2014年10月16日 15時00分 公開
特集/連載

PC・プリンタ部門とエンタープライズ部門が分社HPが2社に分割、歓迎する人と心配する人のそれぞれの理由

米Hewlett-Packard(HP)が2つの企業に分社化する。HPの新戦略は、果たして企業ITにどのような影響を及ぼすのか、また市場はどのような反応を示しているのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Hewlett-Packard(HP)は2014年10月、PC・プリンタ部門とエンタープライズ部門を2つの企業に分社化することを発表した。同社の新たな事業戦略は、企業の購買担当者らの注目を大きく集めている。

 PC・プリンタ部門の社名はHP Inc.となり、エンタープライズ部門の社名はHewlett-Packard Enterpriseとなる。Hewlett-Packard Enterpriseでは、企業向けのサーバやコンバージドシステム、サービス、ソフトウェア、クラウド事業を展開する。アナリストらの予想によると、少なくとも短期的に見れば、今回の動きが企業のPCの購買活動に影響を及ぼすことはないという。

分社化に対する反応

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。