2019年03月24日 05時00分 公開
特集/連載

「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力単なるバズワードではない

「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。

[David Maldow,TechTarget]
画像

 「アイディエーション」という言葉は、デジタルホワイトボードなどの会議室用ディスプレイ製品の売り込み文句によく使われ、乱用されてもいる。しかし、アイディエーションはただのバズワードではない。

 アイディエーションとは、チームから斬新なクリエイティビティーを引き出すデザインのプロセスだ。会議室に適切なアイディエーションツールを導入して効果的に活用すれば、チームにとってゲームチェンジャーになる可能性を持っている。

 「コラボレーション」なら分かるが、アイディエーションの意味にはなじみが薄いという人は、各種のワークフローを提唱するアジャイル開発の例で考えてみよう。アジャイル開発の人気が高まったことを受け、オーディオ/ビデオ業界はアジャイルワークフローを支援する会議室関連製品を開発して販売するようになった。今、それと同じようなことがアイディエーションにも起こっていて、アイディエーションワークフローをサポートする会議室関連製品が登場し始めているわけだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。