2019年03月24日 05時00分 公開
特集/連載

単なるバズワードではない「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力

「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。

[David Maldow,TechTarget]
画像

 「アイディエーション」という言葉は、デジタルホワイトボードなどの会議室用ディスプレイ製品の売り込み文句によく使われ、乱用されてもいる。しかし、アイディエーションはただのバズワードではない。

 アイディエーションとは、チームから斬新なクリエイティビティーを引き出すデザインのプロセスだ。会議室に適切なアイディエーションツールを導入して効果的に活用すれば、チームにとってゲームチェンジャーになる可能性を持っている。

 「コラボレーション」なら分かるが、アイディエーションの意味にはなじみが薄いという人は、各種のワークフローを提唱するアジャイル開発の例で考えてみよう。アジャイル開発の人気が高まったことを受け、オーディオ/ビデオ業界はアジャイルワークフローを支援する会議室関連製品を開発して販売するようになった。今、それと同じようなことがアイディエーションにも起こっていて、アイディエーションワークフローをサポートする会議室関連製品が登場し始めているわけだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...