Windows 10をやめた後の「Windows 11」管理を楽にする“あの手段”とは?Windows 11移行完全ガイド【第3回】

「Windows 10」から「Windows 11」へのスムーズな移行を実現するには、どうすればよいのか。Microsoftなどの各ベンダーは、移行後の運用も見据えたさまざまな手段を提供している。主要な手段を紹介しよう。

2022年09月11日 11時30分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 Microsoftは2025年10月に、クライアントOS「Windows 10」のサポートを終える。サポート終了までに「Windows 11」への移行をスムーズに進める上で役立つのが、Microsoftやサードパーティーベンダーが提供する移行支援手段だ。特にWindows 11への移行後の運用も含めた効率化の手段としては

  • クライアント端末管理ツール

が挙げられる。

Windows 11移行後の運用も支援する「クライアント端末管理ツール」

 主要なクライアント端末管理ツールは、デスクトップPCやサーバ、IoT(モノのインターネット)端末、モバイル端末を含む、社内のあらゆる端末を管理できる。OSのパッチ適用やアプリケーションの管理、トラブルシューティングのための端末の遠隔操作なども可能だ。マスターとなる端末からイメージファイル(ディスク内の全データのコピー)を取得して、他の端末に適用する「イメージ展開」を効率化する機能も備える。

 Microsoftはクライアント端末管理ツール群「Microsoft Endpoint Manager」を提供している。Microsoft Endpoint Managerは中核ツールとして、統合エンドポイント管理(UEM)ツールの「Microsoft Intune」や構成管理ツール「Microsoft Endpoint Configuration Manager」を含む。

 サードパーティーベンダー製品の中にも、クライアント端末管理機能を備えるものがある。主要な製品を紹介しよう。

ManageEngine Endpoint Central

 ZohoのUEMツール「ManageEngine Endpoint Central」(旧ManageEngine Desktop Central)は、デスクトップPCやノートPC、モバイル端末を対象としたクライアント端末管理機能を備える。Endpoint Centralはイメージ展開に加えて、パッチ管理や端末の遠隔操作、ファイル転送などの機能を提供する。

VMware Workspace ONE

 VMwareのデジタルワークスペース製品群「VMware Workspace ONE」は、イメージ展開をはじめ、クライアント端末管理に関する豊富な機能を備える。Workspace Oneは、BYOD(私物端末の業務利用)の対象端末を含めて、複数のタイプの端末とOSを1つのコンソールから管理する機能を備える。


 クライアント端末管理の分野では他に、Citrix Systemsのデジタルワークスペース製品群「Citrix Workspace」とIBMのUEMツール「IBM Security MaaS360 with Watson」の2つが傑出している。これらのツールは基本的に、IT担当者が試用できるように無償の評価版を提供している。

 第4回は、Windows 11への移行作業に役立つ、主要なデータ移行ツールを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...

news025.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年6月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。