医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】
医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選
医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/13)

“脱Excel”か“活Excel”か
古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい
「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。(2019/6/12)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

「今どきモバイルに対応していないなんて」
「働き方改革の足を引っ張る経費精算システム」はいらない
働き方改革の機運は高まっているが、意外なことに経費精算システムがネックになっていることがあるという。外出先から申請や承認ができないシステムがあるためだ。だがむやみにシステムを刷新しても利便性やセキュリティなど懸念点は多い。(2019/6/12)

「変革型CIO」の条件【後編】
チェンジメーカーになれるCIO、なれないCIOを見分ける簡単な方法
ごく簡単な項目を確認するだけで、変革型CIO(最高情報責任者)になれるCIOかどうかを判断できるという。何を確認すればよいのか。(2019/5/29)

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】
社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?
コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。(2019/5/24)

意外な共通点を紹介
出会い系アプリに学ぶ、社内コラボツールのAI活用「3つのヒント」
企業向けコラボレーションツールが参考にしている意外な分野が出会い系アプリケーションだ。機械学習を活用した相性分析やコミュニケーション手法の長い実績があるからだという。(2019/5/11)

高効率な運用体制はどう作るか
Windows 10移行で変わるセキュリティ対策、運用設計のポイントは
Windows 10で大幅に強化されたセキュリティソリューションをどこまで効果的に使えるか? スキルの高いエンジニアやSOCチームがいない中堅・中小企業が、セキュリティと業務効率化を同時に解決する方法を取材した。(2019/5/8)

菓子メーカーとコンサルティング会社の事例を紹介
「Oracle Database」から「SAP HANA」への乗り換えが増えているのは本当か?
Oracle DatabaseからSAP HANAへ移行した企業がどれだけあるかについては見解が分かれる。注目したいのは、移行によってメリットを得ている事例が実際に出ていることだ。(2019/5/2)

回答者の中から抽選でAmazonギフト券が当たる
「中小企業における業務効率化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/4/24)

不正送金や支払先改ざんを引き起こす
RPAで深刻化、仕事の手順を勝手に変える「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)とは?
企業の支払いフローを改ざんし不正送金させる「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)のリスクが、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールの普及とともに増加する恐れがある。具体的な対策は何だろうか。(2019/4/22)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelの長過ぎる関数式をシンプルにするために、職場で心掛けたいポイント
気が付けば「Microsoft Excel」の関数式が長文に……。作成者なら理解できる関数式も、第三者が読み解くのは一苦労だ。チームで使うExcelツールならば、シンプルな関数式にしておかないと大きなデメリットが。(2019/4/9)

新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入
J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは
J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。(2019/3/29)

多様化するメール攻撃にどう立ち向かうべきか
最新アンケート調査に見る、今メールセキュリティに求められること
「Office 365」や「G Suite」といったクラウドサービスを利用する企業は今や多数派となりつつある(ファイア・アイ調べ)。利用の際に課題となるのは、攻撃の糸口となるメールセキュリティだ。(2019/3/29)

人事トップ×社労士に聞く「働かせ方改革の終わらせ方」
人事部長と社労士から見た「働き方改革法」対策とは
厳格化される時間外労働の上限規制ルール。罰則にならない方法を探すような後ろ向きの思考では「この先、生き残れない」。働き方改革と事業成功を両立させた人物と労務人事のプロに、これからの労務管理の在り方を取材した。(2019/3/27)

生産性向上、まずはIT部門の負荷軽減から
働き方改革の要になるIT部門のための「失敗しないHCI選び7カ条」
企業の成長戦略にIT投資と活用は欠かせない要素だ。つまり、成長の鍵はIT部門が握っている。IT部門が日々の運用に疲弊していては、全体の生産性向上もままならない。根本的な解決につながるITインフラ選びで、失敗しない条件を探る。(2019/3/22)

社内システム担当者が知るべき“順序”
「クラウド移行」ばかり気にして、オンプレミスをないがしろにしていないか?
多くの企業に関心を持たれ、導入も進むクラウド。だが自社のビジネスに最適化されたレガシーシステムを運用し続け、クラウド移行がうまくいかない企業もある。移行を成功させるには、何から始めればいいのだろうか。(2019/3/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
スマホ1台で仕事ができる 仮想デスクトップの想像を超える新機能とは
スマートフォン画面の大型化が進み、ビジネスの現場でスマートフォンを本格的に活用することが現実的になっている。デバイスだけでなく、モバイルワークに有用な製品やサービスが進化しているためだ。(2019/3/12)

ロードバランサーという選択肢
「Office 365のパフォーマンスが出ない」のは、ネットワークの問題?
「Office 365」を利用すれば業務効率アップ……という期待を抱いて導入したものの、予想外の通信が増大して、逆にパフォーマンスが低下する可能性がある。この懸念を回避するためにできることは?(2019/2/28)

クラウド化はもはや避けられない
東京海上日動、JR東日本、日立、三井物産はなぜ「クラウド」「SD-WAN」を使うのか
金融、交通、電機、商社。それぞれの業界をけん引する大手4社が、パブリッククラウドやSD-WANを利用し、ITインフラの変革を進めている。その取り組みの目的とは。(2019/3/5)

“脱Excel”か“活Excel”か
「今度こそ脱Excel」を狙った業務ツールは、コスパで選んではいけない
「Microsoft Excel」で作った独自ツールをやめる代わりに別の業務ツールを導入しよう――そうしてシステム選定を始めるとき、投資対効果を優先して選ぶと失敗のもとです。その理由は?(2019/2/25)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第16回】
「野放しのテレワーク」はNG 自然にセキュリティ意識が上がるルール作りのコツ
初めてテレワーク制度に取り組む企業が、セキュリティポリシーを整備する際には、取りあえずPCの利用履歴を取得することから始めてみましょう。利用実態を把握できれば、自社に最適なルールが自然と導かれます。(2019/2/4)

Web出願システムから「UCARO」へ
青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由
青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。(2019/1/30)

音声、UX、クラウドなども動向も確認
2019年、CIOの要注目トレンドはEverything as Code(EaC)、そしてAI
最高情報責任者(CIO)は、顧客のため、従業員のため、会社のために、最上級のユーザーエクスペリエンスを提供すべくその役割を遂行しなければならない。(2019/1/25)

“脱Excel”か“活Excel”か
「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは
「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。(2019/1/15)

働き方改革を身近なプリンタで
残業時間と人手不足の問題を解決――3つのケースで学ぶ効率化の鍵
資料や伝票の作成など、プリント作業は意外にも多くの時間と人手を必要とする。紙の出力が不可欠な資料や伝票で、残業が発生することは本質的ではない。仕事のやり方を劇的に変え、人手不足や残業時間を解消する方法がある。(2019/1/16)

導入しただけではその真価は分からない
導入企業の評価が高い「Office 365」の使いこなし方とは?
「Office 365」は導入しただけで業務が効率化できるものではない。その機能を最大限引き出すには、ちょっとした工夫が必要だ。(2018/12/28)

働き方改革とセキュリティとコストの両立
本社情シスが抱える宿題「現場のIT化と管理」はどうすれば推進できるか?
オフィス内の業務はペーパーレス化したのに顧客と向き合う現場は紙文化――あなたの勤め先では現場スタッフが企業情報システムの輪から除外されていないだろうか。安全かつ低コストで現場スタッフの生産性を高める方法について話を聞いた。(2018/12/28)

伊予銀行は150人分の作業を削減へ
「6分で口座開設」の実現例も アクセンチュアが銀行向けAIシステムを開発
アクセンチュアは銀行向けシステム「Chat Co-Robot」を発表した。ローン申し込み対応や口座開設を自動化し、行員や顧客の負荷軽減につなげる。(2018/12/17)

ITを使った業務効率化は誰が主導するのか
3事例に見る「脱Excel」を成功させた情シスのアプローチ
ITを使った業務の効率化は誰が主導するのが最適だろうか。実務の現場か、それとも情シス部門か。各社各様のアプローチが考えられるが、現場がうまく回るケースは何が違うのか。3つの成功例を基に、「自社の解」を見つけよう。(2018/12/6)

営業活動の「なぜ?」を解決
新人でも即戦力 AI×テキストマイニングで“売れる理由”を示す「Asales」
ストックマークは2018年11月、営業活動における意思決定プロセスを支援するサービス「Asales」を発表した。営業活動にまつわるテキストデータを分析し、AI技術によって情報を推薦する。(2018/12/6)

オープンソースの活用も有効
機械学習プラットフォームをどう選ぶ? 検討したい技術要素を説明
機械学習プラットフォームを比較する際は、利用できるデータソース、使いやすさ、自動化の機能など、複数の要素を検討する必要がある。(2018/12/4)

業務フロー改革のカギになる標準化と可視化
パッケージでもなく開発の必要もない、業務効率が上がるITシステムとは
生産性向上を狙ったITシステムを無理に導入しても、業務に合わなければ効率は上がらない。業務効率を向上させるには、さまざまな業務で活用できる汎用(はんよう)性を持ち、現場でカスタマイズ可能な仕組みが必要だ。(2018/12/28)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelがあまり得意でない中堅社員が、明日からでもExcelを学ぶことに意味はあるか?
職種によってはMicrosoft Excelの業務利用は必須ではなく、中堅社員でもそれは同様です。それでもExcelの学習は無駄にはなりません。特にVBAによるプログラミングは、IT導入に関与するとき大いに役立ちます。(2018/11/26)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
現場によるRPA開発時に必要な知識とは? 先に知っておくと役立つポイント
業務自動化を実現するRPAツールは、現場を理解している作業担当者自身が開発するのが理想的。ノンプログラミングで開発できるRPAツールでも、事前に覚えておくと役立つノウハウがあります。(2018/12/3)

企業内の業務効率化を驚くべきスピードで
「RPA+α」で、効率化しにくい「人手に依存する作業」を一挙に片付けよう
働き方改革の推進力として注目を集めている「RPA」。そもそも、どのようなメリットをもたらしてくれるものなのか。そして、導入効果を最大限に引き出すためのコツとは?(2018/11/27)

ロボットが働きやすい環境は整っているか
現場主導のRPA導入、効果を最大化するための必須アイテムとは
待望のRPA導入を果たしたものの、さまざまな要因で「壁」に直面してしまう企業が少なくないようだ。なぜ、うまく業務効率化につなげられないのか。その理由を解説しよう。(2018/11/27)

営業の見積もり作成作業を変える
共有トラブル防止だけじゃない、見積書の脱Excelがもたらす4つのメリット
Excelで作成した見積書を個人で管理しており、思わぬトラブルにつながった――こうした事件が後を絶たない。見積書作成で脱Excelを実現する方法を紹介する。トラブル防止以外の思わぬ効果も期待できる秘策とは。(2018/11/27)

煩わしい文書管理業務の負担を削減
複合機で読み取った文書を自動登録 クラウド文書管理「Smart Workstream」
富士ゼロックスは2018年11月13日、クラウド文書管理サービス「Smart Workstream」の提供を開始した。文書を電子化し管理する他、複合機との連携などにより作業効率の向上を支援する。(2018/11/21)

botが人よりも適切な物件を提案
「AI」(人工知能)が不動産担当者の職を奪う?
不動産業務にAI技術を取り入れる動きが広がりつつある。反復作業によるミスを減らすといった日常業務の効率化だけではなく、顧客が好む物件を提案するなど、人の判断を代替する用途も現実的になってきた。(2018/11/16)

分析やセキュリティ対策に貢献
VMware、Citrixが採用するAI技術 VDI管理は“AIOps”でどこまで変わる?
AI技術を用いたツールを使えば、IT担当者はVDIの管理を効率化できる。こうしたVDI管理ツールには、リソース要件を正確に見積もる機能や、問題の根本原因を分析する機能が備わっている。(2018/11/12)

売り上げは数百万ドル
化粧品会社の人事採用チャットbotが救ったのは「17%の既存顧客」
化粧品会社L'Orealでは、年間求人応募数が200万人に上る。145人の採用担当者で対応しているが、さらなる効率化のために人材採用プロセスを補助するチャットbotを導入した。(2018/10/26)

自動応答で顧客対応を自動化
クラウドでコンタクトセンターを効率化する「Amazon Connect」が国内で本格展開
「Amazon Connect」は設備投資や人件費の削減、導入期間の短縮につながるコンタクトセンターシステムだ。提供元のアマゾン ウェブ サービス ジャパンは、その東京リージョンにおける提供計画を発表した。(2018/10/26)

エキスパートに聞いてみよう
「会議の無駄」はどうすればなくせますか?
「会議」を改革して業務効率化と生産性アップを目指す企業にとって、どのようなアプローチが有効なのだろうか。(2018/10/25)

“脱Excel”か“活Excel”か
業務に不可欠なのに誰も管理していない「野良Excelツール」を、どうやって管理する?
誰が作ったのかよく知らないまま使っているMicrosoft Excelのツールが、あなたの職場にもあるかもしれません。誰が管理しているかも不明な「野良Excel」を使い続けるリスクと、適切に管理するためのヒントを紹介します。(2018/10/9)

RPAで手軽に業務効率化、効果を最大限に引き出すための方法とは
RPAによる手軽な業務効率化が注目を集める。だが安易なRPA頼みでは十分に成果が出ず、将来に問題が顕在化する可能性もある。超効率化を実現するために必要な考え方とは?(2018/9/27)

SFA導入で「脱Excel」のはず、営業活動の集計/共有は「Excelで」の謎
脱Excelを目指すも「SFAでは個人作業に手間がかかり、またExcelを使うようになった」という矛盾が発生する事例は幾つもある。システムとExcelのメリット両方を得るには?(2018/9/25)

デジタルトランスフォーメーション(DX)に不可欠
いまさら聞けない「機械学習」とは何か? 「AI」との関係は?
機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術が勢いを増している。こうした技術はIT投資の次の波になり、競争上の強みをもたらす可能性がある。(2018/9/19)

“脱Excel”か“活Excel”か
なぜExcelツールは、機能が増えるほどに使い勝手が悪くなってしまうのか?
社内の一部門で独自開発して利用していたMicrosoft Excelのツールは、機能追加を繰り返すほど、だんだん使い勝手が悪くなってしまうことがあります。こうした悪循環はなぜ発生するのか、どう避ければよいのでしょうか。(2018/8/23)

ブラックボックス化したシステムが招く悲劇
負の遺産化したAccess/Excelシステムが招く最悪の結果、防ぐにはどうすべきか
業務効率化システムの開発にAccessやExcelを活用する企業は少なくない。一方で受け継ぐうちに中身がブラックボックス化し、“負の遺産”になることもある。その対策とは?(2018/8/22)