テレワーク/VDIは新たな使い方に進化
WITHコロナ時代には、戦略的なテレワーク環境「VDI+vGPU」が効果的なワケ
コロナ禍によって導入が加速したテレワーク。だが、多くの企業では急場しのぎな対応であったため、さまざまな課題も浮上してきた。“緊急避難的なテレワーク”から、“戦略的なテレワーク”へと進化するために有効な手段はあるのだろうか。(2021/9/15)

「クラウドRPA」基礎ガイド【後編】
「クラウドRPA」の「粗悪なbotの大量発生」を防ぐ仕組みとは
クラウドサービス形式のRPAソフトウェア「クラウドRPA」は、管理者のbot管理を容易にする。具体的にどのような管理面のメリットをもたらすのか。(2021/9/15)

「クラウドRPA」基礎ガイド【中編】
「クラウドRPA」がもたらす「RPA」×「API」のメリットとは?
最近の「クラウドRPA」は、RPAソフトウェアの中核機能であるbotの開発方法やアプリケーションとの連携方法を多様化させている。その鍵となるのが「API」だ。(2021/9/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
7業界28組織における最新IT事例から探す、自社のビジネス課題の解決策
レガシーなインフラはビジネスの足かせとなり、業務効率と働きやすさを阻害する。デジタル技術とデータの価値を最大限活用するため、最新のITソリューションに目を向けたい。そこで、28組織の事例から改善のヒントを探る。(2021/9/10)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
業務効率や生産性を向上、9社に学ぶ製造業における働き方改革の推進策
他の業界と同様に、製造業においても働き方改革やDXの推進が急務となっている。その中で、さまざまなIT製品を導入し、業務効率や生産性の向上、リモートワーク対応などの成果をあげた企業の取り組みを9つ紹介する。(2021/9/10)

「クラウドRPA」基礎ガイド【前編】
「クラウドRPA」とは何か? 普通のRPAソフトウェアとの違いは
クラウドサービス形式のRPAソフトウェア「クラウドRPA」は、オンプレミスのRPAソフトウェアと比べてどのような特徴があるのか。クラウドRPAの仕組みとメリットを説明する。(2021/9/1)

現状整理から運用体制確立まで
ゼロトラスト先駆者に聞く 働き方を本気で改革可能なセキュリティインフラとは
ゼロトラストセキュリティが話題になる一方、キーワードが独り歩きするとともに個別最適でのツールありきの検討が問題になっている。場所を問わず働ける、ビジネスの戦力になるITインフラをゼロトラストセキュリティで実現する鍵とは。(2021/8/31)

サイバーセキュリティ予算の賢い立て方・使い方【後編】
ROIを高める「サイバーセキュリティ予算」の使い方“3大ステップ”
サイバーセキュリティはROIが見えにくい。CISOがサイバーセキュリティ予算の配分と投資で組織に貢献するためには、どうすればよいのか。(2021/8/12)

「社内システムの課題と業務効率化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/2)

従業員に不便をかけず安全性を高めるには
テレワークでの情報漏えいを防止、持ち出しPCのデータを低費用で守る3つの方法
テレワーク環境で危惧される、PCの紛失/盗難によるデータ漏えいリスク。だが防止策として有効なシンクライアントも、コストや構築工数、利便性の低下などが導入のネックになる。これを解消する「3つの具体策」とは?(2021/7/1)

パスワードに潜む課題と最適な代替案とは
厳密に管理するほどリスクが増える? テレワークPCのセキュリティの落とし穴
社外へPCを持ち出す機会が増える今、パスワードの漏えいや画面ののぞき見による情報漏えいを懸念する企業が増えている。だが、厳密過ぎる管理はかえってリスクを高め、従業員の負荷も増やしてしまう。これを解決するには?(2021/6/28)

GoogleとDeloitteが語る「コロナ禍の企業活動」3つのトレンド【前編】
「Google Workspace」責任者が明かす、今注目しているITトレンドとは?
パンデミックで登場した新たな企業活動は、今後どのように勢いを増していくのか。GoogleとDeloitte Consultingの幹部に聞いた。(2021/6/23)

セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【後編】
「冗長な作業の自動化」は過労の“燃え尽きセキュリティ担当者”を救うか
セキュリティ人材の深刻な不足と、過労による燃え尽きのリスクは表裏一体だ。セキュリティ分野のプレゼンスを高め、優秀な人材をつなぎ止めるには「業界を挙げた取り組みが必要だ」と専門家は説く。効果的な策とは。(2021/6/3)

セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【中編】
仕事に不満のセキュリティリーダーが部下の燃え尽きを防ぐ“発想の転換”とは?
セキュリティ担当者の「燃え尽き」を防ぐためには、何をすればよいのか。具体的な施策として、プロジェクト管理の新しいアプローチと、インセンティブの扱い方のこつを解説する。(2021/5/27)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Teams」で「Excel」を使う利点と“落とし穴”
「Microsoft Teams」の機能は便利ですが、「Microsoft Excel」のファイルを使った作業では意外な不便さを強いられることがあります。Teamsを使った共同作業でExcelファイルを扱う際のこつとは。(2021/5/17)

組織も技術もリーダーシップが重要
中小企業は5GやAIとどう向き合えばいいのか 森 正弥氏の戦略論
5GやAIなどの先端技術は今後どのように活用が広まっていくのか。中小企業はこうした技術をどう捉え、どのように活用の道を探っていけばいいのか。国内外の技術動向に詳しい森 正弥氏に話を聞いた。(2021/5/6)

NEWS
働きたい会社の条件は「安心して働けるか」 チームスピリット調査
チームスピリットの調査によると、働きたい会社の条件には、他者からの承認や自己実現が可能であるかよりも、ストレスの少なさや心理的安全性がより重視される傾向にあるという。(2021/4/23)

「社内システムの課題と業務効率化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/21)

NEWS
四国銀行がタブレットで紙ベースの窓口業務をデジタル化 顧客満足度の向上図る
四国銀行はタブレットを活用し、行員が来店者と一緒に画面を見ながら申請手続きを進めることができるシステムを導入した。来店者が紙の申請書を記入する手間を減らし、業務効率と顧客満足度の向上を目指す狙い。(2021/4/13)

全体最適はDXの第一歩
現場主導の「RPA」管理が失敗しがちな理由、鍵は「ガバナンス」強化
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の能力を最大限に引き出して使いこなすには、部門ごとの運用管理では限界がある。「野良ロボット」「休眠ロボット」などのリスクを回避し、ガバナンスを強化する秘策は。(2021/3/26)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】
空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。(2021/3/23)

Sansanは人事とIT戦略をどうつないだか
IT部門が積極的に関わるべき「人事システムの大問題」と解決法
勤怠や給与、評価、採用など人事業務ごとに個別システムを使うことで貴重な人材情報が分散し、人材やビジネスの成長に活用できていない企業は多い。Sansanの人事システム改善事例から解決法やIT部門と人事部門の望ましい協調体制を考える。(2021/3/18)

現場が付いてこなければ意味がない
課題は「現場への定着」、中小企業が目指すべき「AI-OCR・RPA導入の最適解」とは
国内全体で人手不足が進み、その波は中小企業にまで及んでいる。少人数で業務をまわすには業務効率化が不可欠だ。しかし、デジタル化はなかなか進まない。それはなぜか。業務効率化のボトルネックを解消するAI-OCR・RPAとは?(2021/3/17)

「安い」だけが正義じゃない
通信契約で“落とし穴”にはまらないためのテレワークインフラ選びのポイント
テレワークの導入が進む中、システム面だけでなく通信環境にも目を向けたい。通信遅延や読み込み速度の低下が頻繁に発生すれば、業務効率や生産性の低下が懸念される。そうした環境で従業員のパフォーマンスは発揮されるだろうか。(2021/3/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Teams」はWeb会議とチャットだけの手段ではなかった
「Microsoft Teams」をWeb会議やビジネスチャットのためだけに使うのはもったいない。翻訳機能による多言語会議やファイル共有、電話、チャットbotなど、高度なコラボレーションを実現する8つの使い方を紹介する。(2021/2/25)

2021年のDXトレンド予測【後編】
「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由
2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。(2021/2/24)

クラウドサービスのトラフィック最適化【第7回】
“速いMicrosoft 365”をかなえる「クラウドとの距離」を縮める利点と課題
クラウドサービスを快適に使うために、通信を最適化する方法はさまざまです。今回はそれらの中から、クラウドサービスとの距離を最小化する方法のメリットとデメリットを紹介します。(2021/2/24)

株式会社日本HP、三谷商事株式会社提供ホワイトペーパー:
急いで導入したテレワークで生産性や安全性が課題に、日本CCS調査の解決策は?
テレワークを継続的なものにするには、業務効率の低下やセキュリティ面の課題を解決する必要がある。“分かりやすいIT環境”を重視してテレワーク環境の再構築を図った日本CCS調査は、メールやデバイスの運用をどう改善したのだろうか。(2021/2/10)

顧客満足度を向上させ、オペレーターの業務負荷を軽減する
コンタクトセンターの業務改善に「音声認識」技術が役に立つ理由
音声認識技術を活用することで、コンタクトセンターはVOC(顧客の声)の収集、分析の高度化とオペレーター業務の効率向上が実現する可能性がある。音声認識技術の具体的な活用方法とは。(2021/2/9)

「本人確認」「認証」以外にも役立つ
「電話に出てもらえない」「メールを読んでもらえない」を解決するSMS活用法
顧客や取引相手とのやりとりにおける「電話がつながらない」「メールを読んでもらえない」といった事態は、連絡業務の負荷を大きくする。SMSならこうした課題を解決できる可能性がある。「本人確認」だけではない、SMSの新しい使い道とは。(2021/2/1)

組織も技術もリーダーシップが重要
中小企業は5GやAIとどう向き合えばいいのか 森 正弥氏の戦略論
5GやAIなどの先端技術は今後どのように活用が広まっていくのか。中小企業はこうした技術をどう捉え、どのように活用の道を探っていけばいいのか。国内外の技術動向に詳しい森 正弥氏に話を聞いた。(2021/2/1)

VDC Research Groupの市場調査レポートから
新型コロナに挑む医療機関を支える「3つのIT」とは? 採用を阻む課題は?
新型コロナウイルス感染症との戦いの最前線に立つ医療機関にとって、医療の質と患者の安全を共に高めるのに有用なITとは何か。採用に当たって直面する課題とは何か。調査レポートの内容を基に紹介する。(2021/2/4)

成功した企業とそうでない企業の違いは
「期待した効果が出ない」「導入が進まない」 RPAの悩みを解消する方法
RPAを導入したものの、思ったような効果が出ないことに悩む企業は少なくない。RPAで業務の負荷を削減し、その効果を全社に波及させるにはどうすればよいのか。コニカミノルタジャパンの事例を基に説明する。(2021/1/20)

クラウドニュースフラッシュ
注文は最大秒間58.3万件 「独身の日」を耐えたAlibabaのクラウドとは?
「アプリケーションPaaS」の国内市場動向やECサイトでのクラウドサービス事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2020/12/28)

一つ上の「データ活用」へ
データを価値に変える重要要素「ロケーションインテリジェンス」とは何か
空間情報と企業内のデータを結び付けることでさまざまな洞察を引き出す「ロケーションインテリジェンス」。これをどのように活用すればいいのだろうか。(2021/3/29)

スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【後編】
「ノートPC」「プリンタ」を買ってから後悔しない選び方の鉄則
技術の進化やビジネスの変化に伴って、ノートPCやプリンタに求める条件は変化する可能性がある。ただし選定のポイントは大きく変わらない。ノートPCやプリンタの選定時に考慮すべき「不動の鉄則」とは。(2020/12/18)

データ分析基盤の構築の第一歩を踏み出す:
社内にある膨大なデータの移行と活用は「データレイク」でどう実現できるのか
デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進で重要となる「データ活用」。だが、増え続けるデータの保管、管理すらままならない企業は少なくない。このようなデータ周りの課題はどのように解決していけばよいのだろうか。(2020/12/9)

長期テレワークに備えたセキュリティ計画【後編】
テレワークを安全にする「ゼロトラスト」の基礎 なぜ「VPN」では不十分?
コロナ禍で導入したテレワークを安全に継続するためには、何をすればよいのでしょうか。企業が従来利用してきた「VPN」の限界と、「ゼロトラストセキュリティ」の重要性を説明します。(2021/1/14)

冗長化にはコストがかかるケースも
在宅勤務に「予備のインターネット回線」は必要か? 選択すべき回線は?
在宅勤務が継続する中で業務効率の維持・向上を図るには、安定したインターネット接続が欠かせない。接続が不安定な場合の有力な改善策が、予備の回線を使うことだ。検討から運用までの確認事項を紹介する。(2020/12/5)

「COTS」と「GOTS」を比較【前編】
「COTS」「GOTS」の基本的な違いとは? 政府機関のIT基礎用語
政府機関が業務効率化のためにソフトウェアを導入する場合、まず「COTS」ソフトウェアと「GOTS」ソフトウェアのどちらを選ぶかを決める必要がある。2つの基本的な違いを解説する。(2020/11/18)

テレワークで増大するセキュリティリスク
テレワーク中の「従業員の生産性」と「社用PCのセキュリティ対策」を両立させる方法
テレワークやクラウドサービスの利用は社用PCの管理を難しくしたり、業務アプリケーションの不正アクセスのリスクを高めたりする場合がある。社用PCと各サービスの従業員アカウントの管理を容易にしつつテレワークの生産性を維持するには。(2020/11/6)

組織も技術もリーダーシップが重要
中小企業は5GやAIとどう向き合えばいいのか 森 正弥氏の戦略論
5GやAIなどの先端技術は今後どのように活用が広まっていくのか。中小企業はこうした技術をどう捉え、どのように活用の道を探っていけばいいのか。国内外の技術動向に詳しい森 正弥氏に話を聞いた。(2020/11/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
軟性・運用性・可用性が向上、事例に学ぶHCIによるシステム統合とデータ集約
インフラ最適化は民間企業だけでなく官公庁にとっても大きなテーマだ。さまざまな組織が頭を悩ませる中、サーバ更改を機にシステム統合とデータ集約による柔軟性・運用性・可用性向上を実現した、地方自治体の事例を本資料で紹介する。(2021/8/2)

“脱Excel”か“活Excel”か
「テレワーク急増でExcelツールが使いにくくなった」らどうする?
コロナ禍をきっかけに社内のVPNやVDIがつながりにくくなり、それまで社内のファイルサーバで共有していたExcelツールの使い勝手も悪くなる問題が浮上しています。どのような解決策があるのでしょうか。(2021/1/5)

コロナ禍での業務効率化にも貢献
運輸会社が次世代RPA「IPA」で業務自動化 通関担当が20人から3人以下へ
「RPA」にAI技術を組み合わせた「IPA」により、運輸会社のPolaris Transportation Groupは従業員の作業負荷を軽減し、従業員をドキュメント処理からカスタマーサービスにシフトさせている。同社の取り組みを追う。(2020/10/27)

オムニチャネルによる一貫性のある顧客体験の創出
顧客体験向上と業務効率化を実現した七十七銀行のオムニチャネル施策とは
ビジネスのデジタル化が進む中、七十七銀行はデジタル技術を活用し、新たなオムニチャネル施策でマーケティング業務の強化と自動化による大幅な業務負担軽減を実現した。同行が実践した施策の全貌とそれを支える技術はどのようなものか。(2020/10/26)

テレワークも迅速に導入
北日本放送はVDIの“手放し”セキュリティ運用をどう実現したのか
VDIを自社で運用し、従業員の業務効率化を支援する北日本放送。セキュリティ対策製品の処理が肥大化し、従業員から「重い」「遅い」と苦情が寄せられる状況を、同社はどのように解消したのか。(2020/10/30)

医療IoTのリスクと対策【前編】
ペースメーカー停止の恐れも 「医療IoTセキュリティ」を無視できない理由
インターネット接続が可能な医療機器は進歩を続けている。普及するほどサイバー攻撃者に狙われるリスクも増す。医療IoTを標的とした侵害事例を振り返り、医療IoTセキュリティの重要性を理解する。(2020/10/21)

コンテナ化、マイクロサービス化もツールで
一般企業のためのクラウドネイティブ入門、DX実践の必須手法をより簡単に
既存システムを放置していると、数年後には企業の競争力が失われてしまう。クラウドネイティブ開発を採用して、既存システムを刷新するのは良い選択肢だが、社内で実現できるだろうか。不足する人員をどのように補えばよいのだろうか。(2020/10/12)

事例で学ぶデータ活用成功の鍵【後編】
急成長のエネルギー企業が「データ品質」を何よりも重視する納得の理由
質の高いデータ分析は、どうすれば実現できるのか。そのために重要なことは「データ品質」の維持だと、データ分析を成長に生かすエネルギー企業のEmber Resourcesは指摘する。それはどういうことなのか。(2020/10/1)