検索時間が42秒から0.5秒に
DXを加速する「エンタープライズサーチ」による圧倒的効率化
デジタルトランスフォーメーション(DX)を妨げている一因は、データ資産の分断にある。社内の全システムの情報にアクセスできる「統合検索」システムの構築で、この課題を解決できる可能性がある。それはなぜか。事例を基に説明する。(2020/4/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「VPN」はなぜ昔も今もこの先も変わらずに必要なのか
長年の間変わらずに利用されてきたVPN。実践が広がるテレワークでも必須と言って過言ではない。VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、今後も必要とされ続ける理由を考察する。(2020/4/2)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える
「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。(2020/4/10)

データ消去を重視したDaaSを選ぶ
PCサブスク、返却時のデータ消去は安全か?
「所有から利用へ」のトレンドはハードウェアにも広がっている。PCのサブスクリプション型サービスで見落としがちなのがPC返却時のデータの扱いだが、実態はどうなっているのだろうか。(2020/3/23)

ベンダーによる支援策のリンク集
新型コロナウイルス対策を支える「テレワーク」関連製品の無料提供と相談窓口
拡大を続ける新型コロナウイルス感染症対策として、企業の間でテレワークの採用が広がっている。こうした中、ベンダー各社がテレワーク関連製品の一時無料化などの支援策を提供し始めた。主要な取り組みを集約した。(2020/3/23)

ストレージベンダーが「一から作り上げた」
オールフラッシュで差がつく 「ストレージ特化型アーキテクチャ」とは何か
企業が扱うデータ量は増え、データに期待される役割も変化しつつある。こうした中で、企業のIT担当者はデータをどう管理すべきか、そのために最適なストレージとは何か。企業向けクローズドセミナーの講演を基に解説する。(2020/3/24)

業務効率を落とさないためにできることは
「テレワークの効果を実感できない企業」がはまる3つの“落とし穴”とは?
人手不足の解消やBCPの観点から必要性が増すテレワーク。しかし従業員がテレワークでスムーズに働けるようにするためには、注意すべきポイントが幾つかある。それは何か。(2020/3/16)

際限なく増え続けるデータのコピー、どう管理する
データの価値を最大限に引き出すストレージ管理「4つのフェーズ」
企業で生成されるデータは、有効に使えば新たなビジネスチャンスを生んだり業務効率を高めたりできる。しかしデータ活用の入り口で止まってしまう企業が少なくない。何が足りないのか。(2020/3/12)

アナログFAXのままで本当に業務改善できますか?
「FAXのデジタル化」が最新技術との親和性を高め、業務改善を進める鍵に
最新技術が仕事や生活をどんどん便利にする一方で、古い技術が使われ続けることがある。古い技術が根強く残るのは、それが最も適した現場があるためだ。世代の異なる技術を無理なくつないでビジネス改革を実現する方法とは。(2020/3/12)

日本鋳鉄管の実践事例を紹介
中小製造業のIoT活用に向けた“第一歩”、レガシーなITインフラの現実的な刷新手法とは
自社の工場内に置かれたサーバを、実質1.5人のIT部門が昼夜を問わずの対応で管理――。水道インフラ関連製品の製造を手掛ける日本鋳鉄管は、IoTの活用や経営の効率化に向けて、そのボトルネックとなっていた既存のITインフラを刷新。IT部門の業務効率化や、IoT活用の基盤構築を実現した、その段階的かつ現実的な手法とは?(2020/3/4)

先進企業のIT幹部が語る現実的なAI戦略
シェル、ハリバートン、ユニバップが考える「今のAIにできること」
いち早くAI技術を活用した企業は、AI技術を自社のビジネスに積極的にどう生かしているのか。先駆的な企業の話から、AI技術の可能性を明らかにする。(2020/2/25)

短期納入という無理難題でも
デスクトップPCの更改に追われた情シス担当を救ったCTOモデルとは?
情報システム担当の大仕事の一つが業務用PCのリプレース。業務内容に応じてカスタマイズしたデスクトップPCを短納期で調達しなければならない状態に陥ったら、どうすればいいのだろうか。(2020/2/17)

RPA3大ソフトウェアロボットの違い【前編】
RPAの「非アテンド型」ソフトウェアロボットとは? 人手介さず作業を実行
RPAのソフトウェアロボットは大きく分けて3種類ある。中でも一般的な、人の介入なしに単純作業を自動化する「非アテンド型」ソフトウェアロボットの特徴を説明する。(2020/2/20)

システム側との自動化で、さらなるRPA拡張を
RPAとデータ連携で実現する、真のデジタルトランスフォーメーションとは?
働き方改革の浸透に伴い、定型的な業務をする人に代わって画面操作の作業を自動化することを目的にしたRPA導入が広がっている。RPAで成果を挙げた「次の一手」として業務自動化をさらに拡張し、DXに取り組もうという企業もある。(2020/3/2)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
コラボレーションツールに期待が集まっても、意外と普及しないのはなぜ?
「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、組織の活性化に貢献する手段として期待が高まっています。しかし導入しようとするとスムーズにいかない場合も。普及が進まない理由とは。(2020/2/21)

快適さと失業リスクは表裏一体?
「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由
1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。(2020/2/8)

「効率化」「自動化」を目指すために必要なこと
業務効率化できない中堅・中小企業が抱える3つの課題――現実解を探る
働き方改革の潮流を背景に、企業には一層の業務効率化が求められている。しかし理屈では分かっていても、ただでさえ忙しい中、一体どうすれば大幅な効率化など図れるのだろうか。その現実解を探る。(2019/12/27)

「職場におけるAI調査」が示す管理者の課題
なぜ日本の上司は「AI」より信用されないのか なぜ職場でAIが使われないのか
日本人の約8割が上司よりロボットを信頼することが調査で分かった。これは調査対象の10カ国平均よりも高い結果だ。一方でロボットの基幹要素であるAI技術の使用率は、調査対象国の中で最も低かった。なぜなのか。(2019/12/24)

UiPathやBlue PrismではなくAutomation Anywhereを選定
Excel依存の大手化学メーカーが「RPA」を全社導入 そのメリットと課題は?
グローバル企業のEastman Chemical Companyは、全社的なRPA導入計画にAutomation Anywhereを採用した。導入して分かったメリットと課題、他のRPAソフトウェアとの違いは。(2019/12/10)

パスワードは何個まで覚えられますか?
実は簡単――生産性とセキュリティの対立構造を解消するシンプルな方法とは
昨今、業務で使うデバイスが多様化したり、クラウドサービスを使ったりすることが当たり前になりつつある。一方IT部門の悩ましい課題としてセキュリティがある。ユーザーの働き方を強制せずに、セキュリティも確保する方法とは。(2019/12/19)

“脱Excel”か“活Excel”か
無理やり「Excelツールをチームで共同利用」するよりも、試すべき「Office 365」
Microsoft Excelで作成した社内ツールは、リアルタイムに複数人が同時編集することは困難な場合があります。マルチデバイスで共同編集できるツールを作るなら「Office 365」を検討する必要に迫られるでしょう。(2019/11/26)

どちらが向いている?
「SOAR」と「SIEM」の違いとは? セキュリティ業務を効率化する2大手段
セキュリティ運用に関する製品分野として、「SIEM」(Security Information and Event Management)と「SOAR」(Security Orchestration, Automation and Response)がある。これらの違いは何か。(2019/11/15)

失敗には理由がある
PoCで終わらせない「機械学習」のビジネス活用 5つのポイントを専門家が解説
データ活用に本腰を入れる動きが広がっている。しかし機械学習を導入しようとしてもPoC(概念実証)で終わり、実装まで進めないケースが少なくない。機械学習の導入を成功させる5つのポイントとは。(2019/11/5)

Schneider Electricが直面したRPA導入の障壁
電機大手の「RPA」推進チームが、事業部門のRPA導入要請をあえて断った理由
大手電機メーカーSchneider Electricは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入を進めている。同社のRPAの導入における障壁と、導入作業が長引く理由、そしてその解決策について説明する。(2019/10/28)

アクセス制御やロボット自体の保護が重要
“危険なRPA”を生まないためにやるべきセキュリティ対策とは?
業務フローの革新を推進するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)。そのセキュリティリスクを管理しなければ、実益よりも損害の方が大きくなりかねない。具体的な対策を探る。(2019/10/28)

「AI」で進化する自動化技術【前編】
RPAでは満足できない企業に贈る「AIによる業務自動化」のすすめ
生産性を向上させる有力な手段が、複数のシステムにまたがる業務や複雑な業務の自動化だ。こうした業務に適用可能な、インテリジェント化が進む業務自動化システムについて詳しく説明する。(2019/10/23)

「新たな石油」となるデータをどう管理する
データを守るだけでは生き残れない――データを価値に変えるストレージの新機軸
「新たな石油」と称されるデータをどう活用するのかという課題が企業を悩ませる。データは膨張しクラウドを含めあらゆる場所に散在する。これらを正しく保護・管理し、価値を引き出すための画期的な方法が生み出された。(2019/10/18)

AIで作るスマート政府機関【後編】
世界25カ国がAI国家戦略を策定、日本を含む各国の活用例は?
AIテクノロジーの使用によって政府機関をスマートにしようと試みているのは、米国に限ったことではない。グローバルレベルで普及しているAIテクノロジーを、日本や中国など各国はどう活用しているのか。(2019/10/17)

AIで作るスマート政府機関【前編】
RPAやチャットbotは「お役所仕事」をどこまで改善できるか
AIテクノロジーの活用を進めているのは一般企業だけではない。政府機関も利用を進めており、既に具体的なメリットを得ている。米国での事例を紹介する。(2019/10/8)

必修Linuxコマンド83選【後編】
知っておきたい「Linux」基礎コマンド一覧:S〜Z編
「Linux」の基本的なコマンドを身に付けると、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)よりも操作効率が格段に向上する可能性がある。Linuxの基本的なコマンドをアルファベット順に紹介する。(2019/10/5)

RPAの進化について解説
「RPA」と「API」、仕事を本当に効率化するのはどっち?
「RPA」と「API」は別物だが、業務自動化の実現に役立つ手段という点で共通する。互いに密接に関連し合いながら進化するRPAとAPI。それぞれの動向を追う。(2019/10/3)

「ThinkBook 13s」が“高コスパ”な理由
低価格、高性能、高信頼性――PC選びの要求を一度にかなえる「ThinkBook 13s」
業務用PCに求める要件はさまざまだ。低価格や高い処理能力、セキュリティ機能、信頼性といった要件はその筆頭と言える。そうした要件を同時に満たすノートPCとはどのようなものだろうか。(2019/12/24)

何が「使い勝手」を左右するか?
優れたノートPCを求めているのはモバイルワーカーだけじゃない
外回り中心の営業はもちろん、在宅ワーカーや一般のデスクワーカーにもノートPCのニーズが高まっている。何らかの災害で通勤が困難になっても、難なく業務を継続できるような「使い勝手の良い」ノートPCにはどんな要素が必要だろうか。(2019/12/24)

待合室に「ミライスピーカー」を採用
患者呼び出しを1回で とびた眼科は「音のバリアフリー」をどう実現したのか
医療機関での呼び出しは患者にとって聞き取りづらいことがある。患者が気付くまで繰り返し名前を呼び続ける負担は、医療従事者にとって日常的な悩みの種だ。この課題を解決した、とびた眼科の事例を紹介する。(2019/9/26)

誇大広告も少なくないAIブームの功罪
“なんちゃってAI”にだまされない 「真のAIOpsツール」を見極める5つの特徴
運用管理市場では、AI技術を活用した「AIOps」が盛り上がりを見せている。ただし中には、採用している技術が本当にAI技術かどうか疑わしい製品もある。真のAIOps製品かどうかを見極める、5つの特徴を紹介する。(2019/9/18)

「UiPath」「WinActor」を選んだ理由は
RPAで残業を1人6時間減らしたテンプスタッフが語る「RPAの落とし穴」
パーソルテンプスタッフは、事務に関連する単純な業務をRPAソフトウェアで処理している。同社がRPAソフトウェアの導入で直面した課題と、「UiPath」と「WinActor」を選んだ理由を説明する。(2019/9/24)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ
海外では半数が失敗? RPA導入プロジェクトで避けるべきポイント
労働力人口の減少、働き方改革などを背景に、RPAや自動化に取り組む企業が増えている。一方で、その成功率の低さも企業調査で明らかになってきた。失敗の原因、そして成功に必要なポイントは何なのか。RPAの新たな成功方程式を解説する。(2019/9/6)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Excel職人」が生まれる理由――課題を解決するほど仕事が増えるジレンマ
企業活動において、「Microsoft Excel」を使う仕事は「必要な業務」であっても「重要な仕事」とまでは言えない場合があります。このことが、Excel業務に従事する人のモチベーションに大きく影響しています。(2019/8/26)

働き方改革の第一歩
効果が見込める「ペーパーレス化」とは? 文書のライフサイクルを構築するコツ
紙文書のやりとりが業務効率を損ねている場面は少なくない。しかし「明日からペーパーレス化だ」と急に言われたら大混乱は免れない。生産性向上に導くペーパーレス化を成功させるには、どんな運用が効果的だろうか。(2019/8/27)

AIチャットbotは職場をどう変える?
佐賀銀行がチャットbotを導入 社内問い合わせ業務の効率化へ
社内問い合わせを減らすことは難しいが、定型的に処理できる問い合わせも少なくない。佐賀銀行はAIチャットbotを導入して、従来は電話で対応していた問い合わせのうち、およそ半分の自動化を目指す。(2019/8/1)

地理と時間の制約を越えて成長する組織とは
どこにいてもどこからでも成長できる――東京海上日動 山陰支店長の人材育成術
管轄2県の従業員と代理店全員が高いレベルで商品知識と販売ノウハウを獲得するには? 移動に疲弊せずに業務をこなすには? 支店長が着手したのは働き方改革と情報共有の効率化、人材育成の3つを一度に変える施策だ。詳細を取材した。(2019/7/26)

企業がAIを活用するための8つのヒント【後編】
AI活用は何から始めればよいのか? AI人材の適切な配置方法は?
企業がAI(人工知能)技術をビジネスに取り入れる際のポイントを前後編にわたり説明する。後編ではAI活用を企業が推し進めるために必要な考え方や組織体制について、具体例を交えながら紹介する。(2019/7/11)

Coca-ColaやP&Gも実践 消費財メーカーの「AI」活用【後編】
巡回ロボットで店舗在庫を最適化 「AI」で物流はどう変わるのか
消費財メーカーでは、商品の需要に合わせた在庫の最適化が常に課題となっている。AI技術やロボットを使った物流の最適化について、事例を基に説明する。(2019/7/2)

年40万円弱で実現
国内出荷ナンバーワンの運用監視ソリューションでハイブリッド環境を攻略
オンプレミスとクラウドが混在する環境は企業規模に関係なく広がっている。予算が潤沢なら統合的な監視を実現する選択肢は少なくないが、コストなどのリソースが限られている場合はどうしたらいいのだろうか。(2019/6/27)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
業務システム選定、ユーザー部門が「イケてるUI」に惑わされてしまうのはなぜ?
「古めかしいUIよりもモダンでイケてるUIの方が良いシステムのように見える」という意見は、業務システムの選定という場面では慎重な判断が必要かもしれません。(2019/6/27)

医療に役立つ「AI」6つの用途【後編】
「Hey Siri」「OK Google」で健康相談 「AI」で自動化進む患者対応
AI技術が医療にもたらす効果は、医療従事者の業務効率向上だけではない。生活指導や診療の予約など、患者の利便性向上に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/18)

医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】
医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選
医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/13)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
働き方改革の3要素で見極める、快適なモバイルワークに適したPCの条件
働き方改革の一環として採用が進むモバイルワーク。この施策を定着させるには、オフィスにいるのと同じように、スムーズに仕事を行える環境づくりが欠かせない。快適なモバイルワーク環境の構築を、デバイス整備の観点から見ていく。(2019/6/19)

“脱Excel”か“活Excel”か
古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい
「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。(2019/6/12)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)