Windowsで安易に触れちゃいけない「レジストリ」の内部構造とは何か?レジストリ構造と最適化のこつ【第1回】

Windowsのレジストリには、Windowsのシステムに関するさまざまな設定情報が記録されている。安易に変更することはお勧めできないが、何らかの改善をする上でその構造や内容を知っておくことが重要だ。

2024年03月03日 08時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | Windows 11 | ビジネスPC


 MicrosoftのクライアントOS「Windows」のレジストリは、Windowsのシステムやアプリケーションに関する設定情報を含むデータベースだ。レジストリを不適切に変更をするとWindowsが正常に動作しなくなる場合がある。

 レジストリに変更を加える際は、レジストリを整理整頓するためのツールである「レジストリクリーナー」やレジストリ編集ソフトウェアを使い、できるだけ手動の作業を避けて人的ミスを引き起こさないようにするのが望ましい。

 レジストリクリーナーのようなツールを使用してレジストリに変更を加える場合でも、まずはレジストリの役割や内部構造を知っておくことが欠かせない。

安易に触れたら駄目? レジストリの内部構造とは

 階層的なデータベース構造となっているレジストリの最上位には、レジストリのセクションである「ハイブ」が5つある。レジストリは「キー」「サブキー」「値」という要素によって構成される。

 Windowsの「レジストリエディター」というツールを使ってレジストリを操作することができる。タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力することでレジストリエディターを開くことができる。そこで5つのハイブを確認できるはずだ(図1)。

画像 図1 Windowsのレジストリエディターで確認できる5つのハイブ《クリックで拡大》

HKEY_CLASSES_ROOT(HKCR)

 ファイルの種類と、開く、印刷する、編集するといったファイル操作のプログラムを関連付ける設定。このハイブには通常、さまざまなキー、サブキー、値が含まれる。

HKEY_CURRENT_USER(HKCU)

 サインイン中のユーザーに関連する情報。ユーザーごとに以下の設定を含む。

  • セキュリティ識別子(ユーザーアカウントやユーザーグループに与えられる識別番号)
  • 環境変数(OSの動作に関するさまざまな設定値)
  • デスクトップ設定
  • インストールされたアプリケーション
  • ネットワーク接続
  • プリンタの設定
  • アプリケーションの設定

HKEY_LOCAL_MACHINE(HKLM)

 Windowsが動作するハードウェアに関連する情報。以下の設定を含む。

  • デバイスドライバの設定
  • Windowsの設定
  • デバイス列挙中に検出された仮想ハードウェアと物理ハードウェア
  • セキュリティを管理する「Security Account Manager」(SAM)の設定
  • セキュリティ設定
  • コンピュータごとのアプリケーション設定
  • システムの起動と動作に関する制御

HKEY_USERS(HKU)

 実行中のWindowsのユーザーアカウントに関連する情報。以下の設定を含む。

  • デフォルトユーザー(ユーザーアカウント作成前の既定のプロファイル)
  • ビルトインアカウント(どのシステムにも存在するアカウント)
  • サインイン中のユーザーアカウント

HKEY_CURRENT_CONFIG(HKCC)

 現在アクティブなハードウェアに関する設定情報。


 第2回は、Windowsのレジストリを編集することで何ができるのかを解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。