「RPAはいずれ売れなくなる」と専門家が予想する2つの理由RPA市場の成長が鈍化する日【前編】

RPA市場は2025年までに220億ドル規模の成長路線をたどるが、いずれ成長は横ばいになるとForrester Researchはみる。その理由は何か。同社アナリストに聞いた。

2022年09月12日 05時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 調査会社Forrester Researchが2022年2月に公開したレポート「The RPA Market Will Grow To $22 Billion By 2025」によると、「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)市場は2025年までに220億ドル以上に成長する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴う自動化の需要が追い風となっている。

 こうした中、RPAの市場に変化の兆しがある。「RPA市場の成長は横ばいになる」と、Forrester Researchのアナリストで同レポートの主執筆者であるレスリー・ジョーゼフ氏は話す。その予測の根拠とは何なのか。ジョーゼフ氏に話を聞いた。

だから“普通のRPA”は売れなくなる

―― 「RPA市場の成長は横ばいになる」と考える理由は何でしょうか。

ジョーゼフ氏 RPAは“はかない技術”になる運命だった。2つのアプリケーションを連携させ、その連携状態の中を流れるワークフローを実現することがRPAの主な役割であり、RPAそのものは永続性を意図した技術ではなかった。

 「RPAは進化しなければならない」と私が考える理由は2つある。1つ目は前述の通り、RPAは企業が長期的に利用することを想定した技術ではないこと。2つ目は、RPAが役立つプロセスが限られることだ。

 RPAを利用してプロセスを自動化した組織の事例を見ると、大抵は財務、会計、人材調達といったバックオフィス業務のプロセスから始めている。このようなプロセスは一貫性があり、RPAが活躍する余地がある。こうした比較的簡単なプロセスの自動化が完了し、次に自動化すべきプロセスを探し始める際に、RPAの限界が露呈する。

 通常、共通性や一貫性のあるプロセスの自動化が達成できたら、次は「業界に特化した、さらに複雑なプロセス」の自動化に着手することになる。RPAが破綻し始めるのはここからだ。RPAでは、このような状況を打開できなくなる。自動化対象のプロセスが複雑になると、単純なユーザーインタフェース(UI)のレベルでの連携だけではなく、はるかに多くの機能が必要になるからだ。


 RPA市場の成長が横ばいになる兆しに備えて、主要ベンダーは何を始めたのか。後編はジョーゼフ氏にRPAベンダーの取り組みを聞く。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...