2014年10月16日 15時00分 公開
特集/連載

HPが2社に分割、歓迎する人と心配する人のそれぞれの理由PC・プリンタ部門とエンタープライズ部門が分社

米Hewlett-Packard(HP)が2つの企業に分社化する。HPの新戦略は、果たして企業ITにどのような影響を及ぼすのか、また市場はどのような反応を示しているのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Hewlett-Packard(HP)は2014年10月、PC・プリンタ部門とエンタープライズ部門を2つの企業に分社化することを発表した。同社の新たな事業戦略は、企業の購買担当者らの注目を大きく集めている。

 PC・プリンタ部門の社名はHP Inc.となり、エンタープライズ部門の社名はHewlett-Packard Enterpriseとなる。Hewlett-Packard Enterpriseでは、企業向けのサーバやコンバージドシステム、サービス、ソフトウェア、クラウド事業を展開する。アナリストらの予想によると、少なくとも短期的に見れば、今回の動きが企業のPCの購買活動に影響を及ぼすことはないという。

分社化に対する反応

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...