある誤解
「AIOps」は、従来のシステム運用とは考え方が根本的に異なる。AIOpsは企業に何をもたらす仕組みなのか、その本当の意味を考える。(2021/5/25)

新型コロナで加速する製造業のIT投資
クラウド移行や3Dプリンタ活用が加速 製造業向けITの4大トレンド
製造業の間でIT投資が進む中、ITベンダー各社も製造業向けの製品・技術開発を活発化させている。ITベンダー各社のイベント内容を基に、「IIoT」をはじめとする製造業向けITのトレンドを整理しよう。(2021/6/15)

「ジャパンミラクル」を生んだ視点
元ネスレ日本の高岡氏が語る、中小企業がイノベーションを起こす方法
ネスレ日本社長に就任後、数々のプロジェクトを成功に導いてきた高岡浩三氏は、2020年に同社を退社した後、日本企業のイノベーション支援に尽力している。高岡氏が語る、日本企業がイノベーションを起こすために取り組むべきこととは。(2021/5/24)

もしAmazonが建設業界に進出したら【後編】
“破壊者”Amazonに敗北しないために建設業がやるべきこととは?
Amazon.comが建設業界に進出した場合、企業にも消費者にもメリットをもたらす可能性がある。だがデジタル化に遅れた建設業界の企業にとっては大きな脅威となり得る。生き残るために建設業界の企業は何をすべきか。(2021/5/19)

革新的な技術は魅力的だが……
LGがスマホ事業撤退を選んだ「中国の台頭」「コロナ禍」以上に残念な理由
スマートフォン事業からの撤退を決めたLG Electronics。実験的な製品を市場投入していた同社の撤退は、ライバルの台頭やコロナ禍が引き金になったことは確かだ。だが原因は本当に環境要因だけなのか。(2021/5/15)

ITコスト最適化の7大ポイント【第1回】
Gartnerお墨付き ITコスト最適化に役立つ「4層フレームワーク」とは?
企業がコストを抑えながらビジネスを継続させる上で重要なのが、ITコストの最適化だ。Gartnerが示すフレームワークを参考に、ITコスト最適化の具体策を検討する。(2021/5/7)

非接触チェックイン、自動車椅子、顔認証決済――
コロナ禍の逆風をチャンスに変える 日本航空(JAL)に聞くデジタル変革のヒント
新型コロナウイルスの逆風が吹き荒れる中、テクノロジーを活用して顧客価値創造に挑戦しているのが日本航空(JAL)だ。同社でデジタル変革を実現してきた西畑智博氏にポイントを尋ねた。(2021/5/6)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第4回】
Google「Anthos」を利用できるHCIは? Kubernetesをハイブリッドクラウド化
「Kubernetes」と「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)の組み合わせはハイブリッドクラウドにも広がっている。Googleのハイブリッドクラウド構築サービス群「Anthos」を取り入れるHCI製品を紹介する。(2021/4/27)

NEWS
働きたい会社の条件は「安心して働けるか」 チームスピリット調査
チームスピリットの調査によると、働きたい会社の条件には、他者からの承認や自己実現が可能であるかよりも、ストレスの少なさや心理的安全性がより重視される傾向にあるという。(2021/4/23)

データの倫理的活用を考える【第5回】
Salesforceも「データの倫理的活用」に本腰 原則を現場に落とし込む方法とは?
経営層がデータを倫理的に扱うと決めても、現場にその意図が伝わらなければ意味がない。どのようにすればよいのか。Salesforceをはじめとする先駆的企業の取り組みを基に考える。(2021/4/13)

NEWS
NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決
NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。(2021/4/9)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【後編】
「IT投資ロードマップ」再検討を成功させる「戦略」「スキル」の見直し方
IT投資ロードマップを再検討する際に重要なポイントは何だろうか。「戦略」「スキル」の観点で解説する。(2021/4/9)

4万台超の端末を保護するANAのセキュリティ対策
ANAがセキュリティ対策で直面した「人材」「コスト」「運用負荷」の課題とは
DXに積極的に取り組むANAホールディングス。グループの中核企業である全日本空輸(ANA)は、顧客データの活用に必要なセキュリティ対策として、EPP製品とEDR製品を使っている。ANAがセキュリティ対策で直面した課題とその解決策とは。(2021/5/11)

データの倫理的活用を考える【第4回】
「データの倫理的活用なんて当たり前」と自信満々な人ほど危険な理由
AI技術のために用意したデータを、企業は倫理的に扱えているのか。データの倫理的活用に自信を見せるビジネスリーダーもいるが、その実態は。(2021/4/6)

PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【前編】
定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」とは? “普通のDaaS”との違いは
「PC as a Service」(PCaaS)や「Devices as a Service」とはどのようなサービスなのか。両サービスの内容と、「DaaS」として広く知られる「Desktop as a Service」との違いを説明する。(2021/3/30)

データの倫理的活用を考える【第3回】
“取りあえずデータ収集”の落とし穴 「警察や検察へのデータ開示」が招く問題
「いつか何かに使うかもしれない」といった考えで、目的が不明瞭なまま集められるだけのデータを取得しようとすることは望ましいことではない。そうした企業は、大きな代償を払うことになる可能性があるからだ。(2021/3/29)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

Webブラウザのイノベーションが加速か
「Edge」レガシー版終了へ Chromium版への移行で起こる“破壊的な変化”とは?
Microsoftはレガシー版の「Microsoft Edge」を一掃し、「Chromium」ベースの新しいEdgeにリプレースする計画だ。これはレガシー版EdgeユーザーやWebブラウザ市場にどのような変化をもたらすのか。(2021/3/21)

「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第3回】
「リモート採用」成功の手段とは? オンライン採用イベントからWeb会議まで
人事部門はコロナ禍で急速に重要性が高まったリモート採用をどう導入し、どう成果を引き出せばよいのか。4つのヒントを紹介する。(2021/3/16)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
黎明期のエッジコンピューティング
「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。(2021/3/15)

データの倫理的活用を考える【第1回】
「取れるデータは根こそぎ取る」はなぜ駄目か? 「倫理的データ収集」の重要性
企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。(2021/3/15)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【前編】
AmazonのベゾスCEOが退任 後任がAWSのジャシー氏になる“納得の理由”
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが2021年に退任し、AWSのアンディ・ジャシーCEOが後任に就く。この人事交代に対して、アナリストは「当然の判断だ」と口をそろえる。その理由とは。(2021/3/10)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
コロナ下で製品開発はどう変わるべき? 調査で見えた改善の5つのヒントとは
新型コロナウイルスは製造業にも多くの影響をもたらし、製品開発およびハードウェア設計の現場は今、変革の時期を迎えている。約1000人への調査結果を基に、生産性向上とイノベーションを実現するための5つのヒントを解説する。(2021/3/8)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
リモートワーク移行で浮き彫りになった、レガシーなCADシステムが抱える課題
新型コロナウイルスの影響は、製造業における製品開発からリリースに至るプロセスにも及んでいる。企業には、ニューノーマル時代の新たな働き方に順応しつつ、製品のイノベーションを推進するための取り組みが求められている。(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
一足飛びには実現できないハイブリッド環境、4つのステップを上り切る方法は
イノベーションを創出する「攻めのIT」と、効率化を図りながらの安定運用が求められる基幹系などの「守りのIT」。これらを両立するのがハイブリッドクラウド環境だが、一足飛びに実現することは難しい。どのような戦略を描けばよいのか。(2021/3/1)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】
業績悪化でも企業が「解雇」を最終手段にすべき理由と、検討すべき代替策
企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。(2021/2/15)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
アプリケーションのモダナイズを推進、統合プラットフォームの実力とは?
新たな顧客体験の創出やイノベーションの活用に向けて、アプリケーションのモダナイズが加速する昨今。その一方で、多様なアプリケーションの要件をインフラに適合させることの難しさが課題となっている。この課題を解消する方法とは?(2021/2/2)

受け入れがたい問題に直面
「海外で発生したロックダウン」による影響から学んだ教訓
自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。(2021/2/2)

パンデミックがもたらした人事の課題【後編】
人事部門は「ギグエコノミー」「BLM」にどう対処すべきか? Gartnerが助言
人事部門を取り巻く状況はどう変化するのか。そうした変化の中で、従業員とどう向き合えばよいのか。Gartnerに聞く。(2021/1/28)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【中編】
バイデン政権はトランプ政権よりも「GAFA」に“攻撃的”か?
バイデン政権への移行で、巨大IT企業に対する連邦当局の取り締まりはさらに厳しいものになるのか。反トラスト政策と米政治家の思惑を探る。(2021/1/27)

TechTarget発 世界のITニュース
RingCentralがAI音声分析スタートアップを買収 「UC」×「AI」で何が変わる?
スタートアップのDeepAffectsは、音声通話やWeb会議などの音声を分析可能なAI技術を開発する。RingCentralは買収を通じて、DeepAffectsの技術をどう生かすのか。(2021/1/21)

開発者同士がテレワークで共同作業:
クラウドが開発“競争”を“共創”に変える――自動車業界で進む変革
自動車技術の研究や普及を担う団体が、クラウドを使って企業の垣根を越えた取り組みを開始した。それをベースに、さまざまな業界が参加する「スーパーテレワーク・プラットフォーム」の構築にも取り組んでいる。壮大な取り組みの中身とは。(2021/1/14)

「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【後編】
「クラウドベンダーのHCI」が注目されない理由と、HCIベンダーが目指す未来
クラウドベンダーも市場に参入するなど「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は企業のデータセンターの今後を左右する存在になっている。HCIの重要性が今後さらに高まるのはなぜか。注目すべき動向を紹介する。(2021/1/8)

モダンなソフトウェア開発の課題【前編】
モダンなソフトウェア開発のための開発チーム運営方法
コンテナ化されたマイクロサービスや自動化されたテストを効果的なコラボレーションやコミュニケーションと組み合わせれば、ソフトウェアのイノベーションを加速することができる。(2020/12/30)

TechTarget発 世界のITニュース
ServiceNow、AIスタートアップElement AIを買収 「Now Platform」を強化
ServiceNowがカナダに拠点を置くAIスタートアップElement AIを買収する。ServiceNowは買収を通じて、PaaS「Now Platform」の機能強化を図る。(2020/12/25)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【中編】
老舗工具メーカーが「DX」推進に人材教育が必要だと考える訳
工具メーカーStanley Black & Deckerが抱える世界中の拠点では、最新技術を採用した工場もあれば、自動化が進んでいない工場もある。こうした中でDXを推進する同社が、従業員教育に注力する理由とは。(2020/12/24)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
セルフサービス分析をオンプレ/クラウド全域で実現、次世代データ基盤の導入法
データから価値を引き出し、競争力を高める上で、ハイブリッド/マルチクラウド環境全体にわたるセルフサービス分析機能を備えることは重要だ。そこで注目される定番データプラットフォームについて、移行の鍵となるポイントを解説する。(2020/12/4)

「5G」と「AI」を同時に語るべき理由【前編】
「4G」のままではなぜ駄目なのか? 「5G」がAI時代に必要な理由
「5G」が登場したことで「AI」技術の活用が大きく進む可能性がある。その背景には何があるのか。なぜ「4G」のままでは駄目なのか。専門家の話を交えて考える。(2020/12/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、マーケティングワークフロー自動化のWorkfrontを15億ドルで買収
CXM市場での競争力を高めるべく、Adobeは関連ベンダーの買収を進めている。マーケティングワークフロー自動化ベンダーのWorkfront社を15億ドルで買収するのは、その一環だ。(2020/11/26)

臨床医療の意思決定支援とAI技術【後編】
コロナ禍で分かった、臨床で「AI」が役立つ用途、役に立たない用途
臨床時の意思決定支援にAI技術を活用する動きは、コロナ禍で急速に広がったわけではない。ただし幾つかの取り組みは進み、臨床医療にAI技術を使う可能性と難しさが少しずつ浮き彫りになってきた。(2020/11/17)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
現場主体でアプリを高速開発、JR東日本に見るイノベーションの取り組み方
ニューノーマルという大きな変化が到来する中、デジタル変革の重要性は理解していても、どう取り組めばよいか分からないという声はよく聞かれる。そこで、先進的に変革を進め、イノベーションを実現する国内大手企業の事例を紹介する。(2020/11/12)