「PowerShell」の学習方法とは? 初級から上級向けのオンラインコースPowerShellを学ぶオンラインコース10選【第1回】

Microsoftの「PowerShell」を使うことで、システム管理のさまざまな業務を自動化できる。PowerShellをオンラインで学習するためのさまざまなコースがある。自分に最適なコースを選択しよう。

2024年03月02日 08時00分 公開

関連キーワード

Windows | Microsoft(マイクロソフト) | OS


 MicrosoftのクライアントOS「Windows」が標準搭載するコマンド実行ツール「PowerShell」は、システム管理者にとって重要なツールだ。PowerShellを使いこなせるようになるには、どう学習すればいいのか。効率よくPowerShellの知識を身に付けて応用スキルを高める方法の一つが、オンラインコースの受講だ。そもそもどのようなコースがあるのか。主要なものを紹介しよう。

1.初級から学べる「The Complete Windows PowerShell 5.1/7 : Beginner To Advanced」

  • 提供会社
    • Udemy
  • 対象バージョン
    • PowerShell 5.1、PowerShell 7
  • レベル
    • 初級〜上級
  • コース概要
    • 12のセクションで構成。PowerShellの概要や、利用可能な各種コマンドとその実行方法を習得できる。PowerShellでコードを記述して自動化といったスクリプト作業を学ぶためのチュートリアルも用意。
  • 所要時間
    • 9時間38分
  • 受講料
    • 2万7800円

2.「PowerShell 7: Beginner to Advanced」

  • 提供会社
    • Udemy
  • 対象バージョン
    • PowerShell 7
  • レベル
    • 初級〜上級
  • コース概要
    • 16のセクションで構成され、PowerShellをしっかり学習したいシステム管理者向けコース。PowerShellの全分野を掘り下げて学習する。例えばPowerShellでスクリプトを記述してコマンドを実行する方法や、フォルダやファイルをPowerShellで操作する方法を学べる。コースは約150種のレクチャーを用意し、受講者は重点的に学びたい分野を選択できる。
  • 所要時間
    • 12時間33分
  • 受講料
    • 1万9800円

3.「Introduction to Windows PowerShell 5.1」

  • 提供会社
    • Udemy
  • 対象バージョン
    • PowerShell 5.1
  • レベル
    • 初級
  • コース概要
    • PowerShell 5.1を基礎から学べるコース。PowerShellとWindowsのコマンドプロンプトの違い、PowerShellのバージョンを特定する方法、エイリアス(コマンド要素の代替名)の使用方法などを習得できる。このコースはPowerShellがカバーしていないコマンドを実行する際に必要な手順とPowerShellのトランスクリプトを作成する手順も解説。受講するには、Windowsのデスクトップ版とサーバ版の両方基礎知識が必要だ。
  • 所要時間
    • 7時間32分
  • 受講料
    • 2万7800円

 第2回は、PowerShellオンラインコースの第2弾をお届けする。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。