2022年05月01日 10時30分 公開
特集/連載

「Windows 11を昔のPCで使ってみた」を難しくする“ハード要件”の中身「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第1回】

全てのPCで「Windows 11」へのアップグレードが可能なわけではない。Microsoftが公開しているシステム要件を確認すると、特にハードウェアに関する要件が、古いPCでのアップグレードの障壁になる可能性がある。

[Ed Tittel,TechTarget]

 「Windows 11」へのアップグレードにはさまざまなメリットがある。ただしPCがシステム要件を満たしていなければ、Windows 11へのアップグレードはできない。IT管理者はアップグレードの前に、利用中のPCがWindows 11にアップグレード可能かどうかを確認する必要がある。Windows 11のシステム要件は、何を求めているのだろうか。

Windows 11の“厳し過ぎるハード要件”の中身

 Microsoftは2021年10月5日にWindows 11の正式提供を開始した。「Windows 10」からの主な変更点として、「スタート」ボタンの位置変更、「Android」アプリケーションを実行できる機能の追加などがある。

 Windows 11のハードウェア要件は、古いPCでのアップグレードを難しくしている。Microsoftは、ハードウェア要件に合致しないPCで、Windows 11にアップグレードすることを推奨していない。古いPCで何とかWindows 11へのアップグレードを実現したとしても、Microsoftは今後、そうしたPCにセキュリティ修正プログラムなどのアップデートを提供しなくなる可能性がある。

 Microsoftは、Windows 11の仕様とシステム要件に関する詳細な情報を公表している。そのうちの幾つかのハードウェア要件により、古いPCではWindows 11へのアップグレードで問題が生じる場合がある。Windows 11へのアップグレードには、PCが次のハードウェア要件を満たしている必要がある。

  • システムファームウェア
    • 「UEFI」(Unified Extensible Firmware Interface)に準拠しており、起動時にOSのデジタル署名を確認する「セキュアブート」が利用できる必要がある。
  • セキュリティモジュール
    • 「TPM」(Trusted Platform Module)バージョン2.0(TPM 2.0)以降を搭載している必要がある。マザーボードにハンダ付けされた「ディスクリートTPM」である必要はない。Intel、AMD(Advanced Micro Devices)、Qualcomm Technologies(以下、Qualcomm)の最近の主要なCPUは、ファームウェアでTPMの機能を実行する「ファームウェアTPM」を利用できる。
  • プロセッサ
    • 動作周波数1GHz以上で2コア以上の64bitプロセッサを搭載している必要がある。Intel製は「Intel Core」シリーズでは第8世代以降のモデルが対象だ。例外として、Microsoftの2-in-1デバイス(ノートPCとしてもタブレットとしても利用可能なデバイス)「Surface」シリーズが搭載するIntel Core第7世代の一部モデルを含む。AMD製は「AMD Ryzen 3」シリーズや「AMD Ryzen 5」シリーズでは、主要なモデルを網羅している。Qualcomm製は「Snapdragon 7c」や「Snapdragon 8」シリーズに加えて、「Microsoft SQ1」「Microsoft SQ2」が該当する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...